CAP

兄弟2人共に同じだけ情熱を注ぐこと

DWEライフはもちろん、振り返ってみると赤ちゃんの頃からの生活リズム作りから始まり、離乳食、おむつ外し、少し大きくなってからのしつけや学習習慣付け、そこから先に続くさらなるサポートも含め全て。性格も得手不得手も全く違う兄弟2人分それぞれに同じくらいの情熱をかけて取り組まなければ2人が同じようにできるようにはならないと言う現実。。。(まぁ、それが子育てですよね。笑)

これ、すごく大変なことではないですか?

正直、私にとってはめちゃくちゃ大変なんですよね。だって、単純に全ての手間が2なんですから!!!←我が子が2人いるんだから当たり前(笑)

私的に何事も長男ははじめてな事だらけなので、気合と情熱を注ぐのは割と容易にできるのですが問題は2つ下の次男。数年後に、今、長男がやっていることと同じことに取り組むことになるだろう次男にも、長男の時と同じくらいのモチベーションを持って、さらに次男に合わせてあれこれ工夫しながらいかに情熱を注ぎ続けられるか、、、私が!!!( ̄;)

次男にももちろんやる!やるんですよ?でも、私のモチベを上げるのがいつもなかなか大変でして(笑)それを強烈に感じたのがDWECapシステムで、時期的には長男がサクサク課題をパスしてストレートでyellowまで修得した時でした。

DWEスタート時にまだ赤ちゃんだった次男は耳を育てると言う名の放置プレーで華麗に放置(次男用にと、特に取り組みをしていなかった)されていました(笑)

そんな次男を横目に常に長男ができるようになるようあれこれ試行錯誤や工夫をしてトライ&エラーを繰り返しながら取り組み、最終的にyellowまで辿り着いたんです!!!この時の私、やり切った感めちゃめちゃハンパなかった(笑)だって、DWEの使い方が全然分かっていなかったから、長男の成長を日々観察しながら私なりにいろいろ頑張ったんです!!!長男が「やらされてる」と感じないよう盛り上げ(笑)同じことを繰り返す(歌やTACをできるようになるまで練習させる)とDWE事態を嫌になる可能性が高かった(練習させて泣かせた経験あり。苦笑。ダメ母ですよ、私。泣)ため、早々に練習することをきっぱり辞めて、練習しなくてもできるようになるまで待つスタイルを確立練習はしなくても、普段からいろんなDWEソングを口ずさんだりTACリピートなどをする事で英語を話すために必要な訓練は遊びながら継続!)し、とにかく何よりも子供たち自身が毎日楽しく遊ぶことを1番大切にして、、、と、私。ものすごーーーく情熱を注ぎまくりました(笑)

確か長男がyellow修得した時、次男はPAの単語の課題に楽しく取り組んでいた頃。長男は躓く事なくyellowまでいったけど、今からまた1から(Blueの初めから)次男とDWECap全部に取り組む。。。ものすごい達成感しかない今の自分にできるのか、、、(; )って普通に思いましたよね。。完全に燃え尽きた説(笑)

だって。DWEのやり方(取り組み方)はすでにあれこれ分かっていても、長男と次男では修得方法が違うのもすでに分かっている。上で、自分の重くなった腰をもう一度上げるのが、、、(笑)

くぅぅぅぅー(爆)

それでも!せっかくDWEユーザーをやっているんだから、最低でも長男がDWEで身に付けたことと同じレベルまでは次男にも身につけてほしいし、教材が手元にあるんだからそれは間違いなく可能である!とも思っていたし、前向きに考えたら長男の時と違ってすでにDWEの使い方が分かっている分、次男はもう少し楽に進められるかもしれない!!と無理やり思い直し、「よし!!また1からやるぞ!」と、重くなった腰をやっとの思いで上げたのを覚えています(笑)

 

DWEのみならず、子育てをしているとずっとこれらの繰り返しですよね。子供本人の得手不得手はあるけれど、手をかければその分必ず何かしら子供たちから返ってくる!代わって手を抜けば(私が楽をすれば。笑)、やはりそれまでと言うシビアな現実(爆)

我が子たちは天才ではないので(笑)やらなければ決して伸びません(爆)でも、やれば出来るようになる!(←何事も、出来るようになるまでやるのがモットーなので^^)これをコツコツと積み上げて行くのが、我が家のスタイルなんですよね(^-^)

忙しさを理由(言い訳)にして手抜きしてしまう事も多々ある母な私ですが(笑)そんな母だと理解している兄弟を信じて(自分でペースを掴んで日々進められると信じている!)、これからも親子二人三脚で頑張って行きたいと思うのでした^ ^

 

二人とも。母など頼らずとも

どんどん自立していっておくれーーー(≧▽≦)笑

 

 

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

 

ついに!!!!!

今月分の次男の課題で、兄弟二人分のCAP課題提出をコンプリートしました!!!!!録音を終えて思わず次男とハイタッチ(=´∀`)人(´∀`=)

ついに!!!!!の画像

↑↑↑

さっき応募した次男の提出課題。YellowのSAは2曲ずつなので、数を合わせるために過去にすでにパスした曲をもう一度録音し直して提出(^^)v

 

Light Blue(Play along)の単語と歌。Blue~YellowまでのPre lesson、Review、SAソング、Pre graduationまで全部!!(以下の写真は一部のみ^^ 多すぎるので。笑)

ついに!!!!!の画像ついに!!!!!の画像ついに!!!!!の画像

やっとコンプリート!!!!

うれしいーーー\(^o^)/

 

我が家がはじめてオーディオCAPに応募したのが、2012年4月!!最初は長男のみ。記念すべき初提出課題は①ABCソング②PA1のHello③LBのTAC(単語のみ)でした♡そこから、毎月3課題づつ月初めに必ず提出するようにしていきました。

最初は長男だけだったけど、月日が経ち少しずつ言葉が話せるようになった次男も録音するようになり、出来ること(次男の最初の提出課題はLB課題の単語のみのリピート^^)を見つけては録音し提出!!を繰り返しました。毎月二人分の課題(6課題ずつ。録音するものによって数が違う)をそろえて提出するのはなかなか大変でしたが、子供たちの出来るようになったことを見つけるのが楽しくて頑張れました(>_<)♡

また、各課題で応募ルールが微妙に異なるのをきちんと把握するまでややこしかった(当時と今ではさらに違います)ですが、歌はどんなに長くてもフルコーラス。トークアロングカードは当時提出できる最低限の枚数(10枚)を基本にして、すべて練習なし!!で本人が自然に出来るようになったことを録音するスタイルで、今日まで毎月欠かさず継続。二人合わせてかかった期間、、、およそ8年半。

 

果てしない道のりだったーー(笑)

 

さっき次男の課題を提出した後、ついでに兄弟それぞれの初提出課題の音声を聞き直してみました(*^^*) 長男はDWEをスタートした時すでに日本語ペラペラだったため、私との日本語での会話も一緒に録音されていて笑ってしまいました。次男は舌っ足らずだけど最初から美しい(単語の)発音!!もう、、、めっちゃ懐かしい&子供たちの幼い声がかわいすぎるーーーー♡と、思わず浸ってしまいました( *´艸`)

 

小さい頃からCAP課題を提出している=当時の声がそのまま記録されていると言うこと。母としては、写真と同じ感覚でとても大切な子供たちの声の思い出なんですよね(´▽`*)

すべて、私の一生の宝物です!!!

DWEを親子で全力で楽しんできた思い出が昨日の事のように思い出せます(^^♪ びっくりするくらい楽しい思い出しかない(笑)

 

 

それにしても、兄弟分のCAP課題コンプリート、、、

長かったーーー(爆)

 

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』