英語できない母

『英語耳』ボーイズと私

ボーイズの英語耳はDWEと共に育ちました(*´∀`*)
そしてなんと、ついでに私の耳も!!!4年前に比べたらゆっくりと、でも確実に育っていると自分で感じるところがいくつかあります。(もちろんそのレベルは、子供たちに比べたら雲泥の差ではあるのですが。苦笑)

まず。。。
毎週のTEで先生の名前がほぼ聞き取れるようになったこと(=´∀`)人(´∀`=)
え??そんなレベル?!と思われる次元かも知れませんが、私にとっては結構すごいことなのです(*´˘`*)

DWEをスタートしてから、毎週のTEをとても楽しみにしている我が家。よほどのことがない限りお休みせず継続し続けています。そんなTEこと、テレホンイングリッシュの、忘れもしない初めてかけたあの日。。。
私は全然、英語は話せないのに『ネイティブの先生と電話で話せる』ことがなぜかすごく嬉しくて、そのまま勢いでドキドキしながら掛けたのでした(笑)
いざ繋がると、当然ながら全く話せないし先生がなんて言っているのかさえ全然聞き取れなかった((((;゚Д゚)))))))
先生の名前なんてもっての外で軽くパニック状態(苦笑)だったのですが、掛けてしまったのでもうやるしかない状況でもある。。結果、冷や汗をダラダラかきながら「Yes!!」「No!!」「センキュー(発音が完全な日本語英語)」の3語だけでなんとか乗り切り、変な達成感と共にどっと疲労感もやって来たという思い出が(爆)
当時2歳の長男も、生後2ヶ月だった次男も、最初から2人セットで参加(リッスンオンリー)しました☆
長男は最初からとっても楽しかったようで電話を切ってすぐに「ママ、もういっかいもしもしする?」って言っていたのが印象的で。私はそれがとても嬉しかったのをすごく覚えています(´艸`*) ←私の出来は散々でしたが。。
こうして我が家のTEデビューは思いのほか大満足なほどの好スタートをきったのでした✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。

気分を良くした私は、その後も毎週欠かさず電話していたのですが。私にはいつまでたっても先生の名前が聞き取れませんでした(´・_・`)←毎回電話を切ってすぐに、子供たちへ今日はどの先生と話したのかを教えてあげたかったのに全く出来なかったのがもどかしく、最終的には「先生の名前のスペルを教えてください」と英語で聞いて(もちろん事前にカンペを用意!笑)必死にアルファベットを紙に書き留めていました(笑)←これでも分からなかった事もありました(TT)

そんな私が!!やっと先生の名前が聞き取れるようになって来たのです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
私が4年以上かかってようやくできるようになってきたコレ。実はボーイズは早々に出来るようになっていました(^◇^;)いつの日か、もう先生にスペルを聞かなくてもボーイズに「今日の先生誰やった?」と聞くだけで普通に分かるように(°_°)ポカーン
この時点で完全に負けたと感じた私デス…(。-_-。)

それでも!!
今までは全然聞き取れなかったのに、最近になってようやく聞けるようになって来たことは私にとっては、とても大きな進歩なのですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

次に!!
DWEソングやストーリーがはっきりと聞こえるようになって来たこと(((o(*゚▽゚*)o)))
またまた『まだそこか?!』と言うレベルなのですが(^^;;
DWEを始めた当初の私にはDWEソングやストーリーでさえも、ちゃんと聞こえませんでした(T_T) なのでDWEソングはSAブックで歌詞を見ながら真似はするけれどやはり、ずっと適当にしか歌えなかったのです(恥)
だったのが!!私にもついに聞こえるようになって来たのです\(^o^)/
早口な部分は未だに歌えないのですが、最近では私でも一応ちゃんと歌えるようになりつつあります☆

気になる生粋のDWEキッズである兄弟2人はどうなのか?!と言うと。。。実はこれも、2人とも早いうちからちゃんと聞こえていたようですΣ(゚д゚lll)←間違いなく本当にちゃんと聞こえているのです。
なぜ私から見て、それがわかるのかと言うと。ボーイズが歌が歌える年齢になった時(言葉をハッキリと発音できるようになる4歳以降くらいが目安)に、練習しなくても自然とCDと同じ速さでちゃんと歌えるようになっていたからです。そしてこれは、月齢や年齢が上がるに連れてますますCD通りになっていくし、どの歌でもものすごくナチュラルに歌い上げるようになってきています(現在進行形!)!!恐らくこれは、子供たちの身体的成長が関係しているんじゃないかなと思います。口の周りの筋肉がより発達し、自然に出来るようになるものなのかなと(^^)

大人の私には未だにできないことをボーイズはたった数年で自然に出来るようになっていると言う事実。。。
恐るべしDWEマジック∑(゚Д゚)
これらはすべて、年齢が小さくてもちゃんと英語が正しく聞こえているからできること。つまりDWEで英語耳がバッチリ育っているから、歌が歌える年齢になった時にその通りに歌えるのですよね。(耳に聞こえない音は口から上手く出せない。)
やはり子供ってみんな天才だ!!と思わされる私です(*≧∀≦*)

 

英語耳が育ってくると同時に、楽しい事もどんどんどんどん増えていくと思います!!
たとえば。。。

DWE
↓↓↓
・DWEソングが楽しく歌えるようになる
・TACのリピートも出来るようになる
・メインプログラムのお話がわかるようになる
・いろいろ分かるようになってくると必然的にSBSも出来るようになるためより楽しくなってくる
・TEやPlaytime、週末イベントで先生の言っていることが聞こえだんだんと自分の言葉で答えられるようになっていく

DWE以外
↓↓↓
・全く聞こえなかったアニメや映画のナチュラルスピードの英語が少しずつ聞こえるようになる・・・etc

出来ることが増えるととても嬉しいし自然と本人の興味の幅も広がっていきますよね(*^_^*)

 

また、DWEでは赤ちゃんの頃からのスタートを推進されています。
小さい頃から始めることでこの英語耳をわが子に苦労なくプレゼントしてあげられる、と言うのも一つの理由かなと。
大人の私ですら、今、少しずつ英語が聞こえるようになってきたことに大きな喜びを感じています!!
子供たちの耳に小さい頃から英語の音を入れてあげるだけで、本人が物心ついたころにはすでに英語も普通に聞こえるだなんて。。。
もうそれだけですごく羨ましいと思う私です(≧∀≦)
4年数か月と言う年月をかけて、毎日継続することにより大人の私にまで目に見える効果が表れて来ています。
では、スポンジのように柔らかい脳を持った子供たちには一体どれくらいの効果が期待できるのだろう。。。と想像するだけでワクワクしちゃいます♡
まだまだ駆け出しのユーザーである我が家。これからのボーイズの成長にもますます目が離せません(*≧∪≦)

 

英語耳とは、親が英語が出来なくても良質な音源を日常的に活用するだけで子供たちに(しかも本人の自覚なしに)プレゼントしてあげられるものでした!!

 

DWEを始めたらまず、インプットの意味も兼ねた上でたくさんたくさん英語を聞く環境を自宅で整えて。焦らずに、じっくりと時間をかけて親子で一緒に英語耳を育ててほしいなと思います+゚。*(*´∀`*)*。゚+
その先にはきっと楽しいことや嬉しいことがいっぱい待っています(*^_^*)

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE♬

英語できない母はボーイズの良い見本!?

前々からお話ししているのですが私は英語は話せません
レベルで言うならば、中学英語くらいならたぶん理解できる(聞き取れる)かな?くらい。。。
しかし一部で聞き取りができたからと言って、その答えは口からスラスラでる・・・などは、まっっったくありません( ;∀;)←つまり、言われたことがわかっても答えられないとても残念なやつです(苦笑)

そんな私ではありますが・・・|д゚)チラッ
子供たちだけでなく自分も英語でWFCの先生たちともっともっとお話ししたいとユーザーになってからずっと強く思っているのです!!それが、毎週のTEだろうと、月一のPlaytimeだろうと、たまの週末イベントだろうとも!←切実な願望です。笑

話したくても私はぜんぜん話せない・・・それでも!!いつも自分なりに精一杯英語で話す努力をしているつもりでいます。常に伝えたい気持ちのみを前面に押し出して。恥ずかしげもなく知っている単語と単語をなんとか繋ぎ合わせながら必死に身振り手振りで伝わるように頑張るのが私(爆)←TEなんて、相手には全く見えないに毎回必死なので無意識にやっています…( ̄▽ ̄;)恥
言い間違えても気にしない(笑)とにかく下手でもなんでも、英語で楽しく話す私の姿勢を子供たちに率先して見せるためにも、あわあわしながら必死に先生たちとコミュニケーションをとり続けてきています!!

私の英語は会話と言うよりネイティブの先生からすると、きっと暗号とか一種のクイズのような、しかもかなり難解なレベルのものであると思うのですが(苦笑)
先生たちには何故か必ず私の伝えたいことがなんとか伝わるのです(=´∀`)人(´∀`=)
↑↑↑
これにもの凄く達成感を感じる単純な私!

私の暗号レベルのおかしな英語ですら時間がかかっても理解しようと一生懸命に最後まで聞いてくださる先生たちが本当に凄いといつも思います!!なんでわかっていただけるんだろう?!と驚きと感動を覚えつつ。「毎回ヘンな英語ですみません」と思う反面、「私を理解しようと頑張ってくださりありがとうございます。゚(゚´Д`゚)゚。」と、先生たちの優しさやホスピタリティーに脱帽です(>_<)

 

話は戻りまして。
この、ちゃんと話せないけれど楽しげに必死に英語で先生たちに話しかける母の背中(笑)を小さい頃からずーっと見続けているのがボーイズたち。もともとの2人の性格も多少はあるのかも知れませんが(はたまた私の背中から何か感じてくれているのか?!笑)彼らは日本語でも英語でも、伝えたい自分の気持ちがいつでも第一で言い間違えたらどうしようとか嫌だなと思うような気持ちはあまりないような感じがします。

例えば、TEのブックレッスンなどでもうちは練習しない派なのでいつでもぶっつけ本番。けれど、ボーイズは英語のレッスンを受けていると言う意識は最初から全くないので、先生に聞かれた事に対しては自分の使える言葉をなんとか駆使して自分の言葉でどんどん答えるようになって行きました。Telephone English bookには模範解答が書いてありますが、それを2人に見せた事はないので、全てを模範解答通りに答えることはありませんでした。しかし、模範解答通りではない=間違いでは決してない(電話の向こうで先生が否定することもない)ため、そのまま進めて今に至ります(^-^) ←練習しない代わりに、各カラーで重要な構文や言い回しなどの言葉の使い方は普段から教材をフル活用して遊びつつ、しっかりと定着するように補ってきています。なのでTEでも自然とレッスンのポイントを押さえた上で受け答えしていたため、ボーイズ二人とも先生に見当違いな返答をすることもありませんでした!

 

母である私の話す下手すぎる英語でも、ボーイズ2人ともがちゃんと一応英語だと思って受け止めてくれていて。TEやPlaytime、週末イベントなどで繰り広げられる私とネイティブの先生とのやりとりを目の前で見聞きしている2人はきっと、母のような変な話し方になってしまっても話すことを全力で楽しみ結果的に自分の気持ちが相手に伝わればとにかくOKなんだと無意識のうちに学んでいることだろうと思います( ̄▽ ̄;)アハッ
私も本当は流暢に話したいのだけれど(←しつこい。笑)現実ではまだまだだと自覚しています(´・_・`)ガンバ

 

子供たちは本当に親をよく見ているんだなと、私は子育てを経験するようになり身を以て感じるようになりました。
私の英語できないレベルは、今現在で、英語がすでに私よりも断然わかっている子供たちにはかなりビックリ(レベルが低いの意味)なほどだと思うのですが(°_°) 大好きなマーク先生がいつもおっしゃる「みんな違ってみんな良い」をボーイズなりに継承しているからか、私の話す英語を否定したり訂正したり…などは今まで1度もありません。発音の仕方は優しく教えてくれますが♡笑

子供たちに求める前に、まずは自分自身がやって見せる!!のが私の育児スタイルの一つ。
慣れるまでは緊張からしどろもどろになって変な汗もいっぱいかいて、すごく大変だったのですが(^_^;) 自分ができないことを子供たちにやってくれとはなかなか言い辛かったので、前向きに自分の使える言葉を駆使してなんとか楽しく話す様子を見せるようにしようと今でも意識して継続しています。
このことから兄弟は「マミーは英語は上手くないけどいつもなんだか楽しそうにお話ししている」と感じてくれているんじゃないかと勝手に思っています(*´ー`*)←希望(笑)
上手く話せなくても、開き直って堂々と話しているつもりの母の背中は子供たちにはどんな風に映っているのかな。。。もちろん、WFCの先生たちもどんなに変な話し方だったとしても決してそれを笑ったりされたことも1度もありません(o^^o)

少なくとも、そんな私の様子を見て育ってきたボーイズたちは、なんとなくでも前向きに捉えてくれているハズ(笑)子供は親の背中を見て育つ!!私は、これからも下手だとしても先生たちに英語で伝えたい気持ちを大いに持って。子供たちの前で、できれば良い見本となれるように自分から率先して目一杯楽しんで行こうと思います(≧∀≦)

 

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE♬