4歳以上

2016/04/18

子供の将来のために考えたい、英語を勉強する理由

ヨーロッパでは2ヶ国語以上が当たり前!

 近年日本においても、バイリンガルは徐々に増えてきてはいます。ただ、世界をみてみると、日本の外国語教育がいかに他国に遅れているかがわかります。全世界で行われている英語能力試験、TOEFLの国別スコアでは、日本は残念ながら最下層グループなのです。

一方、ヨーロッパでは、学生の約80%が母国語以外の言語を使うことができます。総人口でみると、約半数が母国語以外の言葉を使っており、日本とは比べものにならないほど、他言語の習得が進んでいます。

 

なぜ日本人は英語が話せない?

日本人の英語教育が他国に比べて遅れているのには、いくつか理由があります。

 移民や文化交流の盛んな外国では、生活するために英語を覚えなければなりません。教育も母国語ではなく、英語で授業を受けなければならないことが多くあります。

 しかし、日本では、そんな必要はありません。海に囲まれた経済大国である日本は、歴史的にみても、言語的に独立した珍しい国です。教育の面でも、母国語である日本語の授業を当たり前のように受けられ、日本語だけで生活することができます。

 反対に言えば、日本人が英語を話せないのは「これまで国内が充実しすぎていたから」ということにもなります。

 

バイリンガルはそれだけで即戦力

 

 最近では、日本でも“英語は一部の人だけが持つ特別なスキル”というわけではなくなってきました。通信技術の進歩や経済のグローバル化で、英語の重要度が増し、日本国内にいても英語を使うシーンが増えてきているからです。企業も、英語が話せる人材を高く評価するようになってきています。

 これまでは「海外旅行に行って現地の人と話したい」など、趣味を動機に英語の勉強を始めることがほとんどでした。しかし今後は、仕事や、社会的な自立を目的とした英語教育が、ますます重要になってくるでしょう。

  

将来の可能性を無限に広げる英語学習

 英語は、仕事に必要なだけではありません。英語を話せるということは、子供に自由を与えるということでもあります。

 例えば子供が将来「サッカー選手になりたい」と言ったらどうするでしょう?もし子供が英語を話せたら、世界で活躍できるチャンスも広がるかもしれませんよね。

 子供の自由と可能性を無限に広げる、英語。英語教育は、親が子供に与えられる最高のプレゼントと言っても過言ではありません。

 

子供と一緒に英語を楽しみませんか?詳しくは コチラをご覧ください。

関連記事