ブログ

かけ流しって意味あるの?

英語育児で呪文のように言われるかけ流しについて、ちょっと考えてみましょう

まずは定説をおさらいしましょう

子どもが集中できる時間は、未就学児~小学校低学年の場合は「年齢プラス1分」程度、高学年から中学生でも「15分」ほどといわれています。

えっ、じゃあうちの子は4歳だから…5分なの?!

はい、間違いです

何が間違ってるってかけ流しの目的と活用法を間違っているわけです
よくこれを定説だと言って「かけ流しに意味はない!」とCDをかけるのをやめる人がいるのですが、私から言わせれば

やってから言え

( ´艸`)

ま、それは冗談として

かけ流している曲そのものに意味を見出すから迷うのです

じゃあかけ流しは何のため?

かけ流しはBGMです
ふとした瞬間に耳に入ればいいもので、あくまでその使用目的は「流れて当たり前の環境づくり」にあります

だから

  • 音量は小さくていい
    聞こえてなくていい
    興味を持ってなくていい
    止めなくていい

この4原則を頭に置いておきましょう

 

さて、大人な皆様、自らに置き換えてみてください

例えばレストランやカフェでBGMがかかっていますね
このBGMに特別興味を持って真剣に聞いている方おられますか?
いつ興味を持って聞きますか?
なぜ興味を持って聞きましたか?

答えを考えておいてくださいね

 

 

 

さぁ答え合わせしましょう

このBGMに特別興味を持って真剣に聞いている方おられますか?

レストランやカフェに行って、ただただ音楽を聴いている人…いないでしょ?

目的が違いますからね

いつ興味を持って聞きますか?

手を止めたとき、ではないですか?
食事を終えた時、注文を終えた時、席について運ばれるのを待っている時などなど
あなたがボーっとしているとき聞いているはずです

なぜ興味を持って聞きましたか?

知っている曲、好きなメロディー、好きな歌手だったから、ではないですか?

 

ですからかけ流しは、

起床時の支度中、食事中、遊戯中、入浴中、就寝前などの、曲に集中されたら困る時間に

作業を終えた瞬間に聞こえるように

興味を持って聞くようになるまで

かけるものです

 

かけ流しは親向けでもあります
親は意味を見出して、聞いてほしいと思っているから聞いてしまう
結果、親が先に音を上げる
そもそも意味を見出している時点で負けが見えている出来レースです
だから、親も環境音楽と思って、適度に耳をシャットアウトする習慣を作っていくのです
ちなみに、後々これがめちゃくちゃ役に立ちます

意味を見出す相手は DVD です

DVDは連動している必要がありません
その時好きなもの、見せたいもの、をかけていていいのです
あ、英語で

我が家の場合は、Sing Along!4がCDでかかっているのにEC(English Carnival)のDVDを見ている
なんてことが当たり前に成立していました

親の頭が混乱する?
CDの音量を下げてください
DVDと張り合うような音量でかけるものではありません
大音量でBGMが鳴っている店じゃ店員の声聞こえないでしょ?

CDに意識がいってしまって集中できない
え、何言ってるの、あなたがあんなに願っていたかけ流しがインプットになっている瞬間じゃないですか
いいですよ、DVD止めるもよし、音量バランスを逆にするもよし
思い出してください
子どもの集中力は5分ともたない
もしそれを超えてるなら、それはお子さんがスゴいんです

要するにかけ流し時間はインプット時間にほぼなり得ません

あくまで環境づくりのベースに過ぎず、お子さんの耳に届くことは少ないのです
私はこの子どもの耳に届かせることを、「フック」と呼んでいます
フックをかかった瞬間の音がインプットであり、そのインプット2000時間がアウトプットを始動させます
つまり、

膨大なかけ流しのうちのほんの数分がインプットになっている

無駄だと思います?

新技術の開発に5年かかりました
新作の映画の構想に7年かかりました
この新しいものを生み出した人たちの4年、6年はプロセスであり、結果に結びつくまでこれだけ時間がかかったということですよね
ではこの時間は無駄だったのでしょうか
試行錯誤の連続、新しい知識や技術の学び、人との出会い
膨大な経験と積み重ねた歴史のほんの少しが新たなきっかけを引き寄せているはず
理屈は一緒だと私は思っています

九九の学習に何か月もかかるの、なんでだろう?
覚えるまでやるからでしょ?
たった2週間で九九は全部覚えられないからでしょ?
九九を覚えるのはなんでだろう?
計算のタイムロスを減らすためでしょ?

すべての学習プロセスが結果に繋がるように作られているわけです

だから、かけ流しに即効性を見出すのがそもそも間違っている
意味がないかどうかを考えるよりむしろ、なぜかけ流しが効果があると言われているのかを考える方が良い

かけ流しは「英語が聞こえて当たり前」の環境づくり
私はよくこの状態を車に例えるのですが

かけ流しは車体

インプットはガソリン

どっちがなくてもお子さんの英語力カーは走りません

踏み込むペダルの強さによってアウトプットが爆発する子もいれば安全運転の子もいるでしょう
走るきっかけ――イグニッションかな――は各家庭で違います
先生だったり、親だったり、友達だったり、

でも踏み込んでも車体が未完成だったりガス欠だったりしたら、結局車は動かないわけですから、やはり基礎固めは重要ですよね
長く走る英語力カーを持たせてやりたいものです

かけ流し、できていますか?

 

卒業までの道①

DWEを卒業し、ありがたいことにスカラシップBをいただきました。
娘の英語力はDWEが基礎になっています。
恩返しの気持ちを込めて、これまでの過程を書き残すことにしました。
誰かの役に立ったらいいなと思いながら。

娘の経過を改めて書いておくとこんな感じです。

2013年4月生まれ
2014年4月DWE開始←今回はここ!
2015年5月(2歳1ヶ月) Light Blue CAP
2015年12月(2歳8ヶ月) Blue CAP
2016年6月(3歳2ヶ月) Green CAP
2016年12月(3歳8ヶ月) Lime CAP
2017年9月(4歳5ヶ月) Yellow CAP
2018年7月(5歳4ヶ月) Pre Graduation1・2
2020年10月(7歳6ヶ月) Graduation

我が家は私がある計算をしてDWEを始めました。
以前書いたアレです。

2,000時間÷365日

私が働いていないのをいいことに1日6時間…もっとかも8時間、10時間?
朝起きると同時にCDスタート!
これは夜寝るまでエンドレスリピートです。
CDの音量はごはん中、おむつ替え中、入浴中は音を大きくし、遊んでいる間は音量を小さくする代わりにDVDをスタート。
DVDはPA、SA(鳥さんが出てくるversionだけ)、SPをランダムで、その時手に取ったディスクを1日エンドレスリピート。
途中からプレゼントDVDがこのルーティンに加わり、さらにZAM(Zippy and Me)が加わり、このおかげで親が飽きることが少なくなりました。
終了ごとに入れ替えるなんてめんどくさい(笑)慣れたら勝ち(笑)

この頃TACはほとんど使われることはなく、活躍していたのはマジックペンでした。
それも一定時間使ってないと自動で切れてしまうので地味に負担(笑)

この頃のお気に入りはPAとSA、踊るのが好きだったのか、曲がかかるとクネクネしていました。
インプットはまんべんなく
色を気にせず、Blueの翌日Yellowなんて使い方もしてました。SAならそれでもいいと思います。

PAはDVDをセットすると同時におもちゃは外に出しておくようにしました。
すぐ見つけられれば遊びますが、見つからなければ興味を失うからです。

教材交換の保証がありがたかった頃でした。
SPをかけるときは必ずBookを床置きしました。これ見よがしに開いておいて。
自分で探すことはできないので用意しておくんですね。
見てくれている時もあればそっぽ向いてる時もありますが、気にしません。
私ができることはやってる!という自己満足(笑)

DWEを始める前からTVを見ない家庭でしたが、DWEを始めてますます見なくなりました(笑)

1歳なんて食事中にゆっくりさせてくれる方が稀なので最初から一緒にしていません。
娘の食事中のBGMはDWE、私たちの食事中はPCから映画を見たり動画を見たり、そもそもくたびれててゆっくりそんなものを見る余裕もなかったかも(笑)

この頃に一生懸命歌を覚えました

よく歌ったのを列挙すると

  • “Hello”(PA)
    “Peek-a-Boo”(PA)
    “I Like to Take a Bath”(PA)
    “Hopping Bunny”(PA)
    “Play Along with Me!”(PA)
    “Look! Where? Over There!”(SA!1)
    “What Does a Duck Say?”(SA!1)
    “Look Up! The Sun Is Shining”(SA!2)
    “Clan-Up Time”(SA!2)
    “Yummy, Yummy Food”(SA!2)
    “Good Night”(SA!4)

こうして考えると、子どもに英語で声をかける代わりに歌っていたのだと思います。
次第に慣れて歌ではない形で語りかけができるようになりましたが、最初は歌頼みでした。
その意味でもDVDが活躍したと思います。

この頃はTEもListen Onlyだったので選曲も私。
それをいいことに上のリストを中心にリクエストしていたと思います。
このListen Onlyが地味にありがたくて、たまにアレンジしたりポップに歌ってくれたりする先生がいて、娘の反応を見ながら好みを探ることもできました😊
泣いてるのが負担で、笑っててもらえるとストレス軽減(笑)

DWEを始めてインプットインプットインプットの毎日。

そんな毎日が半年経った頃、ちょうど1歳半で参加した週末イベントが転機になります(続)

Limeの壁? – ②

Limeの壁? 続編です。

①はこちら

さて、ここで注意しておきたいのが、Limeは意外と文章が長いということだと思います。

ストーリー性の話ではなく、文章1文1文の話です。
Blueは誕生日パーティー、Greenはピクニック、とカラーを通したストーリーは一貫して続いていますが、Limeは特に一文が長くなるのが特徴的です。

そのため、意外と見過ごせないのが子ども自身の成長。
例をいくつか挙げてみましょう。

身体的な成長
・顎の発達
・歯の生えそろいあるいは生え変わり
・舌の筋肉の発達

精神的な成長
・時制の理解
・理由の説明能力
・手順の理解

さぁこう言うと大人はすぐに文法に走りたがるんですが、母国語方式は理論ではなく感覚に近いと思っていた方が立ち返りやすいです。
これが英語ではなくて、日本語だったら?
この感覚はこの先何年も続く英語育児をブレずに続けるためにとても大事なものさしです。

今回はこの中から時制の理解を。

まず時制の理解とは文法的な語句の使い方の話ではないということを頭に置いてくださいね。
あくまでひとりの人間が成長過程で学ぶ感覚的な概念の話です。

子どもは現在しか把握できない状態から、徐々に成長と共に過去=思い出を理解し、未来=願望・希望、予測などを理解します。

つまり、時間の経過とともに状態が変化していることを学ぶのです。
これは幼稚園や保育園などで行事のための準備をすることが気づきのきっかけになります。
毎日の遊びや制作ではなく、運動会の練習や発表会の練習などを通じて、過去の積み重ね=練習による未来=本番の存在を理解するのです。

これがわかるようになってくると、過去形やIf節が理解できるようになり使えるようになってくることがあります。

Ifを効果的に学ぶにはTACすごろくがおすすめです。
ここでポイントとなるのが、ゴールまでのルート途中に分かれ道を作ることです。できれば行き止まりなどがあると楽しいです。
もし、こっちの道に行ったら、ワニに食べられる!こっちの道に行ったら、ぬいぐるみをゲットできる!
なんてIf節の大好物です😆

Which Way?歌いながら遊んでくださいね❤

If you choose this way, what happened?
If you go this way, what’s next?

If I go this way, I can get a puppet!
If I went this way, I could get a puppet!

Phew! If I went this way, I might be eaten a crocodile!

あら、どうやらまだ続くみたいです😅
よかったらもう少しお付き合いくださいね❤

 

Limeの壁? – ①

DWEユーザーあるある、Limeの壁とは?

そもそも私も、届いた教材をざっと見た時Lime以降の文法は難しいと感じました😓
DWEの網羅している文法の広さを感じる瞬間です
Yellowになったらさらに過去形や過去分詞などが待ち構えているのだから、DWEやってれば中学英語は余裕だな!と思ってしまう(笑)

さて、Limeの壁とはなんぞや?

言われている内容をまとめてみるとこんな感じ

・Blue, Greenはとんとん拍子で進んだのにLimeになった途端アウトプットが出ない
・LimeになったらTACが難しくてリピートしない
・Limeの歌が歌詞が多すぎて歌えない
・LimeのSBSが難しくて答えられない
・いつまで経っても-ingで、could, might, must, shouldが扱えない
・could, might, must, shouldのあとに-ingをつけてしまう

あてはまるかた、おられますか?

まず、先入観を取っ払ってしまいましょう!

「難しい」と感じるのはあくまで私たち「文法を学んだ大人」が「文法上難しい」と感じているにすぎない

英文法の切り口で見れば難しいので、私たちはつい難しい分野、難しい単元、と思いこみがちです

が、

「アウトプットが出ない」=「インプットが足りない」に変わりはないのです

つまり、いかにBlue、Greenをきちんとやるかが今後に影響するということです

Blue、Green、Lime、Yellowは単発ではなく、積み重なっている

YellowやLimeが簡単に感じるということはそれだけきちんとBlueやGreenの内容が定着しているということでもあるでしょう
必要とあればBlueやGreenに戻って定着を図ることも忘れずにいたいものです

飽きるほど根詰めて取り組むことは吉とは出ません
SBSもTACも集中して取り組むと覚えてしまいます

覚えちゃいけないの?🤔

よくないです(※あくまで持論です)

それは、固定表現の丸覚えになってしまう恐れがあるから

でも丸覚えでなければいいんです

要するに

”How are you?
“I’m fine thank you, and you?”

この流れでルーティン化させないことです
いつもいつも元気なわけないでしょ(笑)
おなかすいたり眠かったり機嫌悪かったり宿題まだ終わってなかったり😱

どこを入れ替えたら自分の言いたい表現になるかを知るためには、近しい固定表現を身につけておく必要はあるのです

問題はアレンジ力

では、試してみましょう

Mickey and Minnie are having a picnic.
(ミッキーとミニーはピクニックをしている)

どのカードかわかりますか?

見つかりましたか?
さて、下に指示したとおりに言葉を入れ替えてみてください

1.ピクニックバスケットを持っていることにしてください
Mickey and Minnie are having a picnic basket.

2.ピクニックバスケットを持っている人を、ドナルドとデイジーにしてください
Donald and Daisy are having a picnic basket.

3.ではこれを、ピクニックブランケットを持っていることにしてください
Donald and Daisy are having a picnic blanket.

4.ではこれを持っているのをグーフィーだけにしてください
Goofy is having a picnic blanket.

5.ではブランケットをミッキーの車に入れてください
Goofy is putting a picnic blanket in Mickey’s car.

6.このピクニックブランケットの色を青色と詳しく説明してください
Goofy is putting a blue picnic blanket in Mickey’s car.

7.グーフィーは青いブランケットをミッキーの車に入れていました
Goofy was putting a blue picnic blanket in Mickey’s car.

どこの単語が入れ替わってこうなったのでしょう?

つまりTACのセンテンスを見ずに置き換えられるか、ということがBlue, Greenの定着を図れるひとつの指針だと言えます

LimeやYellowでは進出単語よりその使い方やセンテンス内での動詞の変化や助動詞の追加など、言ってみれば文章のアレンジに近い内容が特徴的です
実際、TACもLimeやYellowのカードは少ないですよね

言葉遊びはまず主語を置き換えるところから始めるとわかりやすくなります

お子さん自身の名前、家族の名前に置き換えてケラケラ笑ったらこっちのもの!

今日から、Playmateに通して聞いた音声のあと、主語を置き換えて言ってみませんか?

(例)
Goofy is diving.
Mommy is diving. (in the bedをつけて寝室に逃げ込めばそれだけで大騒ぎ🤣)

Goofy is eating.
Mommy is eating. (youをつけて追っかけてみましょう!キャーキャー逃げ回ってくれれば勝ちです🤣)

Daisy is sweeping the floor.
〇〇(お子さんの名前) is sweeping the floor. (ハイ、としれっと掃除用具を渡してニヤニヤしましょう🤣)

Limeになってくるとお勉強感も増してきがちです
うちもそうでした

だからこそ、もう一度笑いながら楽しんでいた時を思い出してLimeに挑んでいきましょう!

 

このテーマは次回記事に続きます💫

2000時間÷365日=?

インプットに必要な時間として有名な、2000時間についてのお話です。

あんなにやる気満々で始めたけれど、これはいつまで続くの?
結論を言いましょう。
一生です。
もう少し詳しく言うと、こちらが諦めるか、子どもが勝手に伸びるようになるか、です。
ユーザー6年目ですがまだまだこれからも英語育児は続くと思っています。

どこまで付き合えるか…
早く巣立ってくれー!と思う時もあったりなかったり(笑)

この長く続く英語育児における最大のモチベーション
いつになったら話すようになるんでしょうか?

キーワードは3つ。

・インプット2000時間

・インプット貯金⇔アウトプット残高

・インプット>>>>>アウトプット

インプット2000時間ってホントです。
もちろん2000時間未満で話す子もいる、2000時間超えてもなかなか話さない子もいる、個人差があるのは事実ですが、平均的に2000時間というのはおそらくデータに基づいた数値であろうと思います。

親は単純なもので、子どもが話し出すと大喜びします!
うちも例外ではなく、これはアウトプットじゃないか!?というシーンはことごとく動画を残しています。
余談ですが、残しておいた方が後々のモチベの助けになります。ぜひ。

でも忘れるんですよねえ。

インプット

アウトプットが出るとそっちに夢中になってインプットをサボってしまうわけです。

言えるようになった言葉、わかるようになった言葉にばかり気を取られ、新しい言葉のインプットを後回しにしがちです。

TACのBlueの単語が言えるようになったから、そればかり通して言えるのを聞いて喜んでませんか?

アウトプットエンジンが動き始めたらインプットされたものが湯水のように溢れだします。
ほっとくと枯渇します。
溢れだしたらどんどん継ぎ足していないとなくなっちゃいます
インプットされたものがそのままアウトプットする様を爆発期と言うことがあります。
爆発期はまさにexplosionなので瞬間的なアウトプットです。出し尽くしたら終わります。
終わらせないために火薬(インプット)を投入し続けることが必要なんですよね。

でも私たちオトナは成果が欲しい
頑張った意味を見出したい
そこで2,000時間÷365日となるわけです

2,000時間÷365日=5.479452054794521

ざっくり6時間毎日インプットしていれば1年以内にアウトプットが始まる計算です。
個人差ありますよ!
1年経ってもアウトプットが出ず、なんで!?とならないように戒めながらコツコツ期間です。

これが1日3時間になれば2年に、1日1時間になれば3年半

覚悟を決めてインプット!

インプット教材はCDでもDVDでもBookでもなんでもいいんです
しかも見てなくてもいい
ただそこで鳴っているだけでいい

でもしいて言うなら他の物をつけたり、日本語で解説したり、「ほら、〇〇ちゃん、見て!」とか言わない方が良いようです。
つまり日本語と混在させた状態になるべくしないということですね。
あくまで、インプットが足りてアウトプットが出てくるまでのスパンを短くしたければ!ということです。
これには諸説あるようなので、あくまで私の持論ですが…

・日本でAll Englishの環境を作るのは難しい
・子供に限らず、人間は話すことで社会形成をする
・コミュニケーションツールとして英語を認識してもらう

この3点を考えると、初期のインプットにはこうすると効果的です。

・子供にはなるべく英語で声をかける
↑日常会話レベルでよくて、おはよう、ごはんだよ、きをつけてね、おふろはいろう、みたいな程度の言葉を英語に変えるだけ
しかもこれ、PAやSAの歌でだいたいどうにかなる!

・両親の難しい会話は子どもが寝てから
↑親が自分の知らない言葉で会話している⇒自分も会話に入りたい⇒日本語を覚えようとする⇒あれ?🤔

・興味が出るまでかけ流し続ける=放っておく勇気!
↑親の忍耐が試されます(笑)我慢できない方は“Look! Over there!”を覚えて声かけしてみてください。頻発すると拒否されますので、用法用量を守って(笑)

・遊びの時間のBGMはPA!
↑PAのかけ流しをBGMにしていれば、どんなおもちゃを使っても構わないと思います

え?
難しい?

大丈夫です。やらなくたってかけ流しをしっかりやってればインプットは貯まります。

 

親に英語力はいらない!

よく頂戴するお言葉ですが

ご両親がお話できるからこんなに話せるようになるんですね!

…いやいや😅
違います、本当に本当にDWEのちからです。

ちょっとだけ私と夫のバックボーンをサラッと書いてみると…

私:文系・大卒だけど教育系と社会系学部出身(国際色ゼロ。笑)あ、しいて言うなら国際教育学でしたよ!
夫:理系・化学系学部出身、現在仕事で英語に触れるも主に読み書き(翻訳された文書をチェックする程度でメインの仕事内容ではない)

人生で一番英語に触れているのは…

今(笑)

そしてふたりとも海外経験なし。正確には夫は修学旅行でシンガポールに行ったことがあるそうです。
さらに夫は学生時代の英語は赤点だらけ、私も高校英語で挫折してる!
こんな夫婦の元で英語が話せるように…なるわけがない!!
もし自力でやるとなったら、それこそ親の不断の努力と覚悟、根性がないとできない!
だからうちにはDWEが必要だし、DWEが娘の英語力を育ててくれた♡

うちが英語がある程度話せる夫婦でよかったことがあえてあるとしたら…

娘のアウトプットが家の中で私達に向けて出てきたことで、本人の理解が進んでいること・話せること・まだまだこれからだなと思う点があること等を見分けられたことでしょうか。

それも今ではネイティヴと話しているスピード感についていけずに、後から録画を見返したり言ってた言葉を繰り返して日本語に変換して「あ、こういうことを話してたのか」と理解に時間がかかります。

そんなもんです。

だって日本人で日本語脳で、バイリンガルじゃないから。

もしそうだったらもっと違う世界が見れたかもしれませんが、今から娘のレベルまで引き上げるのはそれこそ不断の努力が必要で…なにより発音はもう簡単には直りませんね…心底こどもたちが羨ましい!!

DWEは親の英語力はいらないけど、親力を問われる教材だなぁとつくづく思います。
どこまで子どもに寄り添えるか!
いや、やっぱりうちは親力低い分、英語力で補ってるかも😓

えいご⇔あそぶ/わが家にDWEが来たこと

はじめまして。

「えいご⇔あそぶ」に名前を変えて、これからこのフォーマットで書かせていただくことになりました。

ということで改めて自己紹介

えいご⇔あそぶ/わが家にDWEが来たことの画像

これがわが家。いやMikeは違うけど。

娘は2013年生まれ、2017年に幼稚園に入園した4歳児。現在Lime CAPです。

娘が生まれた時はこういう世界があるなんて知らなかったので、人生何があるかわかりません。

今やわが家の中心に存在しているDWEとの関わりを書いていきます。

 

1歳で始めるまで英語育児?DWE?だったのに、始めたら180度方向転換(笑)
家では英語!外でも英語!
えっ、そんな急に変われるの!?

DWEだったから、家庭教材だったから、こうなれたのだと思うわが家の有り様

まさにえいご⇔あそぶの毎日です

親も楽しめる、親の世界も変わった!
そして娘の世界がこれからももっと広がっていきますように。
望みは高く、志も高く!
そのために今できることをひとつひとつ、可能性の石を積み上げています。