WFCイベント

アウトプットの場

子供たちは今までに海外留学なし、ABCクラブ・CFK含む英会話教室に加えオンライン英会話、インターなどのスクール、他教材の併用などを利用したことも一切なくDWEのみでここまで来ています。

遊んでいる時の兄弟の会話はほぼ英語なのですが。正直、私には兄弟が話している英語が本当に通じる英語なのかどうか(英語が話せる方にきちんと通じるのか)未だによくわかりません(汗)

それを唯一確認できるアウトプットの場と言えば、WFCのサービスである①週末イベント②Playtime③TE でのネイティブの先生たちとの会話。←と言っても先生に通じているのかを雰囲気で確認するだけですが。笑

①週末イベント・・・先生と直接会って話せる
②Playtime・・・自宅で画面越しに話せる
③TE・・・自宅で電話で話せる

と、どれもそれぞれに魅力があり子供たちは毎回楽しくおしゃべりしていますが親の私から見たアウトプットの場としての重要度は 週末イベント<Playtime<TE だと思っています。

①の週末イベントは、アウトプットの場と言うよりも参加型のショーを楽しみながら自宅で貯めてきているインプットの理解を深める効果のある場だと私は思います。たくさんのユーザーさんが参加する週末イベント。ショーがスタートする前にグリーティング(先生が子供たちにコミュニケーションを取りに来てくださる)があったり、ショーの終わりに写真撮影と少しのサインタイムが設けられていますが、これは参加したユーザー全員が限られた時間の中で平等に受けられるサービス(いわば先生方のお気遣い)。先生と面と向かって直接会話できる数少ない機会ではあるけれど、それ以前に最初からそこ(先生とおしゃべりすること)がメインのショーではないのだから、参加する側はショーと写真撮影+サインタイムが終わったらサッと帰る…というのも1つの大切なマナー。余談ですが、後に次の回があれば当然、先生やスタッフさんはその準備をしなければならないし、最終回だったとしても先生たちは早く片付けて帰路につかなければならないのですから。地方開催のイベントなら尚更ですよね(^_^;) 先生方のホスピタリティーは素晴らしいと思いますが、一方で参加する側も同じくらい思いやりをもって行動することができれば今後さらに良いイベントになって行くのではないかな…などと思ったり。。。

話が逸れましたが。これらを踏まえた上で考えても、週末イベントで個人的に先生とたくさん話したり…などはとてもじゃないけどできない(時間がない)のがよく分かると思います。なので、我が家では週末イベントは子供たちのアウトプットの場という位置付けにはならず。むしろ、今となっては子供たちの成長(こんなに大きくなって来ました^ ^ と言う報告のような。)を先生に見てもらうために参加する感覚に近いかも知れない(笑)たくさんのユーザーが集まる週末イベントではアウトプットに関して多くは望めないのが普通だと思うので、うちはこれくらいで十分ですが(^_^*)

 

次に②のPlaytime^_^
Playtimeのサービス(WEtv plus/月額500円)がスタートした時からずっと利用しているので、もうすぐ5年くらいになるのかな。画面越しにですが、先生の顔を見ながらおしゃべりできるのでとっても楽しいPlaytime。2人とも、それぞれ先生にしっかり話すからアウトプットの場としては我が家的にはバッチリ(^-^) なのですが、何と言っても時間が短い(家族単位で1家族およそ6分ほど)のですよね(笑)これも、みんなが順番を待っているのだから仕方がないのですが兄弟がそれぞれ話したい事を話し出すととてもじゃないけれど時間が足りなくて( ̄▽ ̄;)←二人とも話し出したらどんどん楽しくなって止まらなくなる!!ので、欲を言うならば家族単位ではなくTEと同じように兄弟一人一人にPlaytimeを利用する権利が欲しいなーと密かに思っています( ̄∀ ̄) そうすれば喧嘩にならないし、それぞれのレベルに合わせていろいろお話しできるのになー♡←今後のWFCのサービス向上に期待(笑)

 

最後は③のTE。。。
アウトプットの場として1番大切にしているのは毎週のTE(=´∀`)人(´∀`=) だったりします。これは、DWEを始めた頃から変わっていません^ ^

TEの良いところは、
*子供たちが1人ずつレッスンできる
*周囲を気にせず先生とマンツーマンでおしゃべりできる
*英語と言う共通のツールを使い世界各国から集まっているWFCの先生方から文化や価値観などさまざまな違いを直接感じとったり学んだりできる
*たまーにイベントに出演されている先生に当たったり、知ってる先生に当たると何もしなくても大いに盛り上がる(笑)
*イベントの先生じゃなくても、TEで何回か話したことがある先生に当たると先生が兄弟を覚えていてくださったりしてこちらも大抵大盛り上がりになる(=´∀`)人(´∀`=)

など。我が家にとってはもはやメリットしかないのがTE(笑)

時間がかなり限られている週末イベントやPlaytimeと違い、TEだと焦らずゆっくりと時間をかけられる!!それに、何と言ってもこの時だけは先生が自分だけにしっかりと向き合ってくれるのがすごく嬉しくて!!!毎週、先生と話すのを本当に楽しみにしている兄弟なのです^ ^ ←TEが繋がるとここぞとばかりにマシンガンのように話しまくる2人(爆)

英語はコミュニケーションツールの一つ。使ってなんぼですよね( ̄∀ ̄)
生粋のDWEっ子であるうちの兄弟にとっては、週に1度、毎回違う先生といろんなお話ができるTEはアウトプットの場として最適な場!!しかも、通話料も無料で家計にもやさしい(笑) 毎週どの先生が出てくれるのかわからないためドキドキワクワクしつつ、誰に当たっても楽しくおしゃべりできるようになってきている兄弟は間違いなくTEで会話力を鍛えられています!!

 

そんな訳で、自宅でDWE教材を使う+WFCのサービスをフル活用(アウトプット)だけでも十二分に効果があると実感しながら、日々のDWEライフを存分に楽しんでいる我が家なのでした\(^o^)/

 

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE♬

WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´∀`*)*。゚+
英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!
↓↓↓
『子供英語タイムズ』

週末イベント

週末イベントは子供たちにとってはもちろん楽しく歌って踊って英語で遊ぶところ(*≧∪≦)
また、私はもう一つ『生きた英語』を体験しに行くところでもあると思っています。

自宅で普段からDVDを見たり、CDで聴いたりしている『英語』と言う言語は、決して機械を通して一方的に与えられるだけの言葉では無いんだと本人たちに自分で気が付いてもらうことが私の一番の目的でした。
また、TEやPlaytimeのように電話越し、画面越しに話すだけでなく目の前で直接的にそれを感じ体験することができる貴重な場所なのだと(o^^o)

ネイティブの先生たちが目の前で当たり前のように英語を話し、またそこに参加しているたくさんのDWEキッズたちがそれを当たり前に受け止めている環境を知る。そして、そんな彼らと一緒に生きた英語を肌で感じながら過ごす週末イベントでの経験を積むことにより、『DWE(英語)を楽しんでいるのは自分だけじゃない』と子供たちは英語と言う言語も自分自身の中でそのまま受け止められるようになるのではないかと思います。これは日本に住みながら日本語しか話さない両親の元で生活している兄弟にとって、英語も日本語と同じように使えるようになるためにとても大切なことでした。

特に、幼稚園に通い出す年齢になり『園の先生もお友達もみんな、日本語しか話さない』と本人が自分で気が付いた時(本人たちの中で、これはきっとすごく大きな衝撃だったと思います。家で兄弟で英語を当たり前に受け入れて過ごして来たのに幼稚園では何かが違う!!と。笑)、これまでに参加して来た週末イベントで実際に体験した事柄は、本人たちにとってすごくすごく大きな意味があったのだろうと私は感じています。

英語は言語。単純にアニメや映画を楽しんだり、歌に親しむだけのものではありません。
目の前の相手とコミュニケーションを図るツールの1つなのです。

日本に住みながらインターなどではなくふつうの幼稚園、公立校に通うボーイスにとって、たまに参加する週末イベントでネイティブの先生と直接触れ合ったり、同じように英語に取り組んでおられるたくさんのお友達がいることを知るということは、とても重要なことでした。

幼稚園に入園するまでは、家でも外でも平気で英語で会話していた兄弟。それが2人とも、それぞれに自分が入園した際に「みんな(先生やお友達)は英語を話さない」という事実にある意味衝撃を受け、自分たちの意思で幼稚園では一言も英語を話さないようになっていました
それでも!!!
今までの楽しかった日々の経験から、自宅では英語、幼稚園(今は学校も)では完全に日本語でと自然と完璧に区別して使い分けて通すようになっていったのでした。

今思うと、もし小さい頃からの週末イベントや、TE、Playtimeでの楽しい体験が全く無ければ、兄弟が少し大きくなり、今の日本の『学ぶ(英語はまだ必要ない)環境』に飛び込んだ際に自分の中で英語を受け入れられなくなり英語は話さないという選択を自分の意思でしていたかも知れない。。。

親が英語を話せるわけでもなく、子供たち自身もインターに通っているわけでもない。加えて外注も一切なし。
そんな我が家では、自宅という限られた空間での狭い英語の世界を、子供たちの成長と共に広げていく必要がありました。そして、その役割を担ってくれたのが週末イベントだったのです。

 

週末イベントの効果はそれだけではありません☆
イベント中に、『ぼくこれ、知ってる^_^』 『わかる!!』 『たのしかった♬』 『先生ともっとお話ししたい!!』など、嬉しい前向きな気持ちをたくさん積み重ねることで子供たち自身の、日頃の取り組み姿勢に変化があったりも(((o(*゚▽゚*)o)))

例えば。
TEで週末イベントでお会いした先生に当たり、嬉しすぎて私が「そんなに話せたの?!」と驚くほど勝手にペラペラしゃべり出したり(笑)
Playtimeでも、大好きになった先生を予約してたくさんお話したりなど(*^^*)
教材と全てが連動しているWFCのサービスを利用し続けることで、WFCの先生たちは見事な手腕で兄弟の心を掴んで離さなくなる!!心を鷲掴みされた兄弟はどんどんどんどんWFCの先生たちのことが大好きになっていきました♡
先生と年齢は全然違うけれど、二人は先生たちはみんな友達だと思っています+゚。*(*´∀`*)*。゚+

 

小さい頃から親しんできたDWE。
自宅教材なだけでなく、アウトプットの場としても様々なサポートが充実しているからこそ、DWEキッズたちは英語も話すようになるのですよね(^-^)

 

近場で開催された時くらいしか参加しない我が家ですが(笑)
これからも兄弟が「行きたい♬」と言うならば、なるべく参加して一緒に楽しみたいなと思います(*´꒳`*)

 

 

 

 

Let’s enjoy DWE♬

 

Christmas show 2016

週末イベントには地元か実家近くでしか参加しない&同じイベントには基本的に1度しか参加しない我が家にとって、Christmas showは4年に1度の割合くらいでしか参加できないとてもとてもレアなイベントとなっているのですが。(オリンピックみたい。笑)

なんと今年は実家近くにて開催されたため、先日ばぁばを誘ってみんなで参加してきました(((o(*゚▽゚*)o)))
ユーザーになって来月で5年になりますが、やっっっと2回目の参加となりました(*´∇`*)
今年のChristmas showは、本当にめちゃくちゃ楽しくて最高でした☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

私は、クリスマスソングと言えばほぼCDでしか耳にしたことがなかったのですが。
このイベントに参加すると先生たちが目の前でクリスマスソングを歌ってくれるので自然と心が弾みます♫
やっぱり生歌はステキ~+.(*’v`*)+

 

ショーが進むと待ちに待ったサンタさんも登場し、先生たちと一緒にDWEソングを歌って踊って大盛り上がり(^^♪
DWEっ子にとって馴染みのあるDWEソングをサンタさんが歌ってくれる(しかもクリスマスバージョン)と言うことは、とってもスペシャルな感じがするんじゃないかなと思います!!
だって大好きなサンタさんがさも当たり前のように歌ってくれるのですから((^∀^*))

Christmas show 2016の画像

ずっと見ているだけでなく子供たちも、時には保護者も!!
みんな一緒に歌って踊って、ショーのお手伝いをしたりなんかもして(*^_^*)
先生たちの創り上げる夢いっぱいの世界へ飛び込みます(=´∀`)人(´∀`=)
子供たちはもちろん大人も夢中になりました♡
Christmas showは、2年毎に新しいストーリーになるようなのですが、我が家は今年は新しい内容で参加できました(o^^o)

 

最後にはサンタさんからとても心温まる演出もあり不覚にもじーんと感動して、泣きそうになった母です(っω・`。)

Christmas show 2016の画像

 

ボーイズは、サンタさんに直接お手紙も渡せたのできっとクリスマスの日には素敵なプレゼントが届くはず♡♡♡
Halloweenが終わったと思ったばかりだったけれど、サンタさんと先生たちのおかげでもう気分はすっかりクリスマス(*゚▽゚*)
私の中では、今年1番のオススメイベントとなりました(((o(*゚▽゚*)o)))♡

もしお近くで開催されるならばぜひ参加してみてください♡

 

 

 

Let’s enjoy DWE♬