2019年3月

新しいブックレッスンは何をどうすれば練習しなくてもできるのか

新しいブックレッスンの内容を見た時に、「これ、DWE(教材の中身)をよぉーーく知っていれば子供が練習しなくてもぶっつけ本番のTEで臨むのは簡単だな」と思いました^ ^

何も難しい事はありません!!

なぜなら、新しいブックレッスンの答え方はどれもDVD、CD、カード類(TAC、Q&A)、マジックペンの音声などに登場している表現ばかりだからです。

簡単に言うと、時間をかけて積み重ねた十分なインプット+日頃からアウトプットの習慣が身に付いていれば、練習なんてしなくてもいつでも全てにラクラクと答えられるという事です。ブックレッスンを楽勝でクリアし続けるには、普段から当たり前のように手持ちの教材をフル活用する他ないと思います(*^-^*)

 

《インプットの目安・・・我が家の場合》

*お話のDVD(SP)のインプット・・・お話のCD音声(SAS)を耳にすればその場面の映像がパッと頭に浮かぶくらいになるまで。

*CDのインプット・・・お話を忘れなくなるまで+DWEソングが全曲アカペラで歌えるようになるまで。

*TACのインプット・・・Blue~Yellowとプレグラのカード全てにおいて、うら面に書いてあるセンテンスを耳で聞いてそっくりそのままリピートできる+おもて面の質問にフルセンテンスで全て答えられるようになるまで。

*マジックペン(FWW)のインプット・・・各ページにある「虫めがねマーク」をタッチしてからスタート。絵を1つずつタッチし音声(フルセンテンス)を耳で聞き、そっくりそのままリピート。これが全て出来るようになるまで。

*Q&Aカード・・・センテンスが長い(一回通すとセンテンスが複数ある)のでなかなか難しいけれど、うら面をPlaymateに通して流れた音声をそっくりそのままリピートするのも良い。

 

うちの兄弟は2人とも、インプットが貯まってくるとDVDやCDをかけ流している時に聞こえてくる質問に自然と音声よりも先に答えたりするようになって行きました。

 

《インプットが貯まってきているか確認する》

*Q&Aカード・・・おもて面の質問に対し、自分でフルセンテンスで答えてから正解だと思う絵の箇所をPlaymateに通して確認。

*マジックペン(FWW、F&G、F&A)・・・FWWは「?」マークをタッチしてゲームをやって確認。

F&G、F&Aは普通に遊んでみて「質問されたら正解をタッチできているか否か」を確認。

*SBS・・・各ステップをやってみてスラスラできるか確認。

 

日々の取り組みの中で単語で答えてしまっている時には、その都度フルセンテンスで答える(音声の真似をするだけ)よう促していました。まだ幼稚園くらいだと、気分によって単語で答えたりする場合も多々あるかと思います。そう言う時は、横からすかさず「聞こえた通りにそのまま真似して言ってみて ^^」と必ず促す!(答えのセンテンスの冒頭を言ってあげるなども◎でした)

これを繰り返す事で子供に、質問されたら必ずフルセンテンスで答えるクセを簡単につけてあげることができます。答え方を教える必要はありません。なぜなら、DVD、CD、TAC、マジックペンなどの音声が必ず教えてくれるのですから。親はただ、聞こえた通りに真似をするよう声をかけるだけで良いのです。

 

新しいブックレッスン、私が先生役で兄弟それぞれに抜き打ちでいくつかやってみました。兄弟はもう何年もレッスン(SBS、TEブックレッスンetc)はしていないので完全にぶっつけ本番です。質問すると、どちらもほぼ模範解答通りに答えます。当然、暗記なんてしていません。なぜ、答えられるのか。兄弟に聞いたところ、「聞かれたことに普通に答えているだけだよ」とのことでした。つまり、DWEに出てくる様々な英語(言語)のルールが教材で遊んできた経験からすっかり身体に染み付いているだけだったらしい。。。本当に、ただそれだけなんだと思います。

これぞ教材が連動しているから成せる技!!

 

ただ、うちの兄弟はDWEしかやっていないので出来て当然なのかも知れません(笑)

 

 

 

Let’s enjoy DWE♬

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´∀`*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』