2~3歳

2018/05/18

英語の質問フレーズで子供の英語の思考力を鍛えよう!

英語の質問フレーズで子供の英語の思考力を鍛えよう!
子供に英語の質問を投げかけて英語で思考するクセを身につけさせることができます。今回は、子供への質問に使える英語のフレーズをご紹介します!

子供に英語の質問を投げかけるとよいわけ

子供に英語の質問を投げかけるとよいわけ
人は思考するとき、言葉を使います。

例えば、動物の後ろ姿が描かれたイラストが目の前にあるとしましょう。それを見たとき、「あれは動物かな?」「何の動物なのかな?」「キツネかな?犬かな?」など疑問や想像がふくらみます。このように目で見て情景をとらえるときや、頭の中でものごとを考えるとき、それらを言葉と結び付けて情報を整理します。
また、そばにほかの誰かがいれば「あれは何かな?」と言葉を発して疑問をぶつけることもあるかもしれません。何気ない行動ですが、ここには「思考する」「言葉で情報を整理する」「発話する」「自分の思いを表現して人とコミュニケーションを取る」の4つの行動が含まれています。この4つにはすべて言葉が関わっています。

このことを子供の英語学習に置き換えてみましょう。

思考は、英語力を高める手段として効果的です。普段から英語に親しみ、英語のフレーズを聞き慣れていると、英語を使って頭に浮かぶものごとを整理することができるようになります。
例えば先の例でいえば、”Is that an animal?” 、”What animal is it?”、 “Is it a fox or a dog?”という風に英語で考えられるようになるのです。

このように英語で考えられるようになると、”What is that?”と「発話する」「自分の思いを表現して人とコミュニケーションを取る」というアクションも、自然に英語でできるようになります。

英語で思考するクセをつけることで、英語のアウトプットがスムーズになるのです。

そして、子供が英語で思考する機会を増やすよい方法として、親が英語で質問を投げかけるという方法があります。質問に答えるために子供は英語を使ってものごとを考え、相手に返事をするために英語を話します。頭の中で考えた英語を口に出すことによって発話の練習や英語への理解もさらに深まるでしょう。

英語で質問するときのポイント

英語を子供が主体的に身につけていくためには、考える力が重要だと言えます。英語で表現したいことや、英語でどのように表現したらよいかを考えることで、英語が身についていくからです。
子供の「考える力」を伸ばしていくためにも、ママやパパは積極的に英語で質問するように心がけてみましょう。その際、ただ質問するのではなく、いくつかのポイントを押さえるように意識するのがオススメですよ。

まずは、子供の興味を引き出す質問から始めて、食べ物や遊びについてなど、子供が好きなものに対して英語で質問するとよいでしょう。最初は子供が答えやすいように「どの食べ物が好き?」のような簡単な質問から始めて、徐々に具体的な質問をしていくことで、考える力を養うことができます。
質問して子供の答えを聞いた後には、考え方についても褒めるようにすることが大切です。子供が英語で答えられたことに対して褒めることもよいですが、「その答えをどうやって考えたのか」という部分にも注目して褒めるとさらに効果的です。
ほかにも、子供の感情を引き出すような質問をする習慣をつけてみるのもよいでしょう。例えば、アニメやDVDを観た後にどの部分が楽しかったか聞いてみたり、お気に入りの遊びについてなぜ好きなのかを聞いてみたりすることがあげられます。英語での質問を習慣づけることによって、自然と英語で自分の考えや感情を伝えることができるようになります。
このように、英語での会話を通して考える力と同時に英語で相手に気持ちを伝えるアウトプットの力も伸ばすことができます。そのためにも、ママやパパはなるべく子供と英語で会話して、質問するときには上記のポイントを意識して話すように心がけてみてください。

英語のフレーズで子供に質問してみよう!

英語のフレーズで子供に質問してみよう!
日常の中で子供への質問に使える英語のフレーズと会話例を、シーン別にご紹介します。ちょっとしたことでも英語で質問することを習慣にすると、子供が英語で思考することをクセづけることができますよ。

〇食事
“What do you want to eat for dinner?”(夕食は何が食べたい?)
“Which would you like to have for breakfast? Rice or bread?”(ごはんかパン、朝食はどっちを食べたい?)
“What do you want to drink?”(何が飲みたい?)
“Which would you like? Tea or milk?”(お茶かミルク、どちらがほしい?)

例)
ママ “What do you want to eat for dinner?”(夕食は何が食べたい?)
子供 “I want to eat pizza.”(ピザが食べたいな。)
ママ “Why do you think so?”(なぜそう思うの?)
子供 “Because I love it.”(それが大好きだからだよ。)

例)
ママ “Which would you like? Tea or milk?”(お茶かミルク、どちらがほしい?)
子供 “Milk, please.”(ミルクをお願い。)

〇遊び
“What’s your favorite game?”(あなたのお気に入りの遊びは何?)
“What’s your favorite book?”(あなたのお気に入りの本は何?)
“What kind of stories do you like?”(どんなお話が好き?)
“Which DVD do you want to watch?”(どのDVDを観たい?)
“What are you watching now?”(今、何を観ているの?)
“What are you drawing?”(何を描いているの?)
“Why did you want to draw it?”(どうしてそれを描こうと思ったの?)

例)
ママ “What’s your favorite game?”(あなたのお気に入りの遊びは何?)
子供 “I like tag!”(オニごっこが好き!)

例)
ママ “What’s your favorite book?”(あなたのお気に入りの本は何?)
子供 “I like Peter Pan.”(ピーターパンだよ。)
ママ “Why do you like that story?”(なぜそのお話が好きなの?)
子供 “I like it because Peter is very brave.”(ピーターがとても勇敢なところが好きなんだ。)

例)
ママ “Which DVD do you want to watch?”(どのDVDを観たい?)
子供 “This!”(これ!)
ママ “Why did you choose it?”(どうしてそれを選んだの?)
子供 “I feel like watching it today.”(今日はこれを見たい気分なの。)

例)
ママ “What are you drawing?”(何を描いているの?)
子供 “I am drawing a picture of animals.”(動物の絵を描いているんだよ。)
ママ “Why did you want to draw it?”(どうしてそれを描こうと思ったの?)
子供 “Because I like animals. I want to go to zoo.”(なぜなら動物が好きだから。動物園に行きたいよ。)

〇その他
“What are you doing now?”(今、何をしているの?)
“What do you want to do tomorrow?”(明日は何がしたい?)
“What do you hope to do in the future?”(あなたが将来したいことは何?)

例)
ママ “What are you doing now?”(今、何をしているの?)
子供 “I am reading a book.”(本を読んでいるよ。)

例)
ママ “What do you hope to do in the future?”(あなたが将来したいことは何?)
子供 “I want to be a teacher.”(先生になりたいな。)
ママ “Why do you think so?”(どうしてそう思うの?)
子供 “Because I like school.”(学校が好きだからだよ。)

子供の考える力を刺激する質問形式の教材

子供の考える力を刺激する質問形式の教材
英語で質問を受けると、それに答えるために頭の中で思考し、答えを伝えるために英語を話します。子供に英語学習を行うときは、こうした問いかけを通して学べる教材がオススメです。

例えば、自宅学習用英語教材の「ディズニーの英語システム」(DWE)には、イラストを見て、そこに隠れているキャラクターを探す質問形式の歌“Where Is Mickey?”があります。

“Where is Mickey? Where is Mickey? Where is he? Where is he?”(ミッキーはどこにいるのかな?ミッキーはどこにいるのかな?彼はどこ?彼はどこ?)という歌を聞きながら、部屋のどこにミッキーが隠れているのかを想像します。さらに、“Look behind the table. That is where he’s hiding.”(テーブルの後ろを見て。あそこが彼の隠れている場所だよ。)と、質問に対する答えが歌詞で続きます。

さらに、DWEではQ&Aカードという教材を使って、集中的に英語の質問に慣れることもできます。

Q&Aカードはカードリーダーに通すとネイティブの音声で英語の質問が流れるようになっています。500以上の質問文が収録されているため、子供が英語で考える力をじっくり養うことができます。

このような教材を活用することでも、子供の思考力を刺激しながら英語に触れさせることができますよ。

子供英語の無料体験
子供英語の無料体験

DWEには、教材を自宅で試すことができる無料サンプル無料サンプルもありますので、ぜひお気軽にご利用ください!

子供と一緒に英語を楽しみませんか?
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)