2020年8月

テレフォンイングリッシュの始めどき

我が家がDWEを始めた時、私が一番楽しみにしていたサービスがテレフォンイングリッシュでした^^ 家にいながらネイティブと電話でおしゃべりできる(しかもケータイからかけても通話料無料!!)だなんて大サービスじゃないか(((o(**)o))) と庶民の私は思っていました(笑)通話料がかかっていたらたぶんかけていない気がする(爆)

教材が届いて確認したら我が家のTEの曜日は教材が届いた翌日だったのですが、事前にADさんに「教材が届いたらその日からTEが利用できる」と聞いていたためうれしくてうれしくて、ドキドキしながら翌日かけました!!!この時、長男27ヵ月・次男生後2ヵ月でもちろんインプットもまだ何もない状況でした(笑)

ものすごーーーく緊張し(私が)変な汗をいっぱいかきました(^_^;) でも、それ以上にすっごく楽しかったのを覚えています

TE初回だったのもありインプットもほぼなかった(だって、DWE2日目。笑)ので兄弟ともリッスンオンリーにして、長男はサンプルDVDでちょっと覚えたABCソングともう1曲。次男はPAの曲を2曲リクエストしました^^

英語ダメダメな私は、事前にカンペを用意して(全部紙に書き出しました)それを読みながら曲をリクエスト(笑) し、まずは長男を膝の上に座らせて一緒に「「ハロー」」ってご挨拶したのを昨日のように覚えています(^^)

私と長男は普段から実母によく電話していた(長男がばぁばとお話ししたくて。笑)ので、もともと電話自体も大好きでした!だから、とっても楽しそうに「ハロー」って言ってた思い出があります(^^) まだ2歳だった長男は意味(ハローの意味も、何でばぁばじゃない人と電話するのかと言う意味も)分からずご挨拶していましたが、先生がABCソングを歌い出すと知ってる曲だったのが嬉しかったようで先生の歌声に合わせて最初から一緒に歌い出したのでした(*≧∀≦*)

長男的にはTEは「なんだかよくわからないけど誰かがお歌を歌ってくれるやつ」みたいな感じで認識されていたと思います(笑)

続いて次男^ ^ まだ首もすわっていない時期だったのもあり、長男が終わったら次に次男を抱っこして私と一緒に先生のとっても上手なお歌を聞きました♬泣かずにニコニコ聞けた記憶があります(o^^o)初回はこんな感じでした!それ以降、毎週ほぼ欠かさず継続しています^^

 

長男はABCソングを気に入って3日でフルコーラス覚えてしまったのもあり、次のTEからは先生と一緒に大合唱するくらい大好きになっていました(笑)しばらく(飽きるまで)はずっとABCソングをリクエストしていたなぁ(*^^*)

次男も、月齢が進んでくると電話越しに優しく名前を呼んでくれるのがわかるのか(TEで泣いたことありません^^)毎回とってもうれしそうにニコニコしていたように思います(^-^) タイミング的に寝てしまう事も何回かありましたが(笑)それはご愛嬌^^ 睡眠学習?で先生の美声に耳を傾けました♪

これが我が家のTEの始まりです^^

 

ぜんっぜん英語分からなくても、ぜんっぜん歌も歌えなくても先生たちは快く歌ってくださった上に毎回必ず子供たちを1人1人めいっぱい褒めてくれたので、物心ついていた長男も、まだ生まれたての赤ちゃんだった次男も回数を重ねるごとにますますTEが大好きになって行きました!!(子供たちは言葉の意味がまだ分からなくてもすごく褒められているのは分かると言うか、雰囲気で感じているんだと思いました!!)

 

この頃の私は、子供たちを褒めることが苦手(ザ・典型的な日本語です、私。苦笑)でした。だけど、毎週必ず、これでもかっっ!!ってほどに褒めてくださる先生たちから【褒める文化】を身を以て学ぶことができ、私も少しずつ子供たちを具体的に褒めることを意識して子育てするようになって行ったのですよね。この時期(子供たちの幼少期)に海外では当たり前の褒める文化に直接触れられて学べた私はとてもラッキーだと思ったし、それを当たり前にしてくれた先生たちに心から感謝しています!!!

先生たちからしたら、うちの子達なんて顔も知らない赤の他人の子供なのに。どんな時でも優しい声で語りかけて、名前を呼んでくれて、さらにはたくさんたくさん褒めてくださって!!しかも全部英語で!!!←いや、英語なのは当たり前なのですが。笑

主人の仕事の都合上ずっとワンオペ育児をしていた(今もです。笑) 私は、いつしか毎週のTEで必ず子供たちをとびきり褒めてくれるWFCの先生たちがまるで私と一緒に育児をしてくださっているような感覚(英語バージョンの育児!!)さえ覚えるくらいに大切な時間になっていて(厳密にいうとTEだけじゃなく、Playtimeや時々イベントでお会いすることも含め、スタートした日から少しずつ少しずつ成長していく兄弟をずっと一緒に見守ってきてもらっている感覚なのです!)、本当に、いつもすごくすごく嬉しかったのでした(*´`*)

 

英語が分からない私の代わりにいつも英語でたくさん語りかけてくださるWFCの先生たちが、兄弟の英語をぐんぐん伸ばしてくださいました!

 

うちの兄弟は、私(自宅の取り組み)とWFCの先生たち(TEPlaytime、週末イベント)の二人三脚で母国語方式に沿って成長して行ったんだと思っています。

 

我が家は親も子も体調不良だろうが、何だろうがとにかくTEは必ずかけるようにしています。調子が悪い時は何歳だとしてもリッスンオンリーにして(リクエストする際に先生に調子が悪いと伝えています。)先生に歌ってもらっています(^^)そうすると必ず最後に「早く元気になってね!」みたいな声をかけてくださり、、、そう言う思いのこもった言葉は子供たちの弱った心にもより一層しっかりと響いていたと思います^^

 

こうして、私の子育てに必要不可欠な存在になっていったテレフォンイングリッシュ!!(Playtimeとたまに参加するイベントも!!)

 

TEは何歳からでも利用できますが私は早ければ早い方が良いのではないかと思います。ネイティブの先生たちの生きた英語に触れる貴重な時間ですから^^自宅でリラックスした状況でできるのも良いですよね!!なんと言っても無料ですし(笑)絶対にかけなきゃ(利用しないと)損だと私は思います!!!

 

みなさんも、ぜひ!!!!

 

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』