4歳以上

公開日:2018年07月05日

子供の英語教育はどの方法がベスト?自宅と教室の学習方法を徹底比較

子供たち

学校でもビジネスの場でも、英語力がますます重視されています。
子供が英語を学ぶには、英語教材を使って自宅で学ぶのと英会話教室に通うのと、どちらを選べばよいのでしょうか。ここでは、英語を学び始める年齢や今後の英語教育の事情をふまえ、自宅での英語学習と英会話教室を比較したいと思います。

参考:ビジネスで求められている英語力についてもっとチェック!
社内公用語を英語にする日本企業のねらい社内公用語を英語にする日本企業のねらい会議

参考:家庭での学習環境のつくり方についてはこちらをチェック!
楽しい英語環境づくりを心がけていたら、親子ともども英語が大好きになっていました!楽しい英語環境づくりを心がけていたら、親子ともども英語が大好きになっていました!英語学習

<目次>
子供に合った英語教育
小学校での外国語教育の変化
家庭用英語学習教材と英会話教室の違い
自宅学習にオススメの英語教材
必要となる英語力を身につける


子供に合った英語教育

タブレットでの英語学習

子供の英語学習をいつから始めるべきか、子供に向いている英語教育はどんな方法なのかについて考えてみましょう。

英語をじっくりインプットするのに適した年齢

大人が英語を学ぶ場合は「仕事や旅行で使うから」という目的意識がモチベーションになります。一方、子供の場合は、遊びながら英語と触れ合い「楽しむ」ことが目的になります。
そして、子供が言葉を話し始めるまでの時期は、英語をじっくりインプットする時間をとりやすいので、この時期に子供が英語を聞き取る力を育て始めると良いでしょう。
0歳~2歳向けの英語教材を見ると、子供が好きなキャラクターのCDやDVD、音が出る絵本やおもちゃが多くあります。子供が楽しみながら英語の音にたくさん触れることが、この時期の英語学習では効果的だからです。こうした教材を活用して、子供が楽しみながら英語に慣れることのできる環境を作りましょう。

英語をアウトプットし始める時期

乳幼児期から日本語と英語両方に触れて育った子供は、日本語と英語の違いを早い時期から少しずつ理解します。子供にとって日本語と違うということが「興味」の対象になり、好奇心から英語に触れるということもあるでしょう。
3歳くらいになると子供は周りの人やアニメのキャラクターなどの動作や音を真似しながら覚えていきます。ダンスや歌で英語を楽しむこともできるようになってくるのです。

3~5歳の時期はDVDや絵本のストーリーを理解して楽しめるようになってくる年齢です。この時期に使う英語教材は、子供が親しみやすいキャラクターのアニメーションが使われているものなどを活用すると、子供がより集中して内容を理解しやすくなります。
キャラクターのイラストと英語を組み合わせている単語カードなども、この時期の子供に適しています。例えば、キャラクターが走るイラストに”run”(走る)と書いてあれば、感覚的に意味を理解できます。
子供の英語でのアウトプットを促すために、こうした教材を活用してどんなシチュエーションでどんな英単語を使うのかインプットをたくさんしてあげましょう。
また、子供が恥ずかしがらずに英語を話せるように、親が簡単な英語で話しかけてあげるのもよい方法です。”Thank you.”(ありがとう。)や”Good morning.”(おはよう。)といったシンプルなフレーズで構いません。ママやパパが発音に神経質になる必要はありません。英語を話すことは楽しいことだという雰囲気を作ってあげてください。
さらに、ママやパパ以外とも英語で話せる機会を用意してあげるとなお良いでしょう。親子で参加できる英語イベントなどでネイティブの先生たちや友だちと英語で交流する経験ができれば、英語を学ぶ子供のモチベーションを維持するのに役立ちますよ。


小学校での外国語教育の変化

ママ・パパの世代が英語を学んだ環境と、現代の子供が英語を学ぶ環境は大きく違ってきています。
かつて大学受験の英語科目は主にヒアリングや文法、読解能力で評価されていましたが、現在は「聞く・話す・読む・書く」といった4技能が評価されるようになり、英語を「聞く・話す」力の比重が年々高まっています。
こうした流れを受けて、小学校での英語教育も大きく変化しています。今後の英語教育がどのようになるのか確認しておきましょう。

小学校でも英語が成績評価されるように

以前は、小学校での英語教育は5・6年生の外国語活動という必修科目の中で行われていました。
2020年からはその外国語活動が3・4年生の必修となり、5・6年生では年間70単位時間の授業が予定されており、成績がつく教科となることが決まりました。
子供への負担が大きくならないよう、小学校での英語学習は、まずは「聞く・話す」力を養う部分からスタートしその後に、「読む・書く」といった活動に取り組むことで中学校での英語学習にスムーズに繋げていきます。

外国語活動の効果

文部科学省の平成26年度「小学校外国語活動実施状況調査」によれば、回答した小学5・6年生の約70%が「英語が好き」と答えています。そして、中学校教員の約65%が、「小学校で外国語活動を経験した1年生の方が、経験していない1年生と比べて英語の授業において成果等がみられた」と回答しました。この結果から、小学校における2年間の英語活動は子供の英語力の向上におおいに寄与するものと思われます。

小学校に入る前の準備

小学校の5・6年生からは英語が正式な教科になることで、中学受験でも英語力が求められる傾向が強まっています。
こうした背景もあり、子供の習い事として、英語は高い人気があります。最初に説明したように、0歳からでも英語学習を効果的に始める方法はあり、英語を習うのに早すぎることはありません。幼児の英語学習では、遊んでいる感覚で英語は身につけることができます。小学校に入って授業が始まってからでも、「聞く」「話す」という能力が身についていればスムーズに入れることでしょう。そして、何よりも「英語は楽しい!」と子供が感じていれば、授業にも積極的に取り組めるはずです。


家庭用英語学習教材と英会話教室の違い

英会話教室

自宅で英語教材を使い学ぶ、英会話教室で習うそれぞれのメリットを確認してみましょう。

自宅で英語教材を使うメリット

メリット1.自分のペースで楽しみながら取り組める

自宅で自分のペースで英語を楽しめることは大きなメリットといえます。やりたい時に集中してやったほうが効果的ですし子供も楽しめます。
もし、自宅ならイヤになったらすぐに気分転換ができますから自分のペースを維持できますよ。生活リズムの中に上手く勉強をする時間を組み込めたのなら、自分で学ぶ習慣がつくことも期待できます。

メリット2.家族のコミュニケーションとして使える

幼児期の絵本の読み聞かせや体を動かす運動は英語、日本語のどちらであってもできますよね。そこで、コミュニケーションツールのひとつとして英語教材を使ってもよいでしょう。絵本は親しみやすいキャラクターとわかりやすい文で作られていることがほとんどなので、英語が苦手なママでも活用できると思います。歌とダンスが収録されたDVDを見ながら、親子で体を動かすのも遊びとして楽しめるでしょう。

メリット3.比較的お金がかからない

費用も、自宅か英会話教室かを選ぶ要素です。英語教材は安いものから高いものまで様々ですが、家庭の経済状況や子供の年齢、求める英語習得レベルに合わせて選べます。いくつかのCDや絵本などをまとめたセット教材だと料金が高くなりますが、月々の価格で考えれば学習塾の月謝よりお得なケースがほとんどです。
例えば、「ディズニーの英語システム」(DWE)のシング・アロング・セットなら131曲の歌を収録した教材を月々2,800円の分割払いで購入することができます。また、英語教材は1度購入したら長く楽しめるのも嬉しい点です。

英会話教室でのメリット

メリット1.ネイティブの先生や教えるプロから学べる

英会話教室のメリットとして、「発音が良くなる」ことが考えられます。これは、ネイティブの先生や発音のよい先生の音を子供が真似するからです。それに、先生たちは教える経験を持っています。ママとパパは自分の子供だけを見ていますが、日々多くの子供を見ている先生たちは子供にあわせた教え方を知っているプロですよね。子供が集中して楽しめる取り組みを散りばめ、英語力をきたえるカリキュラムを用意してくれます。英語教室を選ぶ時は楽しさを子供に伝えているか、通っている子供が笑って楽しめているかをみてみましょう。

メリット2.モチベーションを保ちやすい

外国語活動の効果でも紹介しましたが、長期的に英語学習に取り組むと子供が飽きて意欲が低下する可能性があります。
英会話教室の場合、自宅とは違う環境になりますし子供が夢中になれる工夫を凝らしてくれます。絵本の読み聞かせや、歌やゲームといった方法で英語の楽しさを実感できるはずです。それに、自宅と違う大きな点として、同年代の友だちの存在は大きな要素です。「友だちがいるからいく」というように、遊び感覚で学んでいてもネイティブの発音は耳に入るので英語力を高める効果は期待できるでしょう。

メリット3.勉強の仕方が身につく

一般的な家庭に、英会話教室にいるプロのように教え方が上手い人はほぼいないでしょう。教材を提供している英会話教室では、カリキュラムでも同じ絵本やCDが使われている場合があります。ママとパパが教え方に詳しくなくても、英会話教室でやった内容を復習するように子供が自ら絵本を音読するケースもあるようです。「聞く」「話す」「読む」といった勉強の仕方が身につけば、小学校に入った後も効果的に勉強できるかもしれません。

子供には自宅学習が向いている理由

自分のペースで学習できる、家族のコミュニケーションとして使える自宅学習なら、子供がどこまでできるようになったかを確認しながら英語学習を進められます。何よりも、英会話教室に通うよりも多くの時間を英語のインプットに使えます。
例えば、英語を2,000時間インプットしたいときに、1回45分の英会話教室に週1回通うとします。年末年始などの休みを考慮し、年間44回通うとすると、1年間で36時間、2,000時間のインプットには約61年も必要です。
一方、自宅学習で、お昼に2時間と眠る前の1時間CDやDVDを聞くようにすれば毎日3時間のインプットができます。
英会話教室と違い、教室のお休みなどを気にせずインプットできます。
このペースでの自宅学習を1年間続けると、1,095時間になりますので、2,000時間のインプットまでは約2年です。
就学前の乳幼児の時期はインプットの時間が確保しやすいため、自宅学習を効率的に行うことができる時期といえるでしょう。
時間のやりくりがしやすい自宅学習なら、英会話教室より短い期間で英語をいっぱいインプットできるんです。子供が夢中になれる英語教材を選んであげれば、自宅学習の効果はさらに高まるでしょう。

自宅学習


自宅学習にオススメの英語教材

「自宅学習を進めよう!」とする時に大切なのが教材選び。子供が楽しみながら効果的に英語を身につけられる教材としてオススメなのが「ディズニーの英語システムディズニーの英語システム」(DWE)です。

母国語方式を取り入れたDWE

子供は日本語を勉強しなくても、周りの話す声を聞いて少しずつ覚えていつの間にか話せるようになります。DWEはこの母国語を覚えるプロセスを英語学習に取り入れている点が特徴です。
CDやDVDで英語の音を聞き、真似することで英語のインプットとアウトプットが自然に行えるので、使い方や英語の意味をママがいちいち説明しなくても大丈夫。子供が自分で意味を理解し、英語の法則を見つける工夫が教材にほどこされています。
ご両親は「英語を楽しむ環境を作る」サポートだけに集中しましょう。CDやDVDを流してあげる、絵本を一緒に読んであげる、できたらほめてあげる、そうやって英語が身近で楽しいと感じられる環境を整えてあげましょう。

効果的に連動した英語教材

赤ちゃんから使えるプレイ・アロング・セットや、子供が主体的に英語で遊べるミッキー・マジックペン・セットなど、DWEには色々な教材セットがありますが、どのセットもCD・DVDや絵本、単語カードなどの内容が連動している点が、学習効果を高めています。
CDで聞いた単語の意味をDVDの映像で理解を深めたり、カードで覚えた単語や英文の知識で、絵本が読めるようになったりと、しっかり知識が定着するのです。同じ単語やフレーズがそれぞれの教材で登場するので自然とインプットされます。
また、未来形や過去形といった難易度が高めの文法知識も自然に覚えられるよう設計されているので、DWEでじっくり遊ぶことで自然に英語力がレベルアップしていきますよ。


必要となる英語力を身につける

これからの英語力は「聞く」「話す」「読む」「書く」といった4つの技能が重要視されます。実践できる英語力を身につけるには「聞く」「読む」のインプットにたっぷり時間をかけることが欠かせません。
そして、自宅学習では子供のペースに合わせて、楽しみながら英語のインプットができますので、インプットを効率的に行う方法としてオススメです。ぜひ子供にあった自宅学習用英語教材を探してみましょう。
例えば、「ディズニーの英語システム」(DWE)は子供が言葉を覚える過程に配慮してつくられた英語教材ですので、ぜひ一度お試しください。

子供英語の無料体験
子供英語の無料体験

子供と一緒に英語を楽しみませんか?
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)