小学生

【兄弟は本当に英語が話せるんだ】と思う時

未だに、普段我が子たちが英語を話している様子を目にすると「すごいなぁ!良いなぁ!」って思う私(笑)なんと言うか、DWEのおかげで我が家では【子供たちが英語を話している様子】というのは10年前から普通にある光景(もちろん今とレベルは違います)でもあるので、ある程度は見慣れてはいるのですがふとした瞬間に「あれ?なんかめっちゃ喋ってない?」とか、「今、すんごい長いフレーズ話してたよな?」って感じる時があります。そう言う時に必ず【二人は本当に英語が話せるんだなぁ】と改めて思うんですよね。

正直、何話してるのかなんてさっぱり分からないし(笑)良くそんなにスラスラと英語が出てくるもんやな(゚∀゚)なんて思いますが。【本当に英語が話せる】と感じるのは、TEで先生たちとおしゃべりしている時に(え?そんなに話せたの?!)と驚いたり、兄弟で遊んでいるときに長ぁぁぁぁい英語を話しているのを聞いて(何話してるのかは分からないけど兄弟間では通じてるみたいで、とてもリズム良くすらすらすら〜って滑らかに話している!!)など思ったり。友達とSkypeしている時も同じですね。。。お互い英語が話せる同士の会話はとても滑らかで自然なんです。

これが仮に、兄弟/WFCの先生方/兄弟のDWE友達 英語わからない私 だったなら。絶対にこんな風に会話は弾まない。そもそも、分からない英語を理解するのに必死すぎて最初から会話にならないと言いますか(^^;) 本当に、全然違う!

DWEの歌が歌えたり、TACがスラスラリピートできたり、マジックペンでクイズゲームしている際にかなりの確率で正解を選べたり、DVDCDから聞こえてくる質問に対してパッと答えられたり、TEのブックレッスンで決まった質問に対して正しいフルセンテンスで答えられたり。これらも本当に凄いことではあるのだけれど、英語を身に付ける、自分で英語(言葉)を自由に操るとなるとやっぱり違う。

ずーっとDWEしかやっていない我が家。ABCクラブ・CFK含む英会話教室も、オンライン英会話も、もちろんインターなんかも全く経験なしなうちの兄弟が、こんなにも英語も普通に話せるようになったのはWFCの先生方とTEPlaytimeでおしゃべり、兄弟での会話、そしてDWE友達とのSkypeのおかげとしか言いようがありません。生粋のDWEキッズである兄弟には、英語ダメダメな私には分からない言葉(英語)の獲得方法が自然と身に付いていて、ネイティブの先生たちから、友達から、そして本や映画・アニメなどから新しい語彙や表現を無意識のうちに獲得し自然と使うようになり今に至るのかなと。DWEは、幼児向け教材ではありますが、今の長男小6・次男小4ともに(英語で話す)言葉が幼いとか年齢に見合った表現力がないとは全く思いません。2人とも(いや、2人のDWE友達もみんな!)、私の全く知らないような単語だったり表現を当り前に使ってネイティブの先生たちやお友達と対等に話しているのですから。もしかしたら、同年代のネイティブの子供たちと比べると多少幼い部分もある(語彙力が劣る)のかも知れないけれど。それでも。おそらく2人とも、ごく自然に話せてかつ意思疎通も問題なくとれると思います。

 

今、まだ兄弟にはネイティブの同年代のお友達はいないけれど。現段階ですでに外国に住む世界中の同年代の子たちと英語を使ってコミュニケーションが普通にとれる状況にあるってめちゃくちゃ素敵な事だと思うし、これから中学生高校生大学生になる上でどんな出会いやチャンスがあるかも分からない!!

そう考えると、勝手にワクワクが止まらない母です( *´艸`)

 

これは、DWEをやっていなければ

絶対に有り得ない現状です。

 

しつこいですが、我が子たちがこんなにも英語も話せるだなんて未だに信じられないし、心から羨ましい!私も幼少期から英会話教室ではなくDWEやってたら人生変わってたのかも?!なんて(笑)

 

DWEは初期経費は高い!!!けれど。10年継続して取り組んできた、ただそれだけで兄弟2人ともがこのレベルの実力を苦労なく身に付けられた(本人たちはDWEを楽しんでいるだけなので苦労や努力などはほぼないに等しい)と考えると安過ぎるとすら思えます。

(初期経費+月会費10年分)÷10÷12ヶ月÷兄弟2人分=数千円/月(我が家の場合)

これ、今通っているスポーツ系の習い事よりも安い金額です。一般的な週1の英会話教室と比べてもあり得ないくらい安い。。。

安い上に、リスニングは完璧。美しい発音・リズム良く言葉を紡ぎネイティブに伝わる英語を思い通りに何でも話せるスピーキング力、英字ばかりのチャプターブックが楽しめるリーディング力、聞けて話せて読めれば書ける!ので、ライティングもできる!!(DWEにライティングを伸ばす副教材はないのでライティングを強化するには自己流で取り組むことになりますが、0からでないだけでもアドバンテージは大きいと思います)これぞDWEマジック!!!

 

 

 

DWEスタートされたばかりのユーザーのみなさん!!

ぜひ、10年後を楽しみにまずは今を全力で楽しんでくださいね(^^)v

うちの兄弟が特別と言う訳では決してありません。兄弟だけでなく、うちのDWE友達はみんな同じように成長していますから☆

 

 

 

英語も話せるっていいなぁーーーー(´▽`)

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

毎週のテレフォンイングリッシュ!!

 

今回のTEもめっちゃ盛り上がって、すっごく楽しそうだったーーー!!!話が進むにつれてだんだんとテンションが上がっていく先生!!最後は兄弟より先生の方が声が弾んでいました(笑)ありがとう先生ーーー!!!

それぞれたくさんおしゃべりした後に私に代わり、いつもの褒め褒めタイム!!もちろん盛大に褒めてくださった(海外の方って、人を褒めるのめちゃくちゃ上手ですよね^^)のは嬉しかったのですが、兄弟とペラペラ話したナチュラルスピードのまま私にもいろいろ話してくださり、私。。。所々分からない( ;∀;) でも、凄い勢いでたくさんたくさん褒めてくださる先生!!!中でも、今回は長男のある言い回しがネイティブが使うようなものだったらしく興奮気味に教えてくださり私も∑(゚Д゚)ビックリ

しかし。。。

肝心のそのフレーズが、何だったのか全く聞き取れなかった残念すぎる私(爆)

私の英語力ーーー( ̄▽ ̄;)オイッ

 

と、とにかく!「とっても楽しい話ができて嬉しかった!!また次も2人と話したいよ(*≧∀≦*)」って言ってくれてたのは分かりました!笑

 

 

今日は繋がるまでに5分くらい待ったけど、待った甲斐があったなぁと心から思えた楽しい楽しいTEタイムだったなぁ(=´∀`)人(´∀`=) これだからTEも辞められない^^

我が家がTEを欠かさず続けられているのは、先生たちと話すのが楽しすぎるのと、通話料が無料って所が大きいなと改めて思いました(笑)

無料じゃなければ、スタートまでに5分も待てません(^_^;)

 

 

会員で良かったー!!!笑笑

 

 

来週もまた楽しみだ

 

 

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

2学期が始まって半月!!

大阪は先月25日から学校は始業式で、予定通りに2学期スタートとなりました。コロナ禍だった2回目の夏休みは、去年休校した時期と比べても意外と有意義に過ごせたかなと思います!やるべき事をきっちり終わらせた上で親子とも楽しく過ごせました^^ また気持ち新たにがんばるぞー!!!

 

さて。英語のお話。

今回は【小学生に英語は必要なのか】について私が実際に感じていることを少し書いてみようと思います。

【小学生に英語は必要なのか】このフレーズ、ネットニュースとかでも度々見かけます。いや、これずーっと前から見かけてるな(笑)去年、小学5年生から英語が正式に教科になったのをきっかけにますます大人の間で論争と言うか、意見の二分化が激しくなっていて。。。

 

今からの時代、英語くらい話せなければ世界に付いていけない。

英語は必須!

vs

英語なんて話せなくても日本で困ることは皆無。

そんな事より母国語である日本語をしっかりマスターすべき。

 

と、まぁだいたいこんな感じですよね。私的にはどっちの言い分も分かるけど。現実問題、やるもやらぬも子供本人な訳で。大人があーだこーだ言っても、それに伴い子供が出来る(英語も母国語のように自由に話せるくらいにマスターする)ようには絶対にならないもの。母国語(日本語)と同じレベルで英語をも身に付けるには、本人のそれ相応の努力が必要なのは紛れもない事実。特に日本人が英語をマスターするのは難しい(日本語と英語は全く無関係の言語で共通点がとても少ない言語であると言うこと)と言うのはみんなが知っている通り。単語、発音、文章のつくり方(文法)、どれを取っても日本語と英語は根本的に違う。だから、日本人にとって英語は難しいし、英語ネイティブにとっても日本語は難しいと言われているのですよね?

昔ながらの日本の教育を受けて来た大人にとって英語はとても難しい。(つまり私にとって、ですね。笑)では、今の子供たち(現役小学生)にとってはどうなのか?答えは、今の現役小学生にとっても私の時代(笑)と変わらず難しい教科である、というのが現実だと思います。普通に日本人として生きていたら、英語にふれる機会なんて皆無。なくても楽しく生きていけますから。そんな子供たちが5年生になったらいきなり他の教科と同じように成績をつけられるようになるのです。子供たちは3年生から「外国語活動」としてほんの少し英語に触れる機会があるけれど、そんなのは本当にお遊び感覚(じゃんけんゲームとかして遊んだり、ネイティブの言うフレーズを真似してリピートしてみたりするくらい)です。(兄弟の小学校は公立なので、私立は分かりません。)

正直、幼稚園児でも出来る内容ですよね。むしろ、真似して言うに限って言えば、幼稚園児の方が恥ずかしさがまだ少ないため小学生より上手かも知れません!笑。 そして、5年生になると急にリスニングメインのテストが行われます。CDの音声を聴いて正解を選ぶと言うもの。これって何もやっていない普通の日本人の子供たちにとって、めちゃくちゃ難しいのではないかと思います。全く知らない単語を聞き取らないといけない上に内容を理解して正解を選ばないといけないのですよ?事前に授業で触れているワードやフレーズばかりだとは思いますが、それを正確に暗記していなければ正解を回答することは不可能ではないでしょうか?

つまり、子供たちにとっては5年生になるとこれまでの教科にプラスして急に暗記教科が追加されると言う仕打ち。子供たち、本当に大変だと思います。(子供たちに教えないといけない先生たちはもっと大変かな。汗)

5からスタートし、中学高校と上がるにつれますます英語は必須の科目になる。教科としての英語スタートが小学生からになったけれど、現状はただただ子供たちの負担が増えているだけで、学校で習ったからと言って、日本語のように英語も自由に操れる子が増えるかと言われると、、、難しいだろうなと言うのが正直な感想でしょうか。。。

 

なので、うちに限っては幼少期からDWEで英語にふれてきて本当に良かったなと思いますね。高学年になりどの教科も学習内容が難しくなる中で、英語はやらなくても問題ないのですから。子供たちが小さい頃には特に恩恵は感じなかったけれど、子供たちが実際に学校という場所で他の子達と学ぶようになるのを見て初めて強く感じるようになりました。たぶんこれはこれからますます強くなって行き、最終的に子供本人が「やってて良かった!」って思うようになる日もそう遠くないんじゃないかなと。

 

そんな日が訪れるまで。楽しみに見守りたいと思っている私です( *´艸`)

 

 

先日、WFCのショップ案内を見ていたら新しいZippyの受話器&レコーダーなる商品が紹介されていて(^^) うちにいる、Zapメイトくんもずいぶんと年季が入ったなぁとしみじみ(笑)

2学期が始まって半月!!の画像

 

 

Let’s enjoy DWE♬

 

 

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(∀`*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

Capシステムの内容変更

先日、『10月以降のCAP応募方法変更と移行期間対応及び「CAPレコーダー」サポート終了予定のお知らせ』なるメールが届きました!

文字ばかりだし、めっちゃ長くてビックリ( ̄;)

内容を確認してさらにビックリ!!

TE capがなくなるだなんて、、

 

うちの兄弟と私がTEcapを含めcap課題(帽子をもらうまで)に取り組んでいたのはもう6年くらい前。長男に至っては8年ほど前(笑)え?もうそんな前なのか(・・;) そんな兄弟に「TE capやったの覚えとる?」って聞いてみたら、

全く記憶にない!』

って。え???ってまた思ったけど、よくよく考えたらそりゃそうか。私。。。子供たちにCapCapシステムについて教えた(説明した)こと、1度もないんだった。そら知らんわ。笑     うちの子たちにとってはTEcapBook lessonもフリーカンバセーションも、どれも毎週先生たちと楽しくおしゃべりするものBook lessonはクイズゲームだと思っていたような。笑)って言う感覚で、本当に普通にそれ以上でもそれ以下でもなく(笑) そう言えば、いつも子供たちには特に何も告げず毎回私が勝手に「今日、TECapで!!」って先生にお願いして、1人でドキドキしながら様子を見守り、TEの最後に先生から「Pass!」って言われて「おぉ!子供たちの英語、通じてるんや!」とか「質問に対する答え方、合ってたんや!すごっっ!!」って喜んだりしてたんだったなぁ。ドキドキわくわくしていたのは親である私だけという(爆)二人ともCap課題もBook lessonも練習した事がないので、子供たちの記憶にも今までに(DWEで)自分が何かを頑張ったと言う意識も全くなく(笑)その結果、今のような反応になるのは、、、当然か( ̄∀ ̄)

 

と言う事で。何の役にも立たない我が子たちの反応の情報は置いといて(^^;; DWEキッズの親として、個人的には、正直、TE capはあった方が良かったなって思います。英語は言語なので、ネイティブ(と言うか英語を話せる人)と実際に話してナンボ。機械の音声から聞こえる質問に答えるだけの一方通行な課題なら、ちょっと微妙だな、と。

でも、きっともう決定した事で。それを覆すのはたぶん不可能。それなら少しでも早く気持ちを切り替え、前向きに受け止めて。今までTEcap課題だったレッスンをこれまでのクオリティを維持したままこれからどうやってクリアしていくか(課題を提出していくのか)を考えて、自分ならどうするかと言う事を少し書いてみようと思います。

私だったなら。。。

毎週のTEの中で「プラクティス」として先生とのリアルなやり取りを動画に撮り、それを応募(新しく出来るようになるらしい動画応募)するの一択

かな。TEcapと違い、その場で結果は分からない&撮った動画をウェブサイトから応募する手間が増えるけれど。今までと同じ状況を維持する(私が一番大切に思っている「子供たちがネイティブに伝わる英語を話しているのかどうかを知りたい」と言うところ)ために面倒でも譲れないな、と思います。

 

時代に合わせて教材も変化していく。

十数年前はまだSBSがなくて、当時のユーザーさんはBasicABC’sというレッスンCDでレッスンしていたそうです。(尊敬しているDWEの大先輩談)

うちがDWEをスタートした時にはすでにDVDになっていて、さらにその10年後くらい(つまりは最近)ではBlu-rayにまでなりました!

ぶっちゃけ、CDのみでレッスンした方がDVDでレッスンするより難しい(CDだと映像のヒントが全くないため)ので子供たちが身に付けられる英語力は低くなるんじゃないのか?と思ったこともありました。が、子供たちはみんな言語を覚える天才(母国語である日本語、教えなくてもいつのまにかみんな自由に話せるようになりますよね!DWEも母国語方式なので私は ’’身に付け方は同じ’’ と考えています)なので、DWEで英語の基礎を確実に身に付けた後は、先輩方の英語力と遜色ないのかも?と思い直しました。DWEで基礎を身に付けたDWEキッズたちは、教えなくても自力でグイグイ伸ばしていけるのだと我が子たちを通じて知ったことも大きいです。DWEは幼児教材。DWEスーパーキッズと言えど、たかが小学生です。それくらいの年齢の子たちの英語力だと考えると、DWEのみでも十分なんですよね。DWE以外に何もしていなくても右に出る子はいない!これが今の日本の公立小の現状です(^^)

子供は日々成長していて、中学生、高校生、大学生になるにつれもっともっと自分で学んでいくようになるはず。おのずと英語力も上がって行きますよね!永遠にDWEのみなんてスーパーキッズは1人もいないと思います(笑)

教材やシステムが変化していっても。DWEメゾットにそって親子で工夫してDWEライフを継続して楽しんでいけば、これまでの先輩ユーザーさんたちと同じように我が子に高い英語力を身に付けさせることは可能であると私は思います!!DWEメゾットとは、WFから用意されているシステムにそって取り組めばみんながみんな同じように高い英語力が身に付けられるもの!!なんて代物なんかではありませんよ。いかに我が子に合わせて取り組み方をカスタマイズし、我が子流(我が家流)に継続的に活用した後に初めて身に付けられるもの。持っている教材と用意されているシステムを、自分の家で子供たちとどうやって活用してやるのか!!!ではないかと私は思います(*^^*) DWEのみならず、たとえば学校とかで同じ教科書を使って同じ授業を受けているはずなのに子供たちの理解度に大きな差が出るのと同じです。同じ家に住み、同じ環境で育っている兄弟ですら得手不得手が違うのです!みんなが同じやり方で取り組んでも同じような結果(効果)が出るとは考えにくいと思いませんか?

 

どうせやるなら。

子供1人1人に合わせて、その子が理解しやすいように、その子が覚えやすいように、

取り組みを工夫するほうが効率が良いに決まっていますよね(^^)

 

 

 

さぁ!!!今日も

Let’s enjoy DWE♬

です(^^)v

 

 

 

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(∀`*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

子供の『できない』を『できる』にし、さらにそれを伸ばすのは非常に難しい

長男と次男で同じ環境にて同じように育てて来ているつもりでも、元々の本人たちの得手不得手が全く違うのもあり親の期待通り同じようには育って(出来るようになって)はくれないのが現実で(笑) 『できない』を『できる』にする取り組みもその都度、1人ずつアプローチ方法が違う。

DWEに関しては『できない』を『できる』にする事は私の中では可能なことでした(^^) なぜなら、長男の取り組みの際にDWEを使いまくり、DWEの仕組みや使い方などを深く理解できるようになったからです!!子供が使う教材を親が理解することは、その内容を身に付けさせるためにはとても有効な手段だと思います。

問題は、DWEのその先(笑) 英語が分からない親である私にとってもうこれは致命的(^^; 子供たちがDWEをマスターした時点ですでに私の英語力より遥かに高いそれを身に付けているのです。そんな私がその先に上手く導けるはずもなく、、、。今現在もあれこれ模索中!!!、、、な期間がめっちゃ長い(苦笑) 本人任せと言えば聞こえが良いですが、私が不甲斐ないだけ(^▽^;)

二人の学校の勉強に関してはまだギリギリ教えられる(笑)し、そもそも日本語なので辛抱強く付き合っていられる!!小学生の親6年目と言うこともあり、今では各教科の面白そうなドリルを探し当てるのが私の趣味の1つになっているくらい( *´艸`) ←本屋さんであれこれ見て探すのが楽しい♬ なのですが、英語は、、、、(´;ω;`) 何もできないのがもどかしい。。。

でもこんな風に子供たちの事で悩んであれこれ考える時間も私は割と好きなんですよね( ̄ー ̄)ニヤリ

子供たちはやれば出来るようになるけれど、やらなければ出来るようにはならない。うちの兄弟は私が目をかけていればそれなりに伸びるけど、目を離すと停滞します(笑) 私が見ていないと、適当にサボるから(^-^; 子供あるある。笑

やらないのは楽で簡単だけど、それが続くといつまでたっても出来るようにならないんですよねぇ。当たり前なのですが(笑) だからうちは、子供たちとたくさん話して『自分(子供たち自身)はどうなりたいのか』を毎回確認し、定期的に発破をかけるようにしています(笑) できないことをできるようにすると言うことは、結局は本人の努力と意思が必須なわけで。誰かが代わりにやってくれて伸びる訳ではないのですからね。

何事も継続していれば、少しずつでも前進しているハズ!!たとえ遠回りになったとしても、無駄なことは何一つない!!!

だから、迷走しつつ(笑)しつこく子供たちと伴奏している私!!これから思春期に入り、「ウザい」とか言われるようになるまではまだまだ全力で付いていこうと思っています(^^)v いくつになっても子供としっかり話して、同じ方向を向いて歩んで行けるよう私も努力していかなければ!

子育てに教育にといろいろ難しいけれど、そこがまた楽しい!!子供たちを通じて自分も一緒にまだまだ成長出来ると良いなぁ(*^-^*)

 

 

 

 

『子供英語タイムズ』も、たまに読んで参考にさせていただいたり(*^^*)

やっぱり子育ては楽しい( *´艸`)

 

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE♬

 

 

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(∀`*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

DWEって不思議な教材

普通、ふつう?(笑)通信教材って子供の年齢や学年ごとにその都度教材が自宅に届いて、そこから定期的にテストや課題を提出したりして習得具合をチェック。出来なかったことは復習をして、、、と、だいたいこんな感じですよね。

 

DWEは、通信教材のようでそうじゃない?のかな?ちょっと表現し辛いと思います(笑)

 

DWEは教材の全てが最初に全部届き、一応順番はあるけれど基本、何から始めてもOK!さらに、習得までの期間も特に決まりはなく。良く言えばずっと自分のペースで出来て何もかもが自由である!!悪く言えば?(悪いのかな?)家庭まかせでアバウトってところ?でしょうか(笑)締め切りや期限がある訳ではないので、DWEの効果が目に見えて現れるまでの期間や現れ方など本当に十人十色でさまざまなため、我が子が今どんな状態なのか全くもって分かりにくい。これは、親である私が英語が苦手なのも原因であると思います(^^;; 英語が分からないから、子供たちが今どれくらい習得出来ているのか判断がつき難い。。。なので私の場合は、WFCの先生方がTEとかで褒めてくださること(お世辞じゃなくて本当に褒めてくださっていると)を心から信じるのみしかありませんでした(爆)あとはCap課題を提出してPassすれば=習得と捉えるようにしていました。

ただ、Cap課題にPassしても具体的に「○○がきちんと出来ているからパス!」などのコメントなどは一切ない(笑)ので、何がどんな風に出来ているからパスしたって言うのがさっぱり分からず今に至りますが、こう言うところはDWEがアメリカ風って事なのかなぁ?なんて。私は典型的な日本人なので、「アクセントやイントネーションが(アメリカ英語において)正確」「発音がクリア」とか、Cap課題を通して具体的に何が良いのか知りたいと思ってしまうのですがそう言うのは元々一切ないので(爆)TEPlaytimeでネイティブの先生たちが褒めてくださる褒め言葉をただただ素直に受け取るようになりました。

 

必要な教材は最初から家に全てある。それをやるもやらないも自由だし、

1日に何をどれくらいどんな風にやるのかも自由。

Cap課題もTEPlaytimeも、イベント参加も全てユーザーの自由!!!

なのにこれらをしっかりガッツリやって、

数年後に子供たちが得る英語力は文句なしにめちゃくちゃハイレベル!!!!

って、え?こんな教材って他にある?!って改めて思ってしまいます(笑)

 

一般的な通信教材も、申し込み後にやる・やらないは自由と言うかユーザー次第ですよね。そこはDWEも同じなんだけど、、、文字で表現し難いですが、何か、、、ちょっと違うんだよなぁσ(^_^)

この感じ、、、伝わりますでしょうか?(≧∀≦)

 

一般的な通信教材は一方通行(課題を提出したらそれを評価してくれるけれど、直接顔を見て質問したり話したりはできない)ですが、DWEはそうじゃない。自宅で取り組むのが主にだけど、WFCの先生たちとはDVDECとかの^^)を使って自宅のテレビで会えたり、TEしたり Playtimeしたり、さらにはイベントで実際に会えたりもする分グッと身近に感じられユーザーである私たちが孤独を感じることが少ない気がしました。この『先生たちとの繋がり』が我が家にとってはとてもとても大切なものです。『子供たち(と私)とWFCの先生たちとの絆』。これがあるからこそずっとDWEユーザーでいることが出来ているのですよね(^-^)

 

通信教材でもなく、英会話教室でもなく、スクールなんかでもないDWE。本当に不思議だけれど。親が英語ができないにもかかわらず、自宅で親子で毎日楽しく遊ぶだけで、他の何よりも、確実に、そしてめちゃくちゃに実力が付くと言うのは間違いありません!!!

普通、通信教育は年齢や学年に合わせて教材がかわりますがDWEは全部同じ。と言うことは、いつ始めようがDWEPAを含め全てが必要だと言うことなのなと。例えば、小4で単純なたし算・引き算のドリルが必要な子はほぼいないと思いますが、小4まで全く英語に触れたことがない子だとしたら私はDWEを選択するならPAも必要だと思います。PA=赤ちゃん用と捉えられる場合が多いと思いますが、私はそうではないんじゃないかなって。要はどの教材も、年齢に合わせた使い方をすれば良いと言うこと。DWEを完全マスターする上でPAも必要不可欠な教材なのです。DWEは母国語方式で言語を習得していくもの。普通の学習のような、「もう歳(赤ちゃん・幼児でないの)だから、我が子にはこの教材(PAとかZAMとかカード類とかマジックペン類だとか)は必要ない」と言えるような教材はDWEにはありません。DWEを修得するには全て必要(最低限卒業できるセット以上が)なんです。

私が思うに、これらをしっかり理解していれば周り(DWEユーザー同士)と比べて焦る気持ちも起こりにくいのではないかと。

子供が幼児期小学生と成長するに連れてだんだん親は、DWEユーザー同士(DWEWFCという狭い狭い世界)で我が子を他の子と比べると言うことがいかに無意味であるかに気付くことになって行くと思います。

子供にとって英語が全てではないと言う現実を目の当たりにするようになるからです。

小学生になると、英語以外の教科を中心に毎日学校で学習するようになります。当然、定期的にテストがあり、それも含めて総合的に判断されたのち成績がつく。うちは特に、普通に公立小に通っているため学校では「英語」よりも断然「日本語」で受ける授業の方が圧倒的に多い。(と言うか、ほぼ100%日本語なのが普通。さらに、英語の授業レベルも中身も、いろいろな意味でまだまだな内容であるのは間違いないのが現実)日本の学校では日本語が出来なければ学校の授業にもついていけないし、それ以上を目指すならなお必然。

今時の小学生は忙しいです。毎日、毎日、本当に時間がない。

学校の学習に加えて高学年から英語がスタートとなると、子供の負担は相当なものになると思います。うちは子供たちが小さい頃からのDWEユーザーであるために、高学年(長男)になっても今までの生活にさらに英語の学習時間を加える必要が全くないくらいの英語力をすでに身に付けているため、引き続き英語以外の4教科に全力を注げています。今現在まだ小学生な我が子たちには理解仕切れていない部分もありますが、子供本人にとってもかなり大きなアドバンテージであり、将来的(高校受験・大学受験)に考えても間違いなく「DWEやってて良かった!!!」と思える事柄であると親である私は一足先に実感しております。ずっとDWEをやっているから今、他の教科に時間が使える。これは、やって来なかった子には到底真似できない事です。

 

子供たちが将来受験する時に戦う相手(ライバル)は同級生。しかも、中学・高校までは住んでいる地域のって言葉も加わりますよね。全国各地にいるDWEユーザーなんかじゃありません。そもそも、DWEユーザーに勝ちも負けもありませんし(笑)

スイミングに通えばみんながオリンピック選手になれる訳ではなく。他にも、ピアノを習えば全ての人がトップクラスのピアニストになれるわけでもない。同じように、塾に通えば絶対に成績upが約束される訳でもなく、英会話教室に通えば全員必ず英語が話せるようになる訳でもないのと同じようにもちろん、DWEも購入したからといって必ず身につく訳でもないのは明白。

 

要は、それらをどうやって活用するか。

そして何より一番重要なのは継続。

出来るようになるまで毎日継続し、できるをどんどん積み重ねて行く!

 

私は、これに尽きると思っています。

周りより一歩も二歩も前を歩んでいる優秀なお子さんたちはみんな、普通では到底真似できないレベルの努力を毎日当たり前にしていると私は考えています。スポーツ系の習い事にしろ、学校も、塾もしかり。みなさん決して行かせっぱなし、先生方に全てを丸投げなんて事は絶対にしない。通わせつつ、プラスαで我が子をしっかり観察し、足りない部分を上手く家庭でサポートし続け、見守っておられると感じています。「そりゃ、お子さんは優秀なハズだわ( ̄;)すごっっっ!」と誰もが納得する程ではないかなと。

私も常々そうなれるように頑張りたい!!と思ってはいますがなかなか難しい部分でもあるのですよね(笑)母、頑張らなければ(^^;;

 

我が子が来年春に中学生になる母の、これまでの子供の成長と今とこれからをあれこれ考えてまとめてみた現在の気持ち(心境)です。

DWEをマスターするまでは、DWEWFCと言う狭い世界がとても広く感じ、その分、自分の視野は狭まるのは普通です。でも。子供が小学生になり、DWEだけの世界から飛び出すと、目の前に英語だけではどうにもならない世界が突然現れます。国語・算数・理科・社会!(もっと言えば、体育、音楽、図工、道徳なども)得手不得手はありますが、どれも最初は子供にとっては難しい教科です。どれもこれもがんばる必要がある!ここにさらに、いきなり英語がプラスされるのが現実。。。

 

 

今時の小学生は公立・私立に関わらずみんなそれぞれ大変です。

時代はどんどん変わっているのですよね。

小学生以上のお子さんをお持ちの方のブログが少ないのも、

こうした背景があるからなのかもしれません。。。

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE♬

 

 

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(∀`*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

少し間が空いてしまいました( ̄▽ ̄;)

が、我が家はみんな元気です^^ その間に2度目の緊急事態宣言出てしまいました( ー;) でも、緊急事態宣言が出てもあまり生活は変わっていない(なんせ、ずーっと自粛してる感じなので)です。もともとスーパーに買い物行くのも数日おきだし、ショッピングモールとか外食とかも必要がある時以外は一切行かず。ただ、今回は学校も習い事も感染対策をしっかり守る中で継続。それが救いと言うかなんというか。それ以外はみんなずっとお家にいます。去年から継続していろいろ自粛している庶民はこれ以上どうすれば良いのか、、、。毎日の楽しみは美味しい食べ物を食べる事くらいでしょうか(爆)私は先週は、手のかかる料理をまとめてたくさん作って家事を楽しました(*゚∀゚*) 今週もまだ残りがあるのでちょっと楽です(^.^)

今回はなるべくストレスをためないようにしたいなぁ。。

 

お家時間が確保されているので、兄弟の英語タイムもバッチリ(^-^)v 新しい事(取り組み)は特にないけど、今までの積み重ね(つまりは継続)はしっかりできているので心配はありません!今月のTEも、去年の振替分を合わせるともう3回参加しました☆

新年早々から先生方もお疲れ様ですよね!本当にありがたい(^^)

 

今はコロナでどこにも行けないような大変な世の中ですが、DWEユーザーさんは逆に「お家時間を有効活用!!」ってポジティブに捉えてDWEを進められると良いんじゃないかなと思わずにはいられません^^ 時間は無限にある訳ではないので、やれる時に少しずつ進めるのはとても有意義だとこのコロナ禍で強く感じています。DWEだけしゃなく、学校の勉強なども同じかなぁ?とも。やるとやらないとでは、、、きっと数年後にはもの凄い差になります!^^ 私はそう信じて子供たちと日々、向き合っています。

 

みなさん、がんばっていらっしゃいますか?

我が家も引き続きがんばります(˃̵ᴗ˂̵)و

 

また。冬休みスタートから力を入れ始めた子供たちと一緒に読書すること。

楽しみながら続いています(=´)=) そしてそして。

少し間が空いてしまいました( ̄▽ ̄;)の画像

我が家にもついにこのシリーズが(((o(*゚▽゚*)o))) 今、主人公たちと兄弟の年齢的にちょうど良く、ストーリーにすんなり入り込めてめちゃくちゃ面白いらしいです^^ うれしいーーー(*≧∀≦*) DWEを始めた当時、私が大好きな映画の原書を子供たちが自分から読む日が来るなんて夢にも思いませんでしたから。むしろ、そんな事はあり得ないと思っていた(笑)

 

たった9年でこんな事になるだなんて!!!

うちは本当になにもかもがDWEさまさまです^^

 

 

引き続き、読書を楽しみつつもっともっと興味を広げていけたらなと思います!

子供の成長ってすごい(≧▽≦)

 

 

引き続き気を引き締めつつ、元気に楽しく過ごしていきたいです。最近は、お天気が良いとなんだかほっとします(笑)

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE♬

 

 

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(∀`*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

WFCのサービス

テレフォンイングリッシュ

毎週欠かさず続けているテレフォンイングリッシュ!!うちは男の子兄弟ですが2人ともとってもおしゃべりです^^私に似て(爆) だから毎週のTEも大好き(^^)

昔から、私は育児に追われる(自分がいっぱいいっぱいになる)とすぐ曜日を忘れてしまうので(^^;; 月初に毎日必ず見るカレンダーに全て予定を書き込み絶対に忘れないようにしています!今も(笑)

私たち親子がTEが大好きな理由は↓↓

*英語で話せる(通じる喜びを感じられる)

*先生と共通の話題が見つかれば驚くほど盛り上がる(好きを共有できる)

*子供たちと話し終えた先生が私に「ものすごく楽しかった♬」「兄弟とまた話したい!」っと言ってくれること(子供たちの英語が通じているんだと実感できる)

とかでしょうか^^めっちゃ普通ですが(笑)この普通が長く継続できている理由なのかも?普通って、、、良いですよね〜(*≧∀≦*)

我が家にはこんな風にささいな幸せを感じながら地味にコツコツっていうのがよく似合うと思っています(˃̵ᴗ˂̵) めっちゃ普通すぎる一般庶民(英語に関しても、DWEの教材以外にほぼお金はかけられない。笑)ですから(笑)

 

改めまして。電話で英語が通じるって本当にすごい事だと思いませんか?!私の英語は未だにあまり通じない(言いたいことがあっても全く言葉が出て来ず、詰まりに詰まって結局単語で繋ぐ情けなさ(TT))のですが( ̄;) それに比べて子供たち!昔から怖気付くことなくガンガン話したいことを好き勝手に話しまくる、なんとも勇ましい(笑)大きくなって来てからは、ちゃんと会話が成立しているのがさらに頼もしい^^会話内容はよく分からないけど、とにかく子供たちも先生もいつも楽しそう!!!私的にはこれが一番大事なんです^ ^

小さな楽しみを積み重ねて大好きにする

これこそが、我が家のDWEの醍醐味(≧▽≦)

 

 

子供が小学生になると、幼少期と違い英語に割ける時間は本当に僅かになります。今年から5年生以上で英語が教科になりましたがコロナ禍にある中で淡々と進んでいる、、、と言う感じです。でも、教科になったと言うことは=テストがあり、当たり前ですがその結果も踏まえて評価される(成績がつく)ようになっています。算数や国語と同じように。なので高学年ではみんな何かしら対策(勉強するとか)を取る必要がありますが、小学校レベルならばDWEキッズに対策は必要なく。兄弟は今のところ他の教科にすべての時間を割けています(*^^*)

幼稚園児と小学生では何もかもが全然違います。何より子供本人が、学校の勉強(宿題とか)と自分がやりたい遊びを中心に優先的に時間を使うようになるからです。小さい頃と違って本人の主張が益々強くなる(成長の一環ですよね^^)のでなかなか親の思い通りには動いてくれなくなりますよね(笑)だから今、我が家ではこの『すでにほとんど無いに等しい時間』に何とか英語タイムを滑り込ませ現状を維持している次第です。(うちの時間の使い方が下手なだけかもですが。笑)

長男の学年のお友達には学習系の習い事に通っているお友達も多くいるみたいでみんな忙しそう。さらに運動系の習い事までしていたら本当に毎日時間がありません。うちは4で運動系の習い事があります。毎日の学校からの帰宅時間も夕方4時頃がほとんどでそこから習い事に出かけ、終わったらいかに早く寝るかと言う戦いの日々(笑)

そんな忙しい毎日の中、予約とかもしなくて良くて、自分の好きな時間に合わせて毎週無料で利用できるテレフォンイングリッシュは我が家にとっては本当にありがたく、めちゃくちゃ素晴らしいサービスだと切に思うのです(*^^*)

 

休校が明けて普通に学校に通う日々が戻って来て早数ヶ月。休んでいた時間の埋め合わせをするために子供たちに負担がのしかかっているのをずっと見ていて、「本当に毎日忙しいな。子供たちみんながんばってる!!」って思う今日この頃の私でした。

 

WFCのサービスの画像

今朝、いつもより5分早く起きて私に朝ごはんを準備してくれた二人(*^^*)ありがとう☆

Playtimeで先生と約束したらしいです(笑)

また、先生に報告しないとね!!!

 

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(∀`*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

兄弟の国語力と英語力

現在小5と小3のうちの兄弟。二人とも英語と日本語、ともに全く困ることなく話しますが

兄弟の英語力が母国語である日本語を上回る事はない

と私は思っています。今までもそしてこれからも兄弟が日本で過ごす限り決してないと。

うちの兄弟は、ごくごく普通の日本人です。一般的な日本の幼稚園に3年通い、その後、公立小学校に進学。今後も普通に日本の中学・高校・大学へと進学予定です。(一応。笑)つまり、ずっと日本語環境で勉強し続けると言うこと(当たり前ですが)。そんな兄弟が、英語>日本語になるなんて、、、ありえません(笑)

母国語>第二言語 

これからも兄弟ともにそれぞれ日本人としてのアイデンティティを確立し、成長して行く。そんな中で、大事なのは学習言語能力と磨くことではないかと思うようになって行きました。でも、どうやって??

今現在、兄弟はまだ小学生なので先の事はどうなる(どうやって習得して行くかの過程)のか分かりません。が、2人を見ていると、もしかして子どもの第二言語能力は第一言語能力によって決まってくるのではないか?と思うようになってきました。簡単に言うと、本人が日本語で説明できないことは、外国語(英語)で説明できるわけがないと言うこと。

逆を言えば兄弟は今、日本語で説明できる事は英語でも当たり前に言い換えることができるのです。私的にとても興味深い現象だと思っています!!!

 

英語の本を読み、そこから知識を得てそれを日本語で(自分の言葉で)表現できる。さらに、日本語の本を読み、得た知識を英語でも自由に表現できるだなんて、私からしたらまさにミラクル(笑)何でそんなことが出来るのか?オカシイやろ?!(←私の心の声。爆)

 

私は、英語がペラペラ話せることがカッコいいのでは全くなく、英語という一つの手段を使って自分の考えを自由に表現することができることの方が遥かにカッコ良いと思います!!!

 

以上を踏まえて、子供の年齢と共に英語のレベルをあげたければ、日本語のレベルをあげる必要がある。つまり、日本語力が上がれば、英語力も自然とUPする?!

小学生になった子供たちを数年見て来て、今、この辺りにたどり着いた次第です。だから、うちの兄弟には学校の勉強をがんばって欲しいと思う、親としての勝手な願望を持っている私(笑) 勉強をがんばって学習言語能力が上がれば英語も同時にまだまだ伸びるのではないか!?!?

この先どうなっていくのか、、、ますます興味深いです!

 

兄弟は今はまだ、特に英語の勉強はしていません。頑張っているのは、日本語でする勉強(学校の勉強)のみ。勉強をがんばる事で少しずつ日本語で深く考えられる(思考できる)ようになって来ています。おそらく、そのおかげで第二言語である英語にも良い影響が現れている(DWEで習得した基本的な英語レベルのままではなく、それを元に好きな本や映画などからどんどん新しい言葉や表現力を吸収し続けていて、今も年齢なりの表現ができる)のではないかと思っているのです。

DWEできれいな発音と流暢さを身に着け、文章の読み書きもできるようになり、相手(ネイティブ)の言っていることは9割程度理解でき、表現の手段の一つとして英語が使えるようになった。さらに、語学に対して積極的な態度を持ち、日本人の平均を大幅に上回る英語能力を身につけ、今後資格や学校の試験に実力を反映させることができるようになって行く。

まさに、理想的!!!

現時点で兄弟に足りないのは『語学に対して積極的な態度を持ち』って部分かな(爆)もう少し大きくなったらそう言う意識も芽生えるんだろうか、、、(^^;) わかりません(笑)

もしかしたら子供たちが大きくなって来た今からは、母国語である日本語に第二言語である英語をいかに近づけられるか?!がポイントになってくるのかも知れません。

 

小学生を数年やってる2人を見ていて1つだけハッキリ言えるのはDWEと学業は両立できる!って事でしょうか^^ DWEをやっていれば公立の小学校英語で困ることはきっとないと思います!もちろん学校の勉強をする時間もきちんと確保できています(^^)v

 

母国語力も、英語も、勉強も、運動も全て。小さな積み重ねを繰り返してこそやっと少しずつ成果が現れるもの。さらに、高いレベルでの習得を求めるのならば、そのレベルに辿り着くまで継続し続けなければならないのは間違いありません。やれば希望があるけれど、やらなければもちろん何にもなりませんよね。

 

やるか、やらないか。

 

さらに

 

どれくらいやるのか、またはどれくらいなら妥協できるのか…。全ては各ご家庭の方針・価値観次第。ただし、やらなければいつまで経っても何も身に付かないのは必然。

 

 

これからもうちはうちのペースで兄弟をじっくり観察し、出来る限りサポートしながら見守って行きたいと思っています(^-^)v これは親である私の特権だな(*≧∀≦*)

 

もちろん毎日大変ではあるのだけれど、こんなに楽しい育児ができるなんて思ってもいませんでした^^ DWEとの出会いが私をこんなにも変えてくれたんだと思っています!

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』

『○○(期間)で☆☆が出来るようになりました!!』って言うのが苦手な私

みなさんも普段からよぉぉぉぉーく目にしますよね、こう言うの。

たった一週間で出来るようになりました!

ヶ月で☆☆Cap取得!

歳で文字が読めるようになりました!

とか、他にも、、、

二週間で10キロ痩せる!とか、たった2ヶ月でこんなにサイズダウンしました!とかいったダイエット系とかも、毎日毎日たぁぁぁぁ〜くさん目にしませんか?

こう言うのを見る度に、『なんだか苦手だなぁ』って思ってしまいます(^^;;

特に否定している訳でもまっったく無いのですが、人には何においても個人差と言うものがあり、いつ、何が出来るようになるかなんて本当に環境と本人次第な訳で。たとえば、他所のどなたかが○○期間で☆☆が出来るようになったからと言って、他のだれかがそれと同じ事を同じ期間やったとしても成果の現れ方は千差万別。同じような成果が見える人も中にはいると思いますが、そうじゃない場合の方が圧倒的に多いんじゃないでしょうか?もともと生活リズムも、習慣も、本人の性格も、取り組み方も、やる気も何もかも!!が、全く違うのですから。(学校の授業で例えるとわかりやすいですよね。同じ授業を同じ時間をかけて同じように受けているのに身に付くレベルは人それぞれ。)なので、私はそう言う方々のすばらしい成果は参考にする程度で十分だと思っています。ただ、成果が現れるまでのさまざまなアプローチの仕方やそのレベルにたどり着くまでのプロセス(方法など)は大いに参考にすべきかなと。全ての事柄において個人差が大きいのは子供でも大人でも同じですが、それ以前にどうやってそうなれたのかを知ることはどんなことでもどんな人でもとても大切なのではないかと思います。DWEだと教材を知っているのと知らないのとでは結果が変わってくるのと同じです。

 

言語習得も、学校の勉強も、スポーツの技術習得なども。(ついでにダイエットも。笑)継続しなければなかなか成果は見えにくいハズ。毎日過ごして行く中で得意だったり、不得意だったり、継続できない時もあったり、、、するのが普通です。重要なのは、いつ出来るようになるかではなく最終的に出来るようになっているかどうかって事じゃないかなと。そう捉えると、ライバルは昨日までの自分な訳だからよりマイペースに頑張れる!!我が家はずっとこんな感じ。

 

出来ないならば、出来るようになるまであれこれ工夫して継続。決して出来ない事を放置しない!そして最終的にはマスターする!!これを繰り返して積み重ね、ちりつもで底力を付ける!!!これが我が家のモットーです^^

 

子供たち(英語、勉強、運動)に関しては、私の中ではとりあえず大学受験までに出来るようになっていればOKなスタンス!2人が大学生になる頃には自分で判断し自分で頑張れるようになっていますようにと言う願望も兼ねていて(笑)兄弟が小学生である今は、そのための土台作り期間だと捉えています。この捉え方、実はDWEの取り組みと全く同じなんですよね(爆)どちらも土台作りは親子で楽しみながら母もがんばるけど、レベルが上がり(私の)手が届かないようになる頃には(もう手伝えないから)自力で伸ばして行ってねって(≧∀≦)

 

DWEから始まった英語も、学校の勉強も、運動系(家でやる筋トレとか。笑)も、、、子供たちと一緒にやる(って、私はほぼ隣で見てるだけですがw)のは正直とても面倒だけどその分、子供たちの事がよく分かるって意味ではすごく面白いなと思っています。

親子で無理なく、ストレスなく、出来るだけ自分で楽しみながら伸ばしていけるよう日々努力する(サポート含む)!結果は後から付いてくる(˃̵ᴗ˂̵)و ハズ!!

 

大学受験まで、今から数えても長男はあと7年半、次男は9年半ある!まだまだ出来ないこともたくさんある兄弟ですが、ここから逆算して1つずつできる事を積み重ねていってほしいです(^-^) 同じ環境で同じように育てているつもりの兄弟ですがビックリするくらいすべてが違いますから。これからも、それぞれの育児を楽しみながら二人三脚で前に進めていかなければ!(*≧∀≦*) これから来る思春期と付き合いながら、、、ですが(笑) 母、が、がんばる!!!

 

まだまだ育児を楽しむぞーー♬ もちろんDWEと共に(*^^*)

 

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE

 

 

 

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´*)*。゚+

英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!

↓↓↓

『子供英語タイムズ』