1歳

公開日:2017年06月30日

幼児英語教育で“使える!”教材とは?3つのポイントを今すぐチェック!

幼児英語教育で“使える!”教材とは?3つのポイントを今すぐチェック!
幼児英語教育を始めようと思ったら、まず気になるのが英語の教材です。子供の英語学習にはどんな教材を選べばよいのでしょうか?幼児英語教育に役立つ教材の特徴を一緒に確認していきましょう!

教材の情報量に注目!

教材の情報量に注目!
日本人の耳では英語の発音を聞き取るのが難しいとよく言われます。それは、日本語にない発音が英語にたくさん存在しているからです。英語の発音数は日本語の15倍以上もあり、日本語にない英語の発音に慣れるためには何よりもまず英語のインプット量を増やすことが大切です。

幼児英語教育でも耳から英語をたくさん吸収できるように、CDやDVDなどを使って英語にたくさん触れることを意識しながら学習を進めていきましょう。英語のインプット量を増やすには、十分な情報量がある教材を確保する必要があります。CDやDVDなどの音声教材を選ぶときは英単語や英語のフレーズが豊富に含まれているか、ぜひチェックしてみてください!

子供が楽しめる教材を選ぼう!

子供が楽しめる教材を選ぼう!
幼児英語教育の教材は子供が主体となって取り組むものですから、子供自身が楽しいと思えるものがベストです。子供が好きなキャラクターを使った教材や、歌やダンスを織り交ぜながら英語に触れられる教材だと、楽しく英語学習ができます。

実際に子供が教材に触れてどんな反応をするのかを事前に確認したいときは、無料お試しCDやDVDを利用してみるとよいですよ。いくつか教材をピックアップしてお試し体験をすると、子供の個性にあった教材が見つかるはずです。

操作性のある教材だと子供が自主的に英語学習に取り組める!

操作性のある教材だと子供が自主的に英語学習に取り組める!
幼児英語教育では、子供が積極的に英語学習に取り組む姿勢も大切です。子供自らが英語学習を楽しみ、「もっと知りたい」「もっと英語に触れたい」と思う気持ちを引き出すことができれば英語学習への意欲や集中力が高まり、効率よく英語を吸収していくことができます。

子供の英語学習への積極性を引き出すには、操作性のある教材が役に立ちます。ボタンを押すと英語の音声が流れる絵本やペン先を当てると英語のフレーズを聞くことができるタッチペンなどの教材は、子供が自分で操作しながら英語を学べるのでオススメです。

また、このような子供が自分で操作しながら英語学習ができる教材なら、ママが将来働いたり、下の子が生まれて英語学習にじっくり付き合う時間を取るのが難しくなったりしたときなどでも無理なく英語学習を続けていくことができます。

英語は毎日コツコツ継続して学ぶのが上達の秘訣です。子供が自分で触れてみたくなる英語学習教材なら毎日飽きずに取り組めますし、環境が変わっても長く続けられるので安心ですね!

幼児期からの英語教育で、子供の可能性を広げましょう!
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)