ブログ

親に英語力はいらない!

よく頂戴するお言葉ですが

ご両親がお話できるからこんなに話せるようになるんですね!

…いやいや😅
違います、本当に本当にDWEのちからです。

ちょっとだけ私と夫のバックボーンをサラッと書いてみると…

私:文系・大卒だけど教育系と社会系学部出身(国際色ゼロ。笑)あ、しいて言うなら国際教育学でしたよ!
夫:理系・化学系学部出身、現在仕事で英語に触れるも主に読み書き(翻訳された文書をチェックする程度でメインの仕事内容ではない)

人生で一番英語に触れているのは…

今(笑)

そしてふたりとも海外経験なし。正確には夫は修学旅行でシンガポールに行ったことがあるそうです。
さらに夫は学生時代の英語は赤点だらけ、私も高校英語で挫折してる!
こんな夫婦の元で英語が話せるように…なるわけがない!!
もし自力でやるとなったら、それこそ親の不断の努力と覚悟、根性がないとできない!
だからうちにはDWEが必要だし、DWEが娘の英語力を育ててくれた♡

うちが英語がある程度話せる夫婦でよかったことがあえてあるとしたら…

娘のアウトプットが家の中で私達に向けて出てきたことで、本人の理解が進んでいること・話せること・まだまだこれからだなと思う点があること等を見分けられたことでしょうか。

それも今ではネイティヴと話しているスピード感についていけずに、後から録画を見返したり言ってた言葉を繰り返して日本語に変換して「あ、こういうことを話してたのか」と理解に時間がかかります。

そんなもんです。

だって日本人で日本語脳で、バイリンガルじゃないから。

もしそうだったらもっと違う世界が見れたかもしれませんが、今から娘のレベルまで引き上げるのはそれこそ不断の努力が必要で…なにより発音はもう簡単には直りませんね…心底こどもたちが羨ましい!!

DWEは親の英語力はいらないけど、親力を問われる教材だなぁとつくづく思います。
どこまで子どもに寄り添えるか!
いや、やっぱりうちは親力低い分、英語力で補ってるかも😓

えいご⇔あそぶ/わが家にDWEが来たこと

はじめまして。

「えいご⇔あそぶ」に名前を変えて、これからこのフォーマットで書かせていただくことになりました。

ということで改めて自己紹介

えいご⇔あそぶ/わが家にDWEが来たことの画像

これがわが家。いやMikeは違うけど。

娘は2013年生まれ、2017年に幼稚園に入園した4歳児。現在Lime CAPです。

娘が生まれた時はこういう世界があるなんて知らなかったので、人生何があるかわかりません。

今やわが家の中心に存在しているDWEとの関わりを書いていきます。

 

1歳で始めるまで英語育児?DWE?だったのに、始めたら180度方向転換(笑)
家では英語!外でも英語!
えっ、そんな急に変われるの!?

DWEだったから、家庭教材だったから、こうなれたのだと思うわが家の有り様

まさにえいご⇔あそぶの毎日です

親も楽しめる、親の世界も変わった!
そして娘の世界がこれからももっと広がっていきますように。
望みは高く、志も高く!
そのために今できることをひとつひとつ、可能性の石を積み上げています。