2~3歳

公開日:2016年08月29日

赤ちゃんのパスポート申請は早めが安心!いますぐ手順をチェック!

赤ちゃんのパスポート申請は早めが安心!いますぐ手順をチェック!

海外に行くときに必ず必要となるのがパスポート。パスポートは、年齢に関わらず人冊用意する必要があり、もちろん赤ちゃんでも外国に行くときは、パスポートを作らなければなりません。

パスポートは1度作ると、5年間有効となるので、早めに準備しておくと安心ですよ。赤ちゃんのパスポート申請の方法や手順、費用や時間についてご説明します!

必要な書類は?

必要な書類は?

赤ちゃんのパスポート申請に必要な書類は、以下のようになります。

・一般旅券発給申請書

・戸籍謄本または戸籍抄本

・写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル)

・赤ちゃんの本人確認書類(健康保険証と母子手帳)

・保護者の本人確認書類(運転免許証など)

まず「一般旅券発給申請書」ですが、これにはパスポートの有効期限が10年用と5年用の2種類があります。20歳以上だと5年用と10年用のどちらでも申請することができますが、未成年の場合は容姿の変化が大きいので5年用のみを使うと決まっています。そのため、赤ちゃんのパスポートを作るときも5年用で申請します。用紙は区市町村窓口で手に入りますが、窓口によって配布場所や方法が異なる場合があるため、事前に電話で確認しておくとスムーズです。

 

申請時や受け取り時の注意点

申請時や受け取り時の注意点

パスポートの申請は、申請者本人が行うという決まりがあります。しかし、赤ちゃんや子供は自分で行うことができないので、親権者であるママやパパが代理で申請することになります。申請書には本人署名欄がありますが、ここも赤ちゃんに代わって、保護者が記入します。

注意しないといけないのは、受け取り時です。パスポートの申請は保護者が代理で行えますが、受け取るときは代理不可となります。そのため、パスポートをもらうときは必ず子供を連れて行く必要があるので、注意しましょうね。

海外出産でパスポートを取得する場合

海外で出産する場合、生まれた赤ちゃんのパスポートも取得しなければなりません。出産後に戸惑うことがないよう、赤ちゃんのパスポートを取得する流れも事前に確認しておきましょう。

出産後、まずは、出産した国にある日本の公館(大使館など)に出生届を提出するか、本籍地の役所に出生届を郵送します。出生届が受理されて戸籍に記載されたら、戸籍謄本または戸籍抄本を取り寄せます。その後、必要書類がすべて揃ったら日本の公館でパスポートの申請をするという流れになります。
注意すべき点は、出生届を提出してから戸籍謄本を取得するまでに時間差がある点です。海外に滞在する日数が足りなくなったりしないように、事前に自治体に電話してどれぐらいで戸籍謄本が手に入るか前もって聞いておいた方が良いでしょう。

また、パスポートの申請をする際に必要な書類は、出産した国によって異なることがあるため、これも事前に日本の公館に問い合わせておきましょう。余裕を持って確認・準備しておくことで、スムーズにパスポートを取得することができます。

写真撮影の方法

写真撮影の方法

パスポート申請では、縦45ミリメートル×横35ミリメートルの写真も準備することになります。

写真には規格が定められていて、「6ヶ月以内に撮影したもの」「正面を向いていること」「無背景であること」「顔の縦の長さは、写真縦の7080%」などの条件があります。赤ちゃんの目が閉じていたり、抱っこしているママの体が写り込んでしまうと、使用不可となってしまいます。

まだお座りができないうちは、無地で淡い色のシーツの上に寝かせ、真上から撮影した写真を使っても大丈夫です。自宅で撮影するのが難しい場合は、写真屋さんにお願いするといいでしょう。

写真屋さんで撮影するときのポイント

申請に必要な写真は、デジカメや携帯電話で撮影した写真でも良いとされていますが、規定に合うように赤ちゃんの写真を撮るのは難しいものです。その場合は、プロである写真屋さんに撮影を依頼しましょう。
店舗によっては、ママが赤ちゃんを抱っこしたまま撮影してもらえるところもあります。しかし、すべての店舗が対応しているわけではないので、撮影前に問い合わせてみましょう。対応している店舗の場合でも、年齢や月齢が制限されていたり、事前の準備が必要だったりすることもあるので、確認してから依頼するようにしてください。

費用や時間はどのくらいかかる?

東京都の場合、12歳未満の新規発行申請手続きでは、6,000円の費用がかかります。このほか、戸籍謄本発行手数料、写真撮影費用などを合わせると、7,000円~8,000円前後が必要になると思われます。

また、時間については数週間かかるとみておきましょう。必要書類をすべて用意するのに数日と、申請から取得までに1週間~3週間ほどかかることがあります。

受け取りには赤ちゃん本人を連れて行く必要があります。風邪をひいてしまったり、タイミングが合わなかったりして、なかなか行けずに思いのほか時間がかかってしまったというケースもあるようです。赤ちゃんのパスポート申請は、時間に余裕をもって早めに手続きを済ませておくと安心ですね。

 

赤ちゃんと一緒に英語を楽しんでいるユーザーがいっぱい!
詳しくはコチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)