1歳

2016/10/17

外国の子供はいつから一人で寝るの?一人寝の意外なメリットとは

外国の子供はいつから一人で寝るの?一人寝の意外なメリットとは

外国では、小さい子供でも親とは別々の部屋で寝るとよく耳にしませんか?外国の子供はいつから一人で寝るようになるのか、ちょっと気になってしまいますよね。また、子供を一人で寝かせることには、どんなメリットがあるのでしょうか。

 

欧米では赤ちゃんのうちから子供部屋で寝る?!

欧米では赤ちゃんのうちから子供部屋で寝る?!

小さい子供が一人で子供部屋で寝るという外国の習慣は、日本人にとって驚きを感じるものかもしれません。日本には、パパとママの間に子供を挟んで「親子で川の字になって寝る」という表現があるほどで、親子が同じ部屋で寝ることはごく普通のことです。しかし、アメリカやイギリス、フランス、オーストラリアでは、日本のように親子一緒に寝る習慣がなく、小さな子供でも子供部屋で寝るのが当たり前となっています。

こうした国々では、産院から退院し自宅に戻った直後から赤ちゃんを一人で寝かせることも珍しくありません。ただし、最近では乳幼児突然死症候群や窒息の危険を避けるために、生後2~3ヶ月くらいまでは夫婦の寝室にベビーベッドを置いて、親子同室で寝ることが推奨されています。

 

赤ちゃんの一人寝を見守るモニター

アメリカやイギリス、フランス、オーストラリアなどの国々では、赤ちゃんを一人で寝かせるとき、変わったことがあったらすぐ気がつけるようにベビーベッドにモニター付きカメラを設置する家庭が多いそうです。

こうしたカメラは欧米では一般的で、最近では日本でも利用する人が増えてきています。灯りを消した暗い室内でも赤ちゃんの様子がしっかり分かる赤外線カメラ機能や、ママの声を聞かせることで赤ちゃんが安心する音声機能などがついたカメラもあり、とっても便利と評判です。これなら、赤ちゃんの安全確認をしながら一人寝をサポートすることができるので安心ですね。

 

赤ちゃんを一人で寝かせるメリット

赤ちゃんを一人で寝かせるメリット

アメリカやフランスでは子供の自立心を養うことをとても大事にしているそうです。赤ちゃんを親と別々の部屋で寝かせるのも子供を一人の人間として扱っているからであり、自立心を養うために必要なこととして捉えられているようです。

また、親子の寝室を別にすることで大人の都合に関係なく毎日決まった時間に赤ちゃんを寝かしつけられ、赤ちゃんの生活リズムが整いやすいというメリットもあります。赤ちゃんのうちは昼夜の区別がつきにくいものですが、一人寝だと就寝リズムもしっかり身に付きそうです。

親の立場からみても、一人寝だと赤ちゃんを寝かせた後は自分の時間をゆっくりとることができるので、育児から離れて気分をリフレッシュすることができます。赤ちゃんの夜泣きに悩まされることなくしっかり睡眠がとれるので、育児疲れに陥ったりストレスがたまったりすることも少ないのかもしれませんね。

 

子供と一緒に英語を楽しみませんか?詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)