1歳

2017/10/18

子供が寝ない!そんなときに効果的な対処法とは?

子供が寝ない!そんなときに効果的な対処法とは?-01

「夜、なかなか子供が寝ない」「早く寝かしつけたいのに、いつも遅くまで起きている」など、子供の寝かしつけで悩む声がよく聞かれます。そこで今回は、子供を早く寝かしつけるための対処法をご紹介します!「子供がなかなか寝つかない」と困っているママは、ぜひチェックしてみてください!

 

なぜ子供を早く寝かしつける必要があるの?

なぜ子供を早く寝かしつける必要があるの?

睡眠は、子供にとってとても大事なものです。

子供の成長を促す成長ホルモンは、夜間の睡眠時に分泌されることが分かっています。睡眠のリズムが乱れたり、夜間に遅くまで起きていたりして質のよい睡眠がとれないと、子供の健やかな成長に悪影響を及ぼしかねません。また、睡眠が不足してしまうと、昼間に眠くなって十分な活動ができなくなったり、機嫌が悪くなってぐずりがちになったりしてしまうことも考えられます。

子供に必要な睡眠時間には個人差があり一概に言うことはできませんが、幼児の場合は短くて1日10時間前後、長くて1日12~14時間ほどが目安となります。自分の子供の場合は一体どれくらいの睡眠時間が必要なのか分からないというときは、子供が機嫌よく過ごした日のトータルの睡眠時間を計算してみて、日々の睡眠時間の目安を探ってみましょう。

 

夜、子供を早く寝かしつけたいときの対処法

夜、子供を早く寝かしつけたいときの対処法

子供にとっての理想的な就寝時間は、午後10時前だと言われています。子供が必要とする睡眠時間や家族の生活スタイルの違いによって就寝時間は左右されるものですが、できれば午後9時前後に子供を寝かしつけたいものです。

望ましい時間に子供が寝ないときは、周囲の環境や日中の過ごし方に問題がある可能性もあります。以下は、子供の寝つきをよくするための3つのポイントです。

〇部屋の環境
部屋が明るいと目が冴えて、なかなか眠りにつくことができません。子供を寝かしつけるときは電灯を消して、部屋を暗くしましょう。また、子供が眠りに就きやすいように、ゆったりとした子守歌のCDをかけるのもよい方法です。

 

〇お昼寝の調整
夜に5~6時間くらいしか寝ない場合、お昼寝の時間を合わせると1日10~12時間ほど寝ていることがあります。これは、お昼寝が長過ぎたり、お昼寝の回数が多かったりして、夜の寝つきが悪くなってしまうケースです。

お昼寝がだらだら続いてしまうときは、歌のCDをかけて自然に目が覚めるようにしたりするなど、お昼寝をし過ぎないように工夫してみましょう。同様に、「車での移動中に熟睡してしまい、夜寝ない」というときは、車内で楽しめるDVDを見せるようにすると、昼間の眠りすぎを防ぐことができます。

 

〇昼間の運動量
運動不足で体力が余り、寝つきが悪くなるという場合もあります。日中は公園で遊ばせる、児童館や幼稚園・保育園の未就園児向けイベントに積極的に参加するなど、外に出かけたり、体を動かして遊んだりするように心がけましょう。

外に出かけるのが難しいときは、自宅でDVDを見てダンスをしたり歌を歌ったりすると、よい運動になります。英語のDVDを使うと、英語学習も兼ねて楽しむことができますよ!

子供英語の無料体験

ディズニーの英語システム」(DWE)は、ミッキーと一緒にダンスや歌が楽しめるDVDやCD がセットになった家庭用子供向け英語教材です。元気よく体を動かしながら、英語学習もできるので、日中の子供のアクティビティにピッタリです。無料サンプルもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

子供と一緒に英語を楽しみませんか?
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)