2~3歳

2018/03/15

おにごっこやかくれんぼは英語でなんて言うの?お友達と遊ぶときの英会話

おにごっこやかくれんぼは英語でなんて言うのお友達と遊ぶときの英会話
親子で公園へお出かけするときや、お友達と一緒に遊ぶときなどに使える英単語や英会話フレーズをご紹介します!

 

公園での遊び

公園での遊び
公園の遊具は英語でなんと言うのでしょうか。遊具の英単語や、公園での遊びに関するやい単語・英会話フレーズをチェックしてみましょう。

〇公園の遊具を表す英単語
“swing”(ブランコ)、“slide”(すべりだい)、“jungle gym”(ジャングルジム)、“sandbox”(すなば)、“bar”(鉄棒)、“monkey bar”(うんてい)、“seesaw”(シーソー)

〇「~で遊ぼう。」と誘うときの英会話フレーズ
“Let‘s play on the swing.”(ブランコで遊ぼう。)
“Let’s play on the slide.”(すべりだいで遊ぼう。)
“Let’s play on the jungle gym.”(ジャングルジムで遊ぼう。)
“Let’s play on the bars.”(鉄棒で遊ぼう。)
“Let’s play in the sandbox.”(すなばで遊ぼう。)

「次は○○で遊ぼう」と言いたいときは、語尾に“next”をつけたします。
“Let‘s play on the swing next.”(次はブランコで遊ぼう。)
“Let‘s go to the slide next.”(次はすべりだいに行こう。)

〇ブランコに関する英会話フレーズ
“I want to go on the swing.“(ブランコに乗りたい。)
「ブランコに乗る」という表現で、“go on the swing”という表現もよく使われます。

“Backwards and forwards.”(ブランコゆーらゆら。)
ブランコを揺らすときに使う英会話フレーズです。

“Push me!”(私を押して!)
ブランコを押してほしいときに使います。

〇すなばに関する英会話フレーズ
“I want to play with the mud.”(泥んこ遊びがしたい。)
“I made a mud pie.”(泥団子を作ったよ。)

日本語では「泥団子」と言いますが、英語では「団子」という表現はありません。その代わり“pie”(パイ)という表現を使い、“mud pie”と言います。こうした文化の違いについても子供と話をすると、英語への興味がもっと深まるかもしれません。

〇そのほかの遊びに関する英会話フレーズ
“Let’s play in the water.”(水遊びをしよう。)
“Let’s play catch.”(キャッチボールをしよう。)
“I want to jump rope.”(縄跳びがしたい。)
“Let’s play house.”(おままごとをしよう。)

 

じゃんけん

じゃんけん
親子や兄弟、お友達と一緒に英語のじゃんけんを楽しんでみましょう。

〇じゃんけんに関する英会話フレーズ
“Rock, paper, scissors!”(ジャンケンポン!)

日本のじゃんけんは「ジャンケンポン!」のかけ声で、グー、チョキ、パーを出します。英語のじゃんけんもほとんど同じで、グーは“rock”(石)、チョキは“scissors”(はさみ)、パーは“paper”(紙)で表します。

尚、英語には「あいこでしょ!」という言い方はなく、そのまま “Rock, paper, scissors!”を繰り返します。

〇勝ち負けに関する英会話フレーズ
“I won.”(私が勝ったよ。)
“I lost.”(私が負けたよ。)
“It’s a draw.”(引き分けだよ。)

〇じゃんけんでおにを決めるときの英会話フレーズ
おいかけっこやかくれんぼの「おに」は英語で“It”と言います。じゃんけんでおにを決めるときの英会話例をご紹介しますので、参考にしてみてください。

例)
A・B:“Rock, paper, scissors!”(ジャンケンポン!)
A:“Who is It?”(誰がおに?)
B:“I lost. I am It.”(私が負けたよ。私がおにだよ。)

 

おにごっこ、かくれんぼ

おにごっこ、かくれんぼ
〇おにごっこに関する英会話フレーズ
「おにごっこ」は“tag”と言います。タッチをして印をつけるように、「タグをつける」という意味からこの言葉が使われているそうです。おにごっこで使える英会話フレーズを確認しておきましょう。

“Let’s play tag together.”(おにごっこを一緒にしよう。)
“Who wants to play tag?”(おにごっこをしたい人は?)
“I’m gonna catch you!”(捕まえちゃうぞ!)
“I got you! You’re It!”(捕まえた!あなたがおにだよ。)

〇かくれんぼに関する英会話フレーズ
「かくれんぼ」は“hide-and-seek”と言います。“hide”は「隠す」、“seek”は「探す」という意味で、遊びのルールがストレートに表現されています。かくれんぼで使える英会話フレーズにはどんなものがあるのでしょうか。覚えておきたい決まり文句をご紹介します。

“Let’s play hide-and-seek.”(かくれんぼしよう。)
“Ready or not, here I come!”(準備が終わっていなくても、探しに行っちゃうよ!)
“Where are you?”(どこにいるのかな?)
“I’m gonna find you.”(みつけちゃうからね。)
“I can’t see you.”(見つけられないなあ)
“I found you!”(みーつけた!)

日本語では「もういいかい。」「もういいよ。」のやり取りの後で、おにが隠れた人を探すために動き出します。しかし、英語では10を数えたらすぐに探しに行くルールがあるため、おにが動き出すときは“Ready or not, here I come!”(準備が終わっていなくても、探しに行っちゃうよ!)と言います。

 

遊びを通して英語を身につけよう!

遊びを通して英語を身につけよう
親子やお友達と一緒に元気よく遊びながら英会話をすると、英語に触れる楽しさを味わうことができます。全身を使って体験的に英語を学ぶことにより、インプット、アウトプットもはかどりそうです。

自宅学習用英語教材の「ディズニーの英語システム」(DWE)には、子供の暮らしや遊びにちなんだ英会話フレーズが満載されています。毎日の生活の中で使える英会話フレーズを覚えられるため、ふとしたときに英語が口をついて出てくる英会話の習慣が身につきます。

 

子供英語の無料体験

DWEの教材を自宅で手に取って確認できるわくわく英語体験も実施しています。楽しく子供に英語を学んでほしいという方は、ぜひ一度体験してみてくださいね!

 

子供と一緒に英語を楽しみませんか?
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)