4歳以上

公開日:2018年08月22日

子供の英語学習で効果的な上達法!5つのポイントと4つのステップ

子供の英語学習で効果的な上達法!5つのポイントと4つのステップ

子供の英語教育にはコツがあります。学習の5つのポイントを踏まえ、4つのステップに沿って進めていくことが効果的です。ここでは、英語を好きになり、楽しく効率的に英語を学習できる上達法をご紹介します。

参考:子供の英語を上達させるヒントをもっとチェック!
英語の自己紹介でアウトプットする力を高めよう!英語の自己紹介でアウトプットする力を高めよう!

子供の英語を上達させるヒントをもっとチェック!

<目次>
子供の英語は何歳から始めると上達する?
上達法1.英語を「聞く」
上達法2.英語を「読む」
上達法3.英語を「話す」
上達法4.英語を「書く」
効果的に上達させる英語教材セット
早くから英語学習に取り組んでいきましょう

子供の英語は何歳から始めると上達する?

子供の英語は何歳から始めると上達する?

英語を上達させるためにはいつごろから英語を始めればよいのでしょうか?
また、英語学習の基本となる5つのポイントをご紹介します。

英語学習を始めるのに最適な時期

実は言語の習得は、なるべく早い時期に始めたほうが上達しやすいという特徴があります。その理由は、「脳の成長」が原因です。人間の脳の成長は、生まれたばかりの頃から3歳頃までがピークです。3歳頃までに大人の脳と比べて約80%まで脳は成長します。そして、脳の中でも特に重要なのが、神経細胞ニューロンの数です。一度ピークに達したニューロンの数は、年齢に従って減っていき、増えることはありません。そのため、幼い子供のうちはたくさんの刺激を受け、ニューロンを活発化することが大切なのです。
このような理由から、英語などの外国語を効率的に習得するためには、なるべく早い時期から始める必要があります。つまり、英語学習は、始める時期が早ければ早いほど上達しやすいと言えます。

参照:シナプス・ニューロン(脳)は3才で80%、6才で90%が完成

英語を上達させるためのポイント

1.勉強ではなく、楽しんで学ぶ

子供のうちから英語を身につけるためには、何よりも「楽しんで学ぶ」ことが大切です。英語学習、特に子供の学習では、本人が英語を続けたいという意識が大きな原動力になるでしょう。子供の英語学習では、勉強とは思わずに遊び感覚で英語に親しみ、楽しみながら学習していけるようにすることが必要です。

2.親子で楽しめる方法を選ぶ

2つめのポイントとして、親子で一緒に楽しんで学ぶことが大切です。このとき、「英語を教えてあげよう」と意気込む必要はありません。一緒にDVDを視聴したり絵本を読んだりしながら、質問する、ほめてあげるなどのアクションをすることが大切です。ママやパパも一緒に楽しんでいれば、子供も英語がもっと好きになっていきます。子供が英語に親しみ学んでいけるように、親子で一緒に楽しめる学習方法を選びましょう。

3.すぐに結果を出そうとしない

英語学習を始めてからしばらくして、なかなか上達していないように思えても、焦る必要はありません。英語を話せるようになるためには、約2,000時間が必要だとされています。例えば、毎日家庭で3時間程度の学習を行っていれば、約667日、おおよそ2年です。その時間の中でも、初期は「インプット」、つまり英語にたくさん触れることが必要とされています。
最初のうちはなかなか話せないように思えても、実は子供の脳の中では、後々話せるようになるための基礎が育っているのです。英語学習の初期は、英語力の土台を育てる時期だと認識し、焦らずゆっくりと学習を進めていきましょう。

参照:乳児・幼児からの英語乳児・幼児からの英語

4.継続して学習に取り組む

英語に限ったことではありませんが、一度覚えたものでも、また思い出したり、使ったりする機会がなければ、だんだんと忘れていってしまいます。そのため、学習は間を空けずに、毎日継続して進めていきましょう。毎日の学習と言っても、難しく考える必要はありません。英語のCDを聴かせたり、絵本を読み聞かせたりして、生活の中に英語があることが当たり前の環境を作っていきましょう。

5.ステップに合わせた学習方法を選ぶ

最後に、英語はステップに合わせて学習を進めていくことが大切です。例えば、英語の単語や発音を十分に覚えていないのに、英語を話そうとしてもうまく話すことはできません。子供の語学力の成長に合わせて、効果的に学習方法を進めていきましょう。

上達法1.英語を「聞く」

英語の学習は「聞く」、「読む」、「話す」、「書く」という4つのステップで進めることが大切です。まずは基本となる「聞く力」を育てる方法をご紹介します。

まずは英語を聞く力を育てましょう

英語学習は早く始めるほど上達しやすくなりますが、英語を聴き取る能力は、特に早いうちから育ててあげることが重要です。これにも理由があり、生まれたばかりの子供の耳は、日本語と他の言語を分け隔てなく聴き取れる能力を持っていますが、成長していくごとに聴き取れる音は限られていきます。
例えば、日本人は“L”と“R”の聞き分けや、発音が苦手な人が多いと言われていますが、これも日本語では馴染みがない音であることが原因です。こうした理由から、幼い時期にたくさんの英語に触れた経験がある人と、ない人では、英語の発音を聴き取る能力に差が出てきます。そのため、ネイティブ並みに英語を聴き取り、話せるようになるためには、正しい発音を早いうちから何度も聞くことが最大の上達法です。

参照:【脳と教育】第2回 乳児の言葉の学習と文字能力(前編)

聞き流しが効果的

英語の発音を何度も聞くには、CDの聞き流しが効果的です。CDなら簡単に何度も繰り返して聞くことができ、意識して聴かせようとしなくても、BGM代わりとして流しているだけでも十分な効果が期待できます。聞き流し用のCDを用意するときは、ネイティブ・スピーカーの発音が収録されていることと、楽しく聞ける内容であることが重要です。一度だけではなく、何度も聴けるCDを選びましょう。
CDでの聞き流しの他に、絵本の朗読も効果的な方法です。保育園に通う子供たちに、それぞれ歌・チャンツ・朗読が収録されたCDを聴かせる実験を行ったところ、英語の朗読を聴いていたグループは日本語の語彙力のあるグループ、ないグループどちらも英語の発音が上達するという結果が出ています。

参照:歌で英語学習するときに注意するポイントは?歌で英語学習するときに注意するポイントは?

上達法2.英語を「読む」

上達法2.英語を「読む」

「聞く力」の次に、文字をたくさん「読む」ことで、英語をさらにインプットしていきましょう。

読む力も育ててあげましょう

英語を耳で聞くことに慣れてきたら、英語の文字を読む力を育てていきましょう。最初のうちは文字だけを見ても何のことなのか分からないので、絵と文字が一緒に入っている絵本や図鑑で学習するのがオススメです。絵本や図鑑なら、読み聞かせで一緒に読み進めることができます。絵本や図鑑の他に、英語学習用のカードもオススメの教材です。英単語と絵が1セットで分かりやすく描かれていて、単語の意味をしっかり覚えることができます。

英語の本を選ぶポイント

英語の本を選ぶときは、日常で使える身近な単語が多いことが大切です。さらに、文字の読みやすさや、子供の興味を引く絵が掲載されているかといった点にも注目しましょう。子供の視力は大人に比べて弱く、3歳頃では0.5程度で、4~5歳頃に1.0になり、8~9歳頃にようやく大人と同じ視力になります。そのため、小さな文字だったり、興味を引きにくい内容だったりすると疲れてしまい、学習もなかなか進みません。子供向けの英語の本を選ぶときは、読みやすい大きな文字で書かれていたり、興味を引きつける人気キャラクターが登場したりする絵本を選びましょう。

参照:「見る力」は8歳までに決まる 異常は早期発見が鍵

上達法3.英語を「話す」

英語力を育てるためには、インプットした英語をアウトプットする機会を作ってあげることも大切です。次は英語で「話す力」を上達させる方法をご紹介します。

アウトプットの機会を作りましょう

英会話力を上達させるためには、英語で話す機会もたくさん作ってあげることが大切です。英語で話すときに重要なことは、最初から正しい発音や文法にこだわりすぎないことです。まずは、本人の英語で話したいという気持ちを引き出し、のびのびとアウトプットさせてあげましょう。英語が話せれば、より楽しくなると実感させてあげることが大切です。

家庭での会話が大切

英語を話す機会と言っても、特別な場を用意する必要はありません。英会話スクールや英語のイベントなどで、ネイティブの講師や他の受講生と話す機会を作るのも有効ですが、たくさんアウトプットするためには普段の会話が重要です。
家庭での学習や、生活の中に自然に英語を取り入れていきましょう。ママやパパは英語の発音が苦手、という場合でも問題ありません。子供が知っている単語を引き出すために、「これ、英語でなんて言うか分かるかな?」と話しかけてあげたり本人の口から英語のフレーズが出たときにほめてあげたりして、英語で話しやすい環境作りをすることがポイントです。

上達法4.英語を「書く」

上達法4.英語を「書く」
最後のステップとして、英語を「書く力」を引き出してあげましょう。

文字を書くのは理解できるようになってから

「聞く」「読む」「話す」ことと比べて、「書く」ことは難易度が高いステップです。そのため、他のステップを十分にこなしてから取り組んだほうがよいでしょう。最初はスペルの正確さよりも楽しく書けるようにする工夫が大切です。

文字を書く練習も「遊び」が大切

文字を書く練習といっても、学校での漢字書き取りのようにノートに黙々とこなす必要はありません。楽しみながら、のびのびと書くことが大切です。
最初はお絵かきのつもりで、カラフルなクレヨンなどを使って楽しく書いていきましょう。
ある程度文字を書くことに慣れて、簡単な文章を書けるようになってきたら、絵日記などを書くのも有効な上達法です。日付の書き方や、今日あったことをまとめることなど、文章作りの基本を学ぶことができます。

 

効果的に上達させる英語教材セット

子供の英語学習を進めるためには、自宅での学習が効果的です。英語教材が上達に役立つ理由と、英語教材の中でも特に効果的な「ディズニーの英語システム」(DWE)をご紹介します。

英語教材が上達に役立つ理由

1.家庭で十分な学習時間を取れる

英語教材が優れている理由として、まず十分な学習時間を取りやすいことがあげられます。英会話教室など、自宅の外で行う英語学習は、その都度予約を取らなければいけなかったり、送迎にも時間がかかったりといったことが問題です。一方、英語教材を使った学習なら、自宅にいながら進めることができます。生活の中で気軽に続けることができ、英語のCDや玩具は普段の子育てにも役立てられるため、無理せず継続して学習していくことができます。

2.体系立てて英語を学べる

英語を上達させるためには、「聞く」、「読む」、「話す」、「書く」という4つのステップに従って進めることが大切です。しかし、これらは完全に独立した要素というわけではなく、相互に関連を持っています。そのため、英語を総合的に身につけるためには、これらの要素を体系立てて学べる仕組みが必要です。家庭学習用の英語教材では、これらの要素のつながりも考えて設計されています。そのため、英語学習を始めるときは、教材をそれぞれバラバラに用意するのではなく、セットで揃えましょう。

3.アフターフォローが充実

子供向けの英語教材セットは、アフターフォローが充実していることが多いことも魅力的です。子供の学習は、教材を何度も使っているうちに汚してしまったり、壊してしまったりといったトラブルが起きる可能性があります。しかし、アフターフォローが充実している英語教材を選べば、これらのトラブルがあっても保証制度が利用できることも多いので安心です。子供向け英語教材を選ぶときは、保証制度があるかどうかも確認しておくと良いでしょう。

「ディズニーの英語システム」(DWE)が最適

多くの子供向け教材の中で、特に高い評価を受けているのが「ディズニーの英語システム」(DWE)です。たくさんの歌やDVD、絵本やカードなど豊富なインプットに対応し、さらに各教材が連携していることが特徴です。そのため、ママやパパが英語を教えるのではなく、日本語を覚えていくのと同じように、家庭での遊びを通して自然に英語力を育てていくことができます。
教材の内容が優れている上に、アフターフォローやサービスが充実していることも、DWEが高い評価を受けている理由です。子供の成長に合わせた教材の活用法や、レッスンの進め方についてアドバイスするDWEファースト・ステップ(DFS)というオリエンテーションに無料で参加することができます。他にも頻繁に英語イベントを開催しており、ネイティブの講師やDWEを使っている他のご家庭と交流できるので、家庭外でもアウトプットの機会を作ってあげたいママやパパにもオススメです。

子供英語の無料体験
子供英語の無料体験

早くから英語学習に取り組んでいきましょう

英語を効果的に上達させてあげるためには、なるべく早い時期から学習を始めることが必要です。将来、英語で活躍できるように「ディズニーの英語システム」(DWE)を取り入れ、楽しく効果的な英語学習を始めてみてはいかがでしょうか。

  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)