マタニティ

公開日:2016年08月19日

マタニティブルーっていつ起こる?症状や対処法は?

マタニティブルーっていつ起こる?症状や対処法は?

マタニティブルーという言葉を耳にしたことがありませんか?女性にとって妊娠・出産は、人生の中でもビックイベント。しかし同時に、身体的・精神的な変化や負担もかかっています。そんなときに起こりやすいのが、マタニティブルーです。

マタニティブルーとは一体どんなものなのか、また、マタニティブルーになる時期や、なったときの対処法など、ママのためのお役立ち情報をお届けします!

 

マタニティブルーとは

マタニティブルーとは

マタニティブルーとは、妊娠中や出産後のママに見られる、心身の症状です。妊娠中は女性の体に大きな変化が表れる時期で、ホルモンのバランスも大きく変わります。また、産後は赤ちゃんを迎えることによって生活が一変し、慣れない育児への不安や疲れが重なって、情緒が不安定になりやすいようです。

体や精神、生活の変化などが原因で、イライラや不安、緊張、食欲不振、頭痛などの症状が起こることを、マタニティブルーと呼びます。

 

マタニティブルーになる時期

マタニティブルーが起こるのは、妊娠中や出産直後の1週間~10日くらいの間といわれています。

「何だか気がめいる」「泣きたい気分になる」「気持ちが落ち着かず、どうしていいのか分からない」「食事がのどを通らない」「物忘れしやすい」などに当てはまる場合は、もしかするとマタニティブルーかもしれないので、注意して過ごすようにしましょう。

 

マタニティブルーの対処法

マタニティブルーの対処法

マタニティブルーは、約80%のママが経験するもので、特別なことではありません。主な原因は、妊娠や出産によるホルモンバランスの急激な変化であり、時間とともにホルモンの状態が落ち着くことで、マタニティブルーも自然におさまっていきます。そのため、特に治療の必要もなく、できるだけ体をゆっくり休めるようにすると、改善していくことがほとんどです。

妊娠中はつわりに悩まされたり、おなかが大きくなって思うように体を動かせません。また、出産後すぐも体の調子が万全とはいえない状態です。そんなときは、何もかも自分一人でしようとせず、夫や家族に頼んだり、家事代行サービスを利用するなど、無理のない範囲で家事や育児に取り組むようにしましょう。

もしも、困ったことや悩みがあれば、家族や友人などに話を聞いてもらうのもいいでしょう。誰かに悩みを打ち明けると気持ちがスッキリしますし、解決策も見つかるかもしれません。辛いときは我慢せず、マタニティブルーかなと思ったら医師や助産師や保健師、看護師などにも遠慮なく相談してみてくださいね。

 

赤ちゃんと一緒に英語を楽しんでいるユーザーがいっぱい!
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)