0歳

2016/09/20

赤ちゃんはなぜ笑う?笑顔のメカニズムと赤ちゃんを笑わせる方法

赤ちゃんはなぜ笑う?笑顔のメカニズムと赤ちゃんを笑わせる方法

赤ちゃんの笑顔は本当にかわいいものです。赤ちゃんがにこにこ笑ってくれると、ママとしてとっても幸せな気分になりますよね。生まれてすぐの赤ちゃんは、まだあまり笑うことがありませんが次第に笑う頻度が増えていきます。赤ちゃんの笑顔のメカニズムや笑う理由とは一体何なのでしょうか。赤ちゃんを笑わせるコツもあわせてご紹介します!

赤ちゃんの笑顔のメカニズム

赤ちゃんの笑顔のメカニズム

実は、赤ちゃんはおなかの中にいるときや新生児の頃でも突然にっこり笑うことがあります。これは「生理的微笑」と呼ばれ、「天使のほほえみ」とも言われます。通常、笑いはうれしい・楽しいなどの感情や周囲とのコミュニケーションから引き起こされるものです。しかし、生理的微笑は情緒に関係なく現れ、本能的な反射のひとつとして考えられています。生まれながらにして赤ちゃんが笑う方法を知っているとは、何とも不思議なことですね。

生理的微笑は脳の発達とともに消失し、かわりに生後2ヶ月頃から「社会的微笑」が現れるようになります。社会的微笑とは周囲の人やものからの働きかけに反応して出る笑顔のことです。この頃から赤ちゃんが笑う頻度は、ますます増えるようになります。

赤ちゃんはなぜ笑う?

赤ちゃんはなぜ笑う?

では一体なぜ赤ちゃんは笑うのでしょうか。

生後2~3ヶ月頃の赤ちゃんはママや周囲の人の顔をじっと見つめ、相手がにっこり笑うとうれしそうに笑い返してくれます。また、赤ちゃんをあやしたりだっこしたりすると赤ちゃんの機嫌がよくなってにこにこ笑ってくれます。

赤ちゃんにとって笑うことは周囲とコミュニケーションをとるための大切な方法です。赤ちゃんは言葉を話すことができないかわりに笑うことで自分の気持ちを示し、周囲とコミュニケーションをとっているのです。

人とのコミュニケーションは赤ちゃんの情緒を育むうえでとても重要なものです。笑顔を通して赤ちゃんはうれしい・楽しい・おもしろいなどの感情を育み、情緒を身に付けていきます。情緒は他者への思いやりや協調性、社会性などの発達にも影響を与えるので、赤ちゃんがたくさん笑って育つように日頃から心がけていきたいものです。

赤ちゃんを笑わせる方法とは

赤ちゃんを笑わせる方法とは

赤ちゃんを笑わせるにはママがにっこり笑いかけたり、話しかけたりすることが効果的です。音のでるガラガラや手で握れるおもちゃで遊びながら笑うこともあるので、赤ちゃんのお気に入りのおもちゃを用意しておくのもよいでしょう。

また、ベビーマッサージもオススメです。ベビーマッサージは感覚神経を刺激し赤ちゃんの心や体の発達を促すのに役立ちます。赤ちゃんの手足や体をママの手でやさしくマッサージすると心地よい気分になり、声をあげて笑ってくれることもありますよ。

このように、赤ちゃんを笑わせるにはアイコンタクトや言葉かけ、肌の触れ合いが大切です。家族みんなで赤ちゃんに積極的に働きかけて、赤ちゃんを笑顔でいっぱいにしてあげましょう!

赤ちゃんと一緒に英語を楽しんでいるユーザーがいっぱい!
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)