マタニティ

2016/11/17

胎教の効果を解説!効果的な胎教の方法とは?

胎教の効果を解説!効果的な胎教の方法とは?

妊娠中におなかの中の赤ちゃんに行うとよいとされている胎教。胎教に興味を持つママは多いようですが、実際にどのような効果があるのか分からないという声も耳にします。胎教がおなかの中の赤ちゃんに与える影響とは、一体どのようなものなのでしょうか。胎教の効果やその方法についてご説明します!

胎教って本当に効果があるの?

胎教って本当に効果があるの?

妊娠中から、おなかの中の赤ちゃんにやさしく語りかけたり音楽を聞かせたりすると、赤ちゃんの発達によい影響を与えられるというのが胎教の考え方です。

胎教は科学的に証明するのが難しく現在でも解明されていない点がありますが、胎教を推奨する産婦人科医や胎教教室を行うマタニティクリニックも多く存在し、医学の世界でも積極的に取り入れられています。実際に、赤ちゃんはママのおなかの中にいるときから聴覚が発達し、耳で音を聞くことができるということも明らかにされているのです。

外国でも胎教がさかんに行われている!

外国でも胎教がさかんに行われている!

外国でも胎教は積極的に行われています。アメリカでは「ベビープラス」という胎教のためのグッズがあります。これは赤ちゃんが心地よく感じる音を流す装置で、腰に巻いて使用します。ベビープラスを使用していると、赤ちゃんが反応して動きが活発になるなどの報告もあるそうです。

イギリスの病院では「ウームソング」と呼ばれる胎教が行われています。ウームソングとは歌のレッスンのことです。深く息を吸い込み、ゆったりとしたリズムに合わせて歌うとリラックス効果が得られ、赤ちゃんに好影響を与えるホルモンの分泌が促されると言います。

赤ちゃんに効果的な胎教の方法とは

赤ちゃんに効果的な胎教の方法とは

胎教にはさまざまな方法があります。それぞれどのような効果があるのか、みていきましょう。

○赤ちゃんに話しかける
おなかの中にいるときから耳で音を聞くことができる赤ちゃんは、ママがやさしく話しかけるとその声を覚え、反応を示すようになります。手足の動きが活発になってくると、ママの呼びかけに返事をするようにおなかをぽこぽこキックすることも。こうしたやりとりが親子の結び付きを深め、ママに幸福感やリラックス効果をもたらすとも言われています。できるだけ毎日、赤ちゃんに話しかけるようにしましょう。

○音楽を聞かせる
音楽は赤ちゃんの情緒の発達を促します。クラシックや童謡など赤ちゃんが心地よい気分になれそうな音楽や、ママの好きな曲のCDをかけることも胎教には効果的です。

○リラックスして過ごす
妊娠中にいかにママがリラックスして過ごすかということも、胎教のひとつです。ママが穏やかな気分でいることは、おなかの中の赤ちゃんに好影響を与えると言われています。マタニティスイミングで体を動かしたり、マタニティヨガで心身を解きほぐしながら、マタニティ期間を楽しく過ごしましょう!

赤ちゃんと一緒に英語を楽しんでいるユーザーがいっぱい!
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)