4歳以上

2016/11/10

驚き!プレゼントにまつわる外国の意外な習慣3つ

驚き!プレゼントにまつわる外国の意外な習慣3つ

誕生日やクリスマス、バレンタインなどのイベントにプレゼントは欠かせません。こうした記念日にプレゼントを贈るのは日本も外国も同じですが、外国にはプレゼントにまつわる独特の習慣もあります。日本人にとっては驚きの、外国の意外なプレゼントの習慣とは一体どんなことなのでしょうか?

値札をつけたままプレゼントを贈る

data:text/mce-internal,input%5Bcontents%5D,%3Cimg%20src%3D%22/cetimes/images/article/130/130-02.jpg%22%20alt%3D%22%22%20width%3D%22550%22%20height%3D%22367%22%20/%3E

日本ではプレゼントを贈るとき、値札を外すのがマナーです。プレゼントに値札がついたままだと失礼な印象がしてしまいますし、もらった方もプレゼントの金額が分かると気をつかってしまうものです。

しかし、外国には値札をつけたままプレゼントを贈るのが当たり前という国もあります。例えば、アメリカやイギリスでは値札を外さずプレゼントを贈るのが一般的です。中にはレシートを添えて贈るという人もいるほど。日本人の感覚では何とも驚きなのですが、実はアメリカやイギリスではプレゼントが気に入らなかったりサイズが合わなかった場合にお店で交換できるように値札やレシートをつけておくのだそうですよ。

クリスマスプレゼントは1個だけではない?!

クリスマスプレゼントは1個だけではない?!

クリスマスになると親が子供にプレゼントを用意するのは日本も外国も共通しています。ただ、日本では子供1人につき1個のクリスマスプレゼントを用意するのに対し、アメリカでは子供1人につき2個以上のプレゼントを用意することが多いです。

外国のクリスマスは日本のお正月のようなもので、親戚や家族で集まって盛大にお祝いします。日本ではお正月にお年玉を子供に配る風習がありますが、外国のクリスマスプレゼントは子供にお年玉を配る感覚に近いのかもしれませんね。

プレゼントにはメッセージカードを添えて

プレゼントにはメッセージカードを添えて

アメリカではプレゼントを渡すとき、メッセージカードを添えるのが一般的です。日本でもメッセージカードを利用することがありますが、メッセージカードを添えずにプレゼントを渡すことも珍しくありません。しかし、アメリカではメッセージカードに気持ちを書いて伝えることがとても大事に考えられており、プレゼントを渡すときは必ずといっていいほどメッセージカードを添えます。

アメリカでは誕生日やクリスマスなどの記念日やお祝いごと、挨拶や感謝を伝えたいときなどに、メッセージカードを書いて直接手渡ししたり、郵便で送ったりする習慣があります。そのため、メッセージカードの専門店がたくさんあり、種類もとても豊富です。子供へのプレゼントに添えるメッセージカードは、ディズニーのキャラクターのデザインのものや、開くとオルゴールが鳴るものなどが人気です。ペーパークラフトで自作のメッセージカードを作っても喜んでもらえそうですね!

子供と一緒に英語を楽しみませんか?詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)