マタニティ

2016/10/11

その英語間違ってるかも?!「マタニティ」の正しい意味と使い方

その英語間違ってるかも?!「マタニティ」の正しい意味と使い方

よく耳にする「マタニティ」という言葉。実は、その意味や使い方について正しい知識を持っている人は少ないかもしれません。マタニティの本当の意味や語源とは一体どんなものなのでしょうか。また、英語で「妊婦」や「妊娠しています」と表現するとき、どんな言い方をすればよいのでしょうか。

 

マタニティの意味

マタニティの意味

マタニティは英語で「maternity」となり、名詞では「母であること」「母らしさ」、形容詞では「妊娠中の」「妊産婦の」などの意味で用いられます。

マタニティを使った英語には、「maternity dress(マタニティドレス)」や「maternity clinic(産婦人科医院)」「maternity leave(出産休暇)」などがあります。

そもそも「maternity」の語源はラテン語の「mater(母)」です。英語の「mother(母)」や「maternal(母性)」も同じ語源となります。マタニティという言葉には「母」の意味が色濃く残っているのですね。

 

マタニティに似た言葉「prenatal(プレナタル)」 

マタニティに似た言葉「prenatal(プレナタル)」

「maternity yoga(マタニティヨガ)」は日本ではごく普通に使われている言葉ですが、英語ではあまり耳にすることがありません。もちろん外国にもマタニティヨガはあり、妊娠中の運動や体調管理の方法として非常に人気です。しかし、英語では「prenatal yoga」と呼ばれることが一般的。

「prenatal」とは「出産前の」「妊婦用の」などの意味があります。「prenatal exercises(妊婦向けエクササイズ)」「prenatal vitamins(妊婦用ビタミン剤)」など、マタニティとほぼ同じ意味で使われています。

 

「妊婦です」は「pregnant(プレグナント)」を使う

「妊婦です」は「pregnant(プレグナント)」を使う

「prenatal」と語源を同じくする言葉に「pregnant(妊娠している)」という英語があります。実は、英語で「妊婦」と言いたいときは「マタニティ」ではなくこの「プレグナント」を用いて、「pregnant woman」と言い表します。

また、「私は妊娠しています」と英語で伝えたいときも「I am pregnant.」と伝えるのが一般的な言い方です。

 

まとめ

マタニティという言葉はもともと英語ですが、日本でもすっかりおなじみの言葉となっています。日本語では「妊婦です」「妊娠中です」の意味で「マタニティです」と伝えても違和感なく受け入れられますが、英語で表現するときは別の言い方をするということが分かりましたね。

「I am pregnant.(妊娠しています)」

英語の正しい表現を知っておくと何かと役に立ちそうです。ぜひこの英語のフレーズを覚えておいてくださいね!

また、妊娠に関する英語表現だけでなく、胎教でも使える英語の歌なども覚えておくと、お子さんの英語学習に後々役に立ってきます。子供向けの英語教材を見ているうちに、自分の英語力も上がってしまったというママ・パパもいるようです。英語教材に興味が出た場合、ディズニー・キャラクターが魅力的な「ディズニーの英語システム(DWE)」の無料サンプルを試してみるのも一つの方法です。

楽しい英語の歌を聴いたり、可愛い絵本を読んだりしているうちに自然と英文を覚えられることが実感できますよ!

まとめ

無料サンプルにはCDや絵本だけでなく、先輩ママたちのリアルな体験談が読めるパンフレットも入っています。楽しいマタニティライフの参考にしてみましょう!

無料サンプルの内容は、『マタニティの方専用 お申し込みフォームページ』からぜひチェックしてください。

 

赤ちゃんと一緒に英語を楽しんでいるユーザーがいっぱい!
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)