成長過程

私がDWE(各カラー)で難しいと思う曲

これらです!!!(注:曲の感想は私の感想です!!)

BlueTaking tune

私がDWE(各カラー)で難しいと思う曲の画像

↑↑↑

早すぎて何回聞いてもなんて言ってるのかすら分からないし、絶対に言えない(笑)

 

GreenThe baseball song

私がDWE(各カラー)で難しいと思う曲の画像

↑↑↑

これも難しかったけどなんと少し前に何とか言えるようになりました(^^)v

 

LimeThe crazy mixed-up circus

私がDWE(各カラー)で難しいと思う曲の画像

↑↑↑

これも、、、めっちゃ難しいですよね(;’∀’) カミッカミになります。いつか歌えるようになるかなぁ、、、(汗)

 

YellowWhen you are at the zoo

私がDWE(各カラー)で難しいと思う曲の画像

↑↑↑

これ、いまだ絶対に歌えない私の中ではDWEで最難関の曲です(笑)

 

 

いかがでしょう??どれも難しくないですか???(^▽^;)

共通してるのは、早い・なめらかに英語を口から出さないといけない・否定形・複数形・過去形などの音のない音(子音や破裂音?)が多い、、、とかですね。

特にYellowの【When you are at the zoo】!!!メロディは完璧に覚えていますが、全体的に早すぎて歌詞を見ながらでも全然まともに歌えない私(爆)

早い上にshouldn’t(否定)とかhands(複数形のs)とか全然ちゃんと言えない。と言うか、そもそもあのスピードに付いていけない( ̄;) 何回やってもカミカミで終わると言う残念なレベル

難しすぎるーーー

生粋のDWEキッズである兄弟も小さい頃は歌えませんでした。

そう、、、小さい頃は( ̄∀ ̄)

二人とも小学生になり、日頃の積み重ね+口?舌?の筋肉が発達したのかますます滑舌も良くなり発音なんてどんどんクリアになるばかり!!いつの間にか、日本人が苦手とされる音の無い破裂音や発音しない音(子音とか?)なども、まるでネイティブが話しているかのように自然としっかり発音するようになっていました!!!

そんな音の無い音がふんだんに散りばめられているこの曲を、練習なしで当たり前のように完璧に歌う長男を見て鳥肌が立ったのを覚えています。(数年前の出来事。小3の頃だったかな?)

長男はそれくらいの時期に出来ていましたが、次男は今、もう少し微妙な位置にいる感じがあります(笑)ゆっくり歌えばちゃんとクリアに発音できる(歌える)んだけど、CD通りの速さで歌うとカミカミに。上手く歌えずついつい爆笑してしまう親子です(((*艸≦)ププッ

 

練習している訳ではなく、毎日掛け流しをしてる時に単に歌って遊んだりしているだけなのですがCDを掛け流ししていると私も含め誰かしら無意識に鼻歌を歌ったり、歌詞を口ずさんだりしている我が家です。長年のこの積み重ねで、DWEが染み込んでいる(=しっかりと基礎を築いている!)んだと思い続けています^^

長男はすでにクリア。次男もたぶん時間の問題。私は、、、いつになる事やら(笑)ですが、兄弟のように歌えるようになりたいので私は気長に練習します!!(爆)

 

 

月曜日から学校が通常通りになりました^^ 感染対策をしつつ、やっとクラス全員揃って授業を受け給食もスタート!!!2人とも初日から6時間授業でしたが「学校楽しかった(≧∀≦) 久しぶりの給食も美味しかった!」とニコニコ帰宅して私も嬉しかったです(^-^)

私も、久しぶりに自分時間が持てたのでいつもより家事を頑張れます(笑)何より毎日3食作らないといけなかった事から解放されて嬉し過ぎましたー(ω) 休校中がんばったよ、私!!!給食バンザイヽ(´▽)/

 

そんな中、朝いつもの友達と登校するため玄関を出たらいつものメンバー+3人の男の子たちが後ろからワラワラ小走りで合流してきて、一瞬で全員で8人のプチ集団登校(5年生6人に3年生の弟たち2人)になっていました(笑)みんな(大きくなってもいつも私にも挨拶してくれる良い子たち!)ちゃんとマスクして新しいルール(学校から細かく指導が入っている模様)も守りながら仲良く登校して行く姿を久しぶりに見てとても嬉しくなりました^^

当たり前の事が当たり前にできる幸せを忘れてはいけないな。みんな、うちの兄弟と仲良くしてくれてありがとう(^^)

 

さぁ!!

今日もがんばろうヽー`)

 

 

Let’s enjoy DWE♬

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

DWEキッズたちの長期休校

兄弟が長期休校で得たものNO1。。。それは、間違いなく意図せずとも勝手に強化された英語力だと私は思っています。

子供たちが小5・3になってから、まさか未就学児の時みたいな生活を送ることになるだなんて想像もしていませんでした(O ̄;) 長引く休校で、どうなることやらと心配していました(主に学業面で)が、英語に関しては最初から全く心配はありませんでした。

なぜならうちの兄弟は元々、長期休暇に入ると英語力が伸びる(学校に行っている日常より英語に触れる時間が長くなるため)傾向があったからです。

今回も例に漏れず、聞く(ストーリーCDや音楽、アニメ、映画)、話す(兄弟間の会話、友達とオンラインで遊ぶ、Playtime、先週から復活したTE)、読む(洋書を熟読)、書く(自作の本の制作、友達に手紙を書いて送るetc)と言う感じで全てを網羅しながら子供たちは自力で英語力を底上げ中です(≧∀≦)

オンライン英会話などで先生から学んでいるお子さんたちに比べると、伸びは緩やかなのかも知れませんが今のところうちはこれで充分なので、このまま継続d( )

TEがお休みだった間は、兄弟間の会話+お友達とオンラインで遊ぶことで会話力を維持(どころか、むしろパワーアップした!笑)し、先週から再開したTEでまた先生たちとおしゃべりすることでさらにブラッシュアップ!!!今週のTE、二人ともそれぞれ先生とめっちゃ盛り上がっていつも以上に楽しそうでした(^^♪

そんな様子を目の当たりにすると、基礎があるって強いと改めて思わされます。やっぱり、DWEキッズは最強ですね(笑)

 

兄弟は至って普通の公立小学校に通っているというのもあり、オンライン授業もなければ(それ以前に「いろいろ課題(PCの台数確保や設定など)が多いため機材の貸し出しはしないことになった」とすでに連絡あり。汗)、宿題の提出はあるけれどそれ以外のフォローは全く無い状態でこの3ヶ月弱を過ごしています。

ただ、学校には行かないけれど、教科書やドリルは全て手元にある。。。

考えてみたらこれって、DWEが自宅に届いた当時とよく似た環境だよなぁと思いました(笑)

小学校の教材とDWEでは学び方が異なるので全く同じとは言い難いですが、【手元にある教材を活用して自宅で子供が学んで行くこと】に関しては同じなのかなと。

両方とも、子供任せにしていては全く進まないものですよね( ̄;

これに関して。兄弟を見ていると、未就学児でも幼稚園児でも小学生低学年でも高学年でも!!基本、みんな同じな気がします(苦笑)子供と言うのは常にずっと遊びたいし、楽したいし、だらだらしたい生き物だから仕方がないのか(笑)

でも、そこに自分がやらなければならないこと(勉強とか。笑)を自分で受け入れて、自分の意思で継続し続ける精神力を持ち合わせると言う所までたどり着く(精神的に成長する)必要がある。そしてこれは、年齢と比例してどんどん必要不可欠なものになっていく。しかし、今、目の前にいる相手は小学生の子ども。。。現実はすごく難しくて、めちゃくちゃ大変な事(子供自身も自分との闘いなので)でもある。

精神的に幼い子供たちが、毎日当たり前に取り組めるようになるには親のサポートは必須です。これは、学校の勉強やDWEの英語を教えると言う意味ではなく、毎日取り組むように上手く習慣付けるサポートをすると言う意味。

 

子供が、自分で毎日当たり前に出来る(取り組める)ようになる=習慣化

 

毎日歯磨きしないと気持ち悪いと思うのと同じ感覚になるまで親子で一緒に取り組み、子供が一人でできるようになったら、今度はそれを当たり前に毎日継続できるよう声をかけ続けるのが親としての私の役目。分かっていても、一番難しいことだと私はずっっっと感じています(苦笑)←私がダメなだけかもですが。汗

 

家にいると、どうしてもダラけてしまう。これはもう仕方がない(笑)

しかし。休校中で学校に行っていない今、そのままでは本当に何も得るものがないと言うのが現実。当たり前ですが、目の前にどんなに良い教材があっても使わなければ子供は何も身に付けることはできないのですよね。

 

我が家は英語も勉強も完全自己流(英会話教室、オンライン英会話、塾など一切経験なし)なので、良いのか悪いのかなんて現状では全く分かりません。それでも、やらないよりはやった方が良いに決まっていると信じているので、うちは成長が緩やかだろうと我が家なりに毎日取り組む!!と決めて、親子二人三脚でがんばっています。

ウイルスと共存すると言う方向に進みつつある今、長期休校も終わりが見えかけて来ました!!!

 

 

過ぎた時間は二度と戻っては来ない。

 

 

今一度、気合いを入れて。6月からの学校再開に向けて生活を整えていきたいと思います!

 

 

 

 

 

#stayhome

 

 

も、あと少し?!

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

兄弟の英語力(会話力)が伸びるとき

うちはDWE以外何もやっていないため、アウトプットの場と言えば専らTEPlaytimeなのですが(笑)

今ユーザー歴9年目で、私は兄弟をずっと見守ってきていますが、二人の【英語力が伸びるとき】を度々、目撃?(と言うか、話している英語自体は全くわからないのですが、流暢さが増すと言うかペラペラ具合に磨きがかかってきたと言うか。そう言うのをなんとなく感じる)して来ています(*´*)

どんな時に感じるのかと言うと、我が家の場合はやはり長期休みです。いつもより英語環境にいる時間が長くなり、本人たちも英語を使う時間が増える伸びを感じます!!

そうなると、TEPlaytimeで先生たちとお喋りしている様子を見ていてもやはり、【おぉ!!なんか凄い喋ってる(笑)】って感じるし、実際に先生たちにもいつも以上にたくさん褒めていただけたりor兄弟と話すのがめちゃめちゃ楽しかったよ!また話そうね!!!みたいにとーーーっても喜んでくださったりなんかするのです(^з^)-☆

これぞ、継続の成果?!でしょうか。

ずっとDWEしかやっていない我が家ですが、そのDWEも、兄弟が大きくなってきた今ですら何もやっていない訳ではありません。年齢に合わせて、必要に合わせてまだまだ教材を使っています!!

今までの取り組みの積み重ね+継続+今の自宅での環境の全てから、緩やかにでも確実に成長し続けている兄弟が目の前に居るのですよね^ ^

 

決して立ち止まってはいません!!

継続に勝るものなし!!!我が家に関しては、これに尽きるのかなと思っています!

 

そしてもう一つ、我が家が継続しているもの。それは、仲良しMちゃん&Kくん姉弟とのスカイプ遊び(=´)=) です♡

かれこれ、6年、、いや、もうすぐ7年になるのかな?(笑)長男とMちゃんが4歳からずっと遊んでいて、みんな随分と大きくなりましたが今も当たり前に遊んでいます(^_^)

子供たちの成長に合わせ(毎年、学校の時間割で何曜日に何時に帰宅するかとかをみゅうママと相談。笑)て、時間を必ず確保していて、同時に子供たちにとってもすごく大切な時間になっているスカイプです(^-^) 子供たちは全員もちろん英語オンリーで会話して遊んでいますが、自分たちでもいろいろ考えて、いかに画面越しにでも楽しく遊べるかを編み出していて、いつもとっても楽しそう

TEPlaytimeで先生たち(大人)と話すことも大切ですが、子供同士で会話することも実はお互いに物凄く良い刺激になっていて、その結果、お互いの会話力をお互いに引き上げる事に繋がっているんじゃないかなと子供たちの様子を見ていて感じています。

今現在4人中、3人が小学生な子供たちの会話。みんなめちゃくちゃ早口で衝撃です(笑)いつの間にそんな早口でペラペラと話せるようになったの?って聞きたいくらいに自然とそうなっているんですよね(爆)中でも一番の驚きは、末っ子Kくんがその会話に普通に入っている事!!母ズは全く分からないのにKくんすごすぎるーーー!!!

Mちゃん&Kくんも、我が家と同じDWEのみな生粋のユーザーさんです^^子供たちの英語、一体どこまで伸びるのか私たち母ズはいつもワクワクしています(*≧∀≦*)

Mちゃん&Kくん、みゅうママ、いつも(人”▽`)ありがとう☆

 

長期休校の今、できる事は全てやりつつ英語力もさらに伸ばして、新学期を迎えられたらなと思わずにはいられない、、、コロナショックに負けたくない母の遠吠えでした(笑)

休校で窮屈な毎日な中でも、子供たちの弾ける笑顔が見られるのが救いだーー(*´`*)

今日もがんばるぞー

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

できないには【理由】がある

みなさんは我が子が【出来ない事】にぶつかった時ってどうしていますか?

DWE、勉強、運動、、、どれを例えにしても同じなのですが、できないには【理由】があると私は思うのですよね。

そのできない【理由】は子供一人一人によって様々。ある子はちょっと手助けしたらすぐ出来るようになったけど、同じ方法だと別のある子は全く進歩がなかった。なぜなら、手助けの方法が噛み合っていなかったから、、、など。

だから、何事も我が家流(我が子流)にその都度アレンジして子供一人一人に向き合う必要がある。

 

例えば、縄跳び。

最初から自分でやりながら身体で覚える子もいれば、見本を見せて貰ってからそれを真似しながら覚える子もいる。縄跳びが跳べるという事実は同じだけど、習得方法は人それぞれなんですよね。

DWEと言う同じ教材、同じ学校の教科書、同じ普通の縄跳びを使っているのに、どれも個々で習得にかかる時間は十人十色。

 

何事も、最初は誰でもできないのが普通です。その【できない】に出会った時にどうするのか。。。できない事は、できるようになるよう工夫する必要がありますよね。できないものをそのままにしていたら、当たり前にずっとできないままですから(笑)ここがポイント(分かれ道)じゃないでしょうか。

 

DWEなら、例えば。「センテンスで答えられない」どうすればできる?→TACのセンテンスは言える?マジックペンで聞いたセンテンスをそっくりそのままリピートできる?→SBSの理解度はどう?など。いろんな教材を使いながら【なぜできないのか】を検証(難しいことではなく、毎日我が子の様子を見ていればちゃんと分かると思います^^)できると思います。原因が分かれば、次にそれを改善できるよう日々の取り組みを見直してみる。今、足りないのは何なのか。どうしてできないのか。どんな風に取り組みを工夫できるのか、などを客観的に見て考える。

算数なら、「計算が遅い」なぜ遅いのか?どうすればできる?数の概念は理解している?繰り上がり繰り下がりも正しく理解できている?そもそも計算することに慣れている? など。現状を見直してみて、足りていないのは何なのか。原因に気付いたら、それを改善できるよう日々の取り組みを工夫しているか考える。

もちろん、考えるだけでは、子はできるようにはなりません(笑)原因を見つけたら、改善できるよう取り組みを工夫して実行し、できるようになるまで続ける事が必須!←私の中ではこれが一番大変です(^_^;)

 

子供に限らず誰でもそうだと思うのですが、【知らない・わからない】ことはおそらくみんな【できない】ですよね。

ならば、

知らないこと知ってる!

わからないことわかる!

できないことできる!

 

にしてあげれば良いのでは?と私は思うのです。我が家ではDWEも勉強も運動も、親である私が教えるのではなく、できない何かにぶつかった時に【なぜできない(わからない)】のかを本人と一緒に考えるようにしています。このできない理由は、同じ環境で同じように育ってきている兄弟でも全然違います。

本人が、できない・わからない理由を一緒に考えて解決(できない・わからない理由を明確にする)し、その後、それが出来るようになるよう取り組みを工夫(私が子供たちにやり方を提案)しながらできるようになるまで見守るのです^^

親が子の【なぜできないのか】を把握しておくことはとても大切だと、兄弟を見ていて思います(^-^)

DWEも、勉強も、運動も。子供主体(子供任せ)にしていては(親が)思う(願う)ように伸びていかない。なぜなら子供は基本、自分が好きなことしか率先してやりませんから(笑)

なので我が家では、親子二人三脚でそれぞれに合わせて取り組み、結果が出るまで待つ(習得には個人差がありいつできるようになるかは子供次第だから)ことが必要かなと思いながら毎日を過ごしています^^

 

我が子アンテナを張り巡らせ、できないことを一つずつできるに変えて行くこと。めちゃくちゃ地味で不器用な方法ですが、これが我が家のやり方です(^^) 残念ながら、うちの兄弟は天才ではありませんので(笑)

継続に勝るものなし!!!

 

我が家も今日も頑張ります(˃̵ᴗ˂̵)و

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

もしかして、もう忘れない…のかも?!

我が家は、主人も私も英語ができません。兄弟はDWE母国語方式で日本語を覚えるのと同じ方法で英語も覚えて来ました。

兄弟が小さい頃。取り組みを毎日継続できていれば、出来ること(美しい発音+センテンスもリズム良くリピート)がどんどん増えていきました!が、一方で(私が面倒くさくて)サボってやらなかったり、子供任せにしてやった気になってほったらかしにしていたら、以前出来ていたことまでもが一瞬で出来なくなっていて驚愕(そして焦る)なんて経験も。

この事から、『子供は覚えるのも早いけれど忘れるのはもっと早い生き物である((((;゚Д)))))))事を学びました(笑)

それからと言うもの、毎日継続は当たり前!!すでに出来るようになった事は維持し、出来ない事をできるようにする取り組みを繰り返し、今に至ります。

 

兄弟がそれぞれ幼稚園、さらには小学校に通い出してから今までに様々な壁があったような気がします。

・家で英語に触れる時間が格段に減る

・幼稚園や学校のお友達、先生は英語を全く話さない(英語は通じないと本人が気付く)

・英語以外に学ぶことが、歳を重ねると同時にどんどんどんどん増えて行く(しかも、内容もどんどん難しくなる)

・子供が、自分(自宅)と周り(お友達のお宅)との違い(英語が当たり前にあるか否か)を身を持って実感する

など。

こうして書き出すと、子供の成長と変わりゆく環境にいかに順応して行けるか、が大切と言うのが分かると思います。

子供たちが小さかった頃は、家に英語(DWE)が溢れているのが当たり前でそれが全てだったハズなのに、成長すると共に子供本人が周りとの違いに気が付くようになって行く。それが、いわゆる【4歳の壁(幼稚園入園)】だったりもしますよね。

うちは、『周りと違っていてもうちはうち^^違っていてもOK!』って言うのを受け入れていた(私がずっとそう教えていたし、大好きなマーク先生もECDVDでいつもそう言っていた)ため、幸いにも兄弟ともに「そう言うもんか(^-^)」くらいの壁だったように思います。

幼稚園入園前から家で毎日DWEで遊ぶのは当たり前になっていたため、入園後はDWEαで工作したりレゴで遊んだり。

生活リズムも、それまでのDWEライフ+幼稚園って言う新しいリズムを心掛けました^ ^

子供たちの年齢が上がっている&今まで継続して来ている積み重ねがあるから、取り組みは今までと同じじゃなくても大丈夫(入園前は四六時中DWEを掛け流したりだったけど、幼稚園に行ってる間の時間分、DWEの時間が減っても結果的に問題はなかった。ただ、長男が入園してからの2年は、長男が幼稚園の時間は次男のためにPAZAMを全力で楽しんだりと多少の工夫はした!)になりました。

自宅での環境は維持しつつ、子供たちの成長と共に教材の使い方を変化させる!!

これは、兄弟が小学生になってからも変わりませんでした(^^)

 

未就学児には未就学児の、幼稚園児、小学生にはそれぞれの活用の仕方がある!!学校の勉強が忙しくなっても、離れなければ子供たちは忘れないのだと、今、しっかりと感じられるようになって来ました。

 

タイトルの、【もしかして、もう忘れないのかも?!】と言うのは、これまでに8年かけて染み付いたDWEで身に付けた英語をと言うことです。

 

この冬休み、普段通りに過ごして本当に特別な事(新たな取り組みなど)は何もしませんでした。でも。兄弟を見ていて、ふと。本当に、何となくですが、長男はもちろん次男ももう英語を忘れないんじゃないかな?と感じる事が出来たのでした。

毎日当たり前のように英語で話しながら遊び、大好きな映画を心から楽しむ兄弟を見て、初めて!!そう感じたのです。

そんな、長男10歳、次男8歳の冬休み(((o(**)o)))♡

 

何故だか分かりませんか、物凄い安心感が私の中にあります。DWE歴9年目にして初めて感じました(^^) 根拠はないのですが(笑)

とってもうれしいです(*≧∀≦*)

 

兄弟ともにきっと。もう英語は忘れない!!(←とは言ってももちろん、自宅での環境は維持し続けます!笑)

これを土台にして、今度は中学生から習う英語(勉強する英語)でブラッシュアップして行って欲しいと心から願っています^^

兄弟なら、きっとできる!!親バカですみません(笑)

 

今までは、DWEの取り組み(例えばTACQ&Aカードなど)をやらなければまた忘れてしまったり、英語を話すリズムが崩れてしまうんじゃないか?などいろんな不安があり(自分が英語が出来ないが故)、かなり前から全てできるようになっているにも関わらず、なかなか取り組みをやめる事ができない自分がいました。

でも今なら。すでにできるようになっているものはもうやらなくても大丈夫(やらなくなってもいつでも出来る状態を維持できる!!)かも?と思えるようになりました。

 

やっと、、、です!!!

 

生粋のDWEキッズ

やっぱりすごいな(=´)=)

 

これからの成長もとっても楽しみです(*´▽`*)

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

成長を発見するとやっぱり嬉しい^^

誰の成長かと言うと、今回は8歳の次男です!!

難しいDWEソングがCD通りに歌えるようになって来ていて次男なりにグッと成長していたことに先日、気が付きました(((o(*゚▽゚*)o)))

思い返すと、長男もそう言う時期がありその時もすごく嬉しかったんです(*^ω^*)

出来なかったことが、出来るようになていると気が付いた時、私は最高に嬉しいと感じます!!

うちのCap応募マイルールは、練習なしでできるようになったらサクッと録音して出す!と言うもの(^^) Yellow Cap+プレグラまでをパスしたのはもう何年も前になりますが、Cap取得後もカード、歌共に未提出のものはその都度録音し、毎月忘れずにずーーっと提出し続けて来ています。

長男(10歳)は、3歳くらいから応募し始めて今年の夏前くらい?にコンプリート(=´∀`)∀`=) いや〜、実に7年くらいかかりました(笑)

代わって次男は2歳くらいから応募し始めて、現在まだ6年くらいだからまだ終わっていません。だから、毎月3課題ずつ録音しせっせと提出しています^^

 

PAもシングアロングも、長〜い歌、テンポが早い歌、歌詞をいろいろ入れ替えて歌わないといけない歌、これら全てが詰まっている歌(笑)、、、など。難しい曲がたくさんありますよね。

余談ですが、私が未だに歌えない曲は【When you are at the zoo】。早い、舌が回らない、長いの3拍子!!!メロディは知り尽くしていても、未だ同じ速さでは歌えません(爆)この歌を、数年前に小学生になった長男が完璧に歌い上げた時(もちろん練習なしです!)はめっちゃ鳥肌が立ったのを今でも覚えています!

同じ環境で過ごしているけどまだ歌えない私をよそに、生粋のDWEキッズである長男は何もしていなくても(練習など)サラッと歌えるようになっていたのです。これぞ、毎日の積み重ねの成果!!子供と大人の違いはやはり大きいんだなぁと痛感。私も、いつか歌えるようになるかなぁ…(笑)きっと、生粋のDWEキッズである次男に先を越されるだろうなぁ(;’∀’)

 

うちの兄弟がYellowをパスしたのは4歳ちょっとの頃でした。2人とも、文字がすでに読めていたためどの曲でもちゃんと歌詞を間違えずに全て歌えました。しかし、幼いがゆえにCDと同じスピードで歌うのは難しいと言う曲はたくさんありました。

でも。DWEを当たり前に継続していると、ふとある時に今までできていなかったことが急にできるようになっていると言うことにハッと気が付くことがあるのです。

4歳の時にまだできなかった(CDと同じスピードで歌う)こと、8歳になった今ではいつのまにか普通にできるようになっていました^ ^

とってもとっても小さな成長ですが、(さらに、子供本人にとっては無意識だから実感も何もないのだろうけれど)もしかして、実は凄い成長なのでは?!と私は思うのです。

なぜならそれは、英語をペラペラと話すのに必要な何か(英語を口から出すリズム、美しい発音、舌が回る…etc?)が確実に身に付いている証拠なのだから!!

Cap課題の効果は、単にセンテンスがリピートできたり、歌が歌えるだけではないのですよね!自分の口から英語を出すこと。英語も日本語と同じように話せるようになるためにはとても大切な事です。Cap課題は単なる課題ではない事実。すごくないですか?^^笑

 

うちは、本当にDWEしかやっていない(留学、海外旅行、インター、英会話教室、オンライン英会話、全て未経験です!)ので、英語を話せるようになるには何をどのように出来ていなければならないのかの判断は全て、教材(Cap提出やTEBookレッスン)+WFCの先生たちと話す(TEPlaytime、イベントなどで)のみでここまで来ています。しかも、全て素人判断でもある。笑

素人ですが、兄弟が先生たちに対して明らかに伝わる英語を話していると言うのはなぜかものすごーーーく分かるのですよね^^(話している内容は分かりませんが。爆)

 

我が家はDWEWFCの先生たちへの絶対的な信頼のもとで当たり前に毎日取り組んで来てもうすぐ丸8年になります(^-^) ←両親そろって英語が出来なさすぎるので、我が家では信じるものがDWEしかない(笑)飽きる・飽きないではなく、8年前から我が家の生活の一部として普通に毎日触れて過ごして来ています。幼いがゆえに数年前にできなかったことは、心と身体が成長すると共に、より正確かつ確実に出来るようになってきています!これは、兄弟2人共に言えることです。

 

長男は今10歳。インプットも、アウトプットするのに必要な技術も、すっかり身に付いていて、当たり前ですが今が1番出来る!のですよね。

次男は、そんな長男と比べるとやはりまだ8歳。2歳も差があるのでその分まだまだです(笑)が!!長男の8歳の頃と比べると、似たような感じで身に付けて来ているんじゃないかなとも感じています。

DWEは難しい取り組みなどは一切ありません。出来ない何かにぶつかったならば、出来るように取り組みを工夫(わかってない箇所を含む教材を意識していろいろ使いながら多めに遊ぶ!など^^)しつつ、自然と出来るようになるまで時間をかけて待てば良いだけです。子供たちに、日本語を教えていないのと同じように、DWEも英語を教える必要なんて全くありません^ ^ 子供たちはみんな、母国語方式で自力で理解し少しずつ覚えて行くのですから!!!

ただし、出来るようになるまでにかかる時間にはかなり個人差があるので、我が子が出来るようになるまで毎日継続する事が大切だと思います(^^)

 

いくつになっても、我が子の成長は嬉しいものです(*´∀`*)

みなさんのお子さまも、これからどんな成長を見せてくれるのか、、、とっても楽しみですよね♬

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(∀`*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

DWEライフが我が家に与えた影響

DWEで英語を身につける(話せるようになる)ために大切な事とはなんでしょう?以下は、私の独断と偏見ですが(笑)いくつか挙げてみたいと思います。

*時間をかけて継続!!!

*勉強(予習・練習・復習と言う概念)ではなく、単純に習慣(毎日歯磨きするのが当たり前なように、DWEも習慣化)にしてしまう。

*「この方法が絶対ではない」ということを理解した上で周りを参考にし、我が子にはこれが合うかも?と思う取り組みからやってみる!でも、人(子供)にはそれぞれ個人差があるためそれを踏まえ、自分らしくアレンジすること(子供一人一人と二人三脚)が大事。いろいろ試してみて一番合う取り組み方を見つけて、あとは楽しむべし!!

*子供自身が英語を使うことは楽しいと思えるような毎日の環境作りをする!

など…かな?これらは良く見かけるオーソドックスな意見かも知れません(笑)でも。DWEを使うならそれくらいの気持ちで十分なんですよね^^気負う必要なんて全くありません! 友人からも「あんた、ホンマに英語あかんのやな(笑)」って言われるくらいの英語力な私ですら、DWEで使える英語を兄弟ともに身に付けさせることが出来たのですから(≧∀≦) ←謙遜などではなく、本気で出来ない私。汗

それともう一つは、DWE以外に手を出すのはDWEをマスターしてからでも決して遅くはないと言うことでしょうか。同時にあれこれ手を出して、結局どれもどっちつかずなんて事、日常でも良くありますよね(笑)DWEでそうなってしまってはもったいないですから、まずはDWEを完璧にする!と言うのも1つの方法かなと。ちなみに、我が家の兄弟は完全にこのパターンです∀`*)  DWEで確固たる土台を作り、その後から少しずつ興味の幅を広げていく。。。それは、アニメだったり絵本だったり映画だったり、純粋に子供の好きを優先すればGood(*゚∀゚*)b

私は、英語がわからないからこそDWE100%信頼し、教材の中身うんぬんよりもどうやって使えば兄弟は英語も日本語みたいに自然と覚えて行けるのかと言う所に注目していろいろ考えつつ、子供たちを観察してきました(笑)

その結果、オリジナル活用法は毎日、我が子を見て(観察して)いればきっと自ずと分かるようになる!と言う事に気が付きました!なので私は、ユーザーさんには安心して親子でDWEを楽しむことがおすすめです!!^^

 

また。現在小4と小2になった兄弟を目の前にし、改めて思い返してみると私たち親子がDWEで身に付けたものは実は兄弟の英語力だけではなかったことにも気が付きました!!

英語力以外にも身に付けられたこと。1つめは、私の、子供たちの気分を上手くのせて楽しく取り組みへ導くスキルです(=´∀`)∀`=) 小さい我が子はとっても気分屋さん(笑) 毎週のTE、毎月のCap課題録音、毎日のTACやマジックペンの取り組みなど全て!サクッと機嫌よくやってくれる日ばかりではありませんでした。が、やらない選択肢は元々ないので、毎日あの手この手で頑張ってなんとか習慣化させたのでした。

そうこうしている間に私は、DWEの取り組みを通して子供がどうやって言葉を身に付けていくのか(覚え方や仕組み?など)を知ることが出来ました。そして、それをそのまま学校の勉強に置き換えて考え、兄弟が小学校に上がる少し前から活用し上手く活かすことまで出来たのです!

長男が年中さんになる頃から、【小学校の情報】が幼稚園の先輩ママさんたちからチラホラ聞こえてくるようになりました。そこでいつも、「うちは私の判断でDWEを始めたのだから兄弟が将来的に勉強で苦労するなんてことはあってはならない」と漠然と思っていたのですが、ある時ふと、あれ?もしかして、子供がDWEで英語を身に付けることも、勉強して知識を身に付けることも、基本は同じなのではないか?と思ったのでした。

英語だろうが勉強だろうが、①継続②習慣化③学び方を自分らしくアレンジ④楽しいと思える環境 が大事!!

そこで、我が家では兄弟がそれぞれ小学生になる少し前(年中・年長さんくらい)から上記にあげた4つの「英語」の部分を「勉強」に置き換えて取り入れ、DWEと同じように意識して毎日少しずつ取り組むようになって行きました。勉強といっても 幼稚園の間はパズルやクイズなどで遊ぶ程度でしたが(笑) 毎日少しでも机に向かう習慣がつけられるように、DWEライフで身に付けたスキルをここでもフル活用!!もちろん無理やりではなく、いつでも楽しくゲーム感覚でがポイントです(^^)v おかげで兄弟は、この頃からすでに机に向かうことが習慣に(=´∀`)∀`=)

小学校に上がってからもこれを当たり前に継続できた(厳密にいうと、学校の担任の先生たちが「楽しく勉強して賢くなろう!!」と子供たちに言い続けてくださったおかげです^^)ので、ほどなくしてそれは、勉強習慣へと自然にレベルアップして行きました☆

 

小学生になると、子供たちは毎日をとても忙しく過ごします。勉強に運動、先生や友達との付き合い、習い事も含め、毎日何かしら新しい事を学び続けているのですよね!我が家はDWEユーザーなのでもちろんDWEタイムも確保していますし。

朝早くに登校し、子供たちが家に帰って来くるのはもう夕方。当然ながら疲れているし、学校で1日頑張って来たのに、さらに家に帰ってまでまた頑張りたくないのが本音な子供たち。でも宿題は待ってはくれないし、やらなければいけないのも自分でちゃんと理解している(これも、先生のおかげです!)。子供ながらに日々、葛藤です(笑)

しかし。DWEで、習慣化してしまう(歯磨きのように、やらなければなんとなく気持ちわるいと感じるレベルまで)スキルを一緒に身に付けた私と兄弟。(←身に付けた事の2つめです!)幼稚園時代から毎日机に向かう習慣を少しずつ付けてきた&子供たち自身もすでに「やらないとなんか気持ちわるい感じがする」ようになっていたのが良かったのか、学校から帰宅したらすぐに宿題!!が、入学早々から自然と当たり前に。

我が家では勉強も英語と同じようにゲーム感覚で楽しめるよう工夫しているつもり(ただ、私が兄弟が好きそうなワークを買ってくるだけ。笑)なのですが、私がこんな発想になれているのはDWEノウハウが私にしっかりと染み付いているからなんですよね!

勉強はやらないといけない。ならば、少しでも楽しめるようにすれば良いのでは?!だって、できる!わかる!!が増えれば面白い!!!になるし(=´∀`)∀`=) って言う感じです。めっちゃ単純(爆)

だけど。この、単純な事こそがなかなか出来ないんですよね〜(^^;)

だから!!そんな我が家には、時間をかけてでも何とか習慣化する(母ガンバル継続(親子で楽しむいつの間にか身に付いている!(子供たち成長♬)と言うパターンが1番だったりするのです。

 

兄弟が、このパターンで成功している(習慣化し身に付けた)もの。

*英語力

*学習習慣

*筋トレ&柔軟性

3つ。我が家的には十二分な成果(笑)

 

コツコツ楽しみながら続けること自体が習慣化していれば、それもいつか兄弟の強みになるのでは?!との願望を込めながら(笑)これからも兄弟を観察していきたいと思います( ^ω^ ) DWEで身に付けたノウハウは、私の育児の中でとても画期的なスキルとなりました(=´∀`)∀`=) それくらい、DWEライフが我が家に与えた影響は大きいと言うことです^ ^ 

 

ありがとうDWE~!!!

 

 

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(∀`*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

子供の成長

子供の成長の画像

↑↑↑

これは、5年前の私の記録の一部です。 次男が3歳になった頃のもの(^^)

なんでも覚えて、自分からそれをそっくりそのまま真似して声に出す時期!!

と言うのが長男も次男も、どちらも同じようにあったのですよ^^

次男の方が時期が早かった(月齢が低かった)のはたぶん、スタート時期が長男より次男の方が一年以上早かったから。つまり、インプットが貯まるまでの時間(2000時間)はだいたい同じでも英語のアウトプットは月齢でみて次男の方が圧倒的に早かったという意味です(´▽`*)

 

一番近くで兄弟を見ていて、こう言う現象がこれ以外にもいろいろあるため!!私は、使い方次第でみんな同じように習得できると思うのですよね!!

 

こんな風に子どもたちの成長を観察し違いや共通点を見つけることが、いつしか自分の育児の中での大きな喜びの1つになっていました(^^) DWEはお勉強ではありませんよね!!私はずっと育児の一環と言う位置づけでDWEを生活に取り入れてきたので、子供たちそれぞれの成長を1つ1つ見つけるのがいつもすごく楽しみだったのです( *´艸`)懐かしい~

 

みなさんのお子様にも、こんな風な現象、、、いろいろありませんか?(*^^*)

子育てしていればきっと、今後もこういう発見はどんどん増えていくと思います!!子供の成長に気づく時って、親としてすっごく楽しいし嬉しいですよね♬ 生活の一部としてDWEも取り入れて、日々成長を楽しみながらなら、10年でも15年でも続けられそうな気がする単純な私でした(笑)

 

 

 

 

「シャドーイング」を「シャドウイング」と書いている5年前の自分が、今よりもさらに素人感丸出だなぁと自分で笑ってしまいました(笑)

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(∀`*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

ZAM(ジッピー&ミー)は会話導入にピッタリ!!と思う件。

DVDはさすがにもう見ていません(インプットが十二分に貯まっているため)が(笑)CDは、未だかけ流している我が家^^先日、何気にCD音声に耳を傾けてみるとフロギーとバニーの会話がとても分かりやすくて面白い上に、上手に歌に繋がっているって言うのを改めて実感し、「そういえば、次男がまだ赤ちゃんだったころは私と長男で。次男がおしゃべりするようになってからは兄弟と私で!!DVDCDを見聞きしながら真似っこしてたくさんたくさん遊んだなぁ(*´`*) 3人でしたかくれんぼ、可愛かったしめっちゃ楽しかったな〜♬」と懐かしい記憶がよみがえってきました^^

DWEメイン教材で基礎を固め(メインのインプット&TACやマジックペンを駆使して英語を自分の口から日常的に出す)ながら、プラスαで大好きなフロギーとバニーの真似っこをして会話する!さらに兄弟同士や私と遊んだ後に、TEとかで先生たちにも覚えたフレーズを使って自分から話していたりして。そんな発見をする度に『子供ってすごい!なんて柔軟なんだろう!!』とめっちゃ感動していました(笑)そのおかげで、子供の言葉の覚え方ってこんな風なんだなぁと知ることも出来たのでした。

 

そうそう!うちはZAMと一緒にPAも使っていました(^^) 飽き防止と、フロギー&バニー繋がりで(笑)付属のおもちゃやパペットを使って、親子でいっぱい歌って真似っこしていっぱい遊んで(^-^) その中で3コーラス以上歌える歌(PAで)があったら、後日、遊びながら録音してそれをCapに応募したり^ ^

育児もDWEも…といろいろ大変だったけど(笑)覚えた歌を自信満々に歌ってくれる姿がとてもとても可愛くて♡やっぱり、「すっごく楽しかった(*≧∀≦*)」って思うのですよね(´▽`*) 

 

私は、DWEをやっていたおかげで兄弟が日本語と英語の両方を覚えていく過程をじっくり観察しながら育児することが出来ました(^^) あの、かわいい時期に2倍の楽しみがあり私のモチベーション維持にも一役買ってくれたのでした!!

 

また。DVDCDで自分と同じくらいの子供たちが出てくるのもすごく良かったなとも^ ^ 兄弟は、それを見て「英語は大人(WFCの先生たち)だけが使うものではない」と言うことを自分で知ることができたからです!これ、結構重要だなと子供たちを見てきて思いました。子供は環境に敏感ですから(^_^)

 

DWE。本当に副教材も合わせて、知れば知るほど良くできているなぁと思わされます!!

 

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(∀`*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

DWEのゴールは英語を話すことではない

うちはDWEを始めた際に、兄弟二人共がまさかこんなにも英語を話すようになるだなんて夢にも思っていませんでした。

子供たちが心から安心して過ごせる自宅で親子で毎日全力でDWEを楽しみ、無理なく基礎(英語の土台)を築き、さらに英語を話すことの楽しさをWFCの先生たちが惜しげもなく教えてくださった結果が今の兄弟なんだと思います。

練習したり、勉強したりは一切なく。ただただ毎日楽しく遊んできただけ。

DVDを見たり、カード(TAC7枚、Q&A2etc)をしたり、マジックペンでゲームをしたり^^しっかりと時間(うちは今、7年半ちょっとです。)をかけて。暗記ではなく言葉として定着するまで継続する事が言語習得のために重要なのではないかと思います。

 

最初は、教材がドーンとやって来るのでその量に圧倒され「これ、本当に使いこなせるのかな(・・;)」と不安になったりもあるかと思います。(私も思いました。)しかし。1年、2年と言う短い期間ではなく。5年、10年と時間をかけて、日々の習慣として当たり前に積み重ねていけば、誰だって練習なんてしなくてもDWEをマスター出来ると思いませんか?10年あれば、DWEの教材の量は決して多くはないはずです^^

英語は言語。コミュニケーションツールの1つですよね。年続ければ身につくではなくて。大きくなるに連れて、最終的には自分の意思で一生向き合って行くもの(やらなければ大人でも忘れる)ではないでしょうか。

 

うちの兄弟が大きくなって来た今も英語がわかるのは、DWEを始めてからずっと1日も欠かさず毎日当たり前に英語に触れ続けている環境があるからだと思います。

DWEだけだと語彙が少なすぎる。DWEだけだと年齢なりにペラペラ話せるようにはならない。など、いろいろと耳にはしますが、そもそもDWEはそんな教材ではないんじゃないかなと思うようになって来ました。DWEで英語ペラペラになるではなく、子供たちが母国語(日本語)を習得するのと同じように英語も自然と習得する手助けをするためにDWEを使うのではないかなと。その結果、DWEキッズは日本語を話すのと同じように英語も話すようになる。(この感覚は、もしかしたら文章を読むだけでは伝わり難いかも知れません。)

 

単純にDWEを信じて普通に使っていけば、教えなくても子供たちはみんな必ず出来るようになると私は思っています。なぜなら、DWEは子供が自力で理解して言葉を獲得していけるよう開発された教材だからです。

同じ教材を使っていて個人差が出るのは、家庭環境がみんな違うからに尽きると思います。保育園、幼稚園、専業主婦、共働き、子供の性格、得手不得手、、、など。挙げだしたらきりがありませんよね。当たり前ですがみんな違う!だからこそ、我が家なりの、さらには我が子一人一人に合わせた使い方で活用し続け、我が子がマスターできるまで時間をかける必要があるのではないでしょうか。人と比べても無意味です。毎日同じ環境で過ごしている兄弟ですら、一人一人違うのですから(^_-)

赤ちゃんが、教えなくても日本語を話せるようになるのと同じ事が、DWEを活用し遊んでいくだけでできるのです。DWEを一つずつマスターして行けば、大きくなるのと比例して自然と子供たちの興味の幅(英語の)もどんどん広がって行きます。子供たちは日々成長していて、どんどんいろいろな事に興味を持つようになるからです。

DWEの環境が当たり前にある家庭だと、子供たちは日本語と英語の両方の言語で様々なものに興味を持つようになって行きます。

子供が成長して行く上で、様々なものに興味を持つようになることはごく普通の現象ですよね^^DWEキッズたちは日本語と英語の2倍、興味を持つようになりますよ!

うちの兄弟は残念ながら?特別でも天才でも全くない、ごくごく普通の、いや、普通すぎる小学生です(笑)

ちょっと違うところと言えば、ずっとDWEを継続していて、自宅に英語が当たり前にある環境で毎日生活し続けていること。そんな中で、年齢が上がるに連れて自然と移りゆく興味の対象(本を読んだり映画を見たり)に、ただただ熱中している(ただし、その言語が日本語と英語の両方であること)だけ。

 

英語を話す事がゴールなのではなく。子供たち自身の考えと言うか、自分が何をしたいのかが大切なのではないのかなと思う、2019年の夏でした。

 

 

 

 

夏休みもあと1週間です!!今年も長かったーーー(笑)

すでに、親子共に学校が恋しい我が家です(≧◇≦)

また。今月中旬頃から、鼻血が出まくっていた兄弟。二人とも恐らく先週がMAXで、ただくしゃみをするだけでブァッシャーーーと一瞬で血まみれになるほどに(゚Д゚;) 先週は連日この状態だったのもあり、これは流石に出すぎだと思いかかりつけの耳鼻科へGo!!飲み薬と塗り薬を処方していただき、早速服用。次の日から、何週間かぶりに鼻血の出ない穏やかな日々を過ごせています。ありがとう病院(いや、先生)!!!( ;∀;) と言っても、まだ2日くらいしか経っていないのですが。何とかこのまま落ち着いて、鼻の粘膜が復活してくれることを願っている所です(^^;

鼻血以外は、ケガや病気をすることなく元気に過ごせたので良かった(^^)v 最後まで気を抜かず、元気に新学期を迎えられるようラストスパート頑張ります(´▽`*)

 

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(∀`*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』