2000時間÷365日=?

インプットに必要な時間として有名な、2000時間についてのお話です。

あんなにやる気満々で始めたけれど、これはいつまで続くの?
結論を言いましょう。
一生です。
もう少し詳しく言うと、こちらが諦めるか、子どもが勝手に伸びるようになるか、です。
ユーザー6年目ですがまだまだこれからも英語育児は続くと思っています。

どこまで付き合えるか…
早く巣立ってくれー!と思う時もあったりなかったり(笑)

この長く続く英語育児における最大のモチベーション
いつになったら話すようになるんでしょうか?

キーワードは3つ。

・インプット2000時間

・インプット貯金⇔アウトプット残高

・インプット>>>>>アウトプット

インプット2000時間ってホントです。
もちろん2000時間未満で話す子もいる、2000時間超えてもなかなか話さない子もいる、個人差があるのは事実ですが、平均的に2000時間というのはおそらくデータに基づいた数値であろうと思います。

親は単純なもので、子どもが話し出すと大喜びします!
うちも例外ではなく、これはアウトプットじゃないか!?というシーンはことごとく動画を残しています。
余談ですが、残しておいた方が後々のモチベの助けになります。ぜひ。

でも忘れるんですよねえ。

インプット

アウトプットが出るとそっちに夢中になってインプットをサボってしまうわけです。

言えるようになった言葉、わかるようになった言葉にばかり気を取られ、新しい言葉のインプットを後回しにしがちです。

TACのBlueの単語が言えるようになったから、そればかり通して言えるのを聞いて喜んでませんか?

アウトプットエンジンが動き始めたらインプットされたものが湯水のように溢れだします。
ほっとくと枯渇します。
溢れだしたらどんどん継ぎ足していないとなくなっちゃいます
インプットされたものがそのままアウトプットする様を爆発期と言うことがあります。
爆発期はまさにexplosionなので瞬間的なアウトプットです。出し尽くしたら終わります。
終わらせないために火薬(インプット)を投入し続けることが必要なんですよね。

でも私たちオトナは成果が欲しい
頑張った意味を見出したい
そこで2,000時間÷365日となるわけです

2,000時間÷365日=5.479452054794521

ざっくり6時間毎日インプットしていれば1年以内にアウトプットが始まる計算です。
個人差ありますよ!
1年経ってもアウトプットが出ず、なんで!?とならないように戒めながらコツコツ期間です。

これが1日3時間になれば2年に、1日1時間になれば3年半

覚悟を決めてインプット!

インプット教材はCDでもDVDでもBookでもなんでもいいんです
しかも見てなくてもいい
ただそこで鳴っているだけでいい

でもしいて言うなら他の物をつけたり、日本語で解説したり、「ほら、〇〇ちゃん、見て!」とか言わない方が良いようです。

子どもはオトナ以上に見たいものを見ますから。

私たちに必要なのは、興味が出るまでかけ流し続ける=放っておく勇気!

え、耐えられない?

ですよね!

そんな方は

“Look! Over there!”

を覚えて声かけしてみてください。