4歳以上

2017/07/31

子育てパパ必見!子供が喜ぶ英語レクリエーション3つ



子供はパパと一緒に遊ぶのが大好きです。普段は仕事で忙しく子供と一緒に遊ぶ時間がなかなか取れないパパですが、ちょっとしたレクリエーションを取り入れると、夕食やお風呂の合間に子供と楽しい時間を過ごすことができます。

そこで今回は、英語の学習を兼ねてできるレクリエーションを3つご紹介します!体を動かしながら英語に触れると、英語が頭の中に残り、英単語や英語のフレーズをしっかり覚えることができますよ!

 

シークレット・ハンドシェイクで英語の挨拶を楽しもう!



握手などのボディタッチは、英語で挨拶する際に親密さをアップする効果があります。ご家庭で英語の挨拶を練習するときに、「シークレット・ハンドシェイク」と呼ばれるちょっと変わった握手を一緒に行うと、より挨拶が楽しくなりそうです。
シークレット・ハンドシェイクは、ハイタッチ、親指を折りこむ動作、腕を組む動作、こぶしを打ちつけ合う動作など、様々な動きを組み合わせた仲間内だけで通じる握手です。
お子さんと一緒に家族だけに通じるシークレット・ハンドシェイクを考えて、
「Hello!」(こんにちは! )などの挨拶と一緒に日常的に使ってみると、お子さんが英語を使うことに積極的になれるかもしれません。
下記のYoutube動画では、アメリカの小学校で先生が様々なシークレット・ハンドシェイクを交わしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

生き物のまねっこ遊び



子供と一緒に、全身を使って生き物の動きを真似して遊んでみましょう。先にパパが生き物の動きを子供にして見せて「Look at me.」(私を見て。)と声をかけると、自然に子供がパパの動き見て真似をすることができます。

〇worm(ミミズなどの虫)
両手を体の横にピッタリつけて、体をクネクネ動かし、ミミズの動きを再現してみましょう。

〇bird(鳥)
両手を大きく上下に動かし、鳥の羽ばたく様子を真似してみましょう。パパと子供で、鳥になった気分でお部屋の中をぐるぐる回ると楽しいですよ。

〇rabbit(ウサギ)
両手を胸の前で小さく丸め、足を揃えてピョンピョン跳びはねます。前歯を出してウサギの表情を真似するとユーモラスです。

 

楽しく遊びながら体の部位の英語が覚えられるゲーム



英語で蜂の羽の音は「buzz」と表現します。「Buzz,buzz,buzz.」と言いながら、小さな蜂のぬいぐるみを持って子供の周りを蜂が飛んでいるように動かしてみましょう。

次に、蜂がパパの頭の上で止まったようにぬいぐるみを動かし、「Where is it now?」(どこにあるかな?)と子供に話しかけます。子供が指をさし示したら、「On daddy’s head.」(パパの頭の上だよ。)などと英語で一緒に言ってみましょう。

頭のほかにも「nose」(鼻)や「ear」(耳)、「knee」(ひざ)、「toe」(つま先)など、体のあちこちに蜂のぬいぐるみを置き、「Where is it now?」と子供に尋ねると、遊びながら体の部位を示す英語を覚えることができますよ!

 

子供と一緒に英語を楽しみませんか?詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)