2~3歳

公開日:2016年06月27日

幼児期に英語を習うメリットとQ&A

幼児期に英語を習うメリットとQ&A

英語教育は何歳からスタートすればいいのか、さまざまに議論されています。実際のところ、何歳頃から学び始めるのが理想なのでしょうか。今回はそんな疑問にお答えしながら、幼児期に英語を学ぶメリット・デメリットについて詳しく解説していきたいと思います!

幼児期に英語を学ぶメリット6選

幼児期に英語を学ぶメリット6選

1)お勉強感覚ではなく、楽しい!
幼児の英語は読み書き中心の学習ではなく、絵本やDVD、歌、簡単なゲームなどを通して英語を学びます。楽しく遊びながら英語を学ぶことができるので、英語が大好きになります。

2)聞き取りや発音が上手になる!
舌や耳が発達段階にある2~3歳頃では、英語の発音を先入観なくそのまま真似することができます。この時期にたくさん英語に触れると、ネイティブのような英語を話せるようになり、英語の聞き取りも母国語と同じようにこなせるようになります。

3)英語の思考力が身につく
言語を習得するには2~3歳頃に始めるのが理想的と言われています。2~3歳頃よりも前の幼児の頃に英語にたくさん触れると、英語を扱う脳の部分が発達し、英語でものを考えたりすることができるようになります。

4)吸収が早い!
2~3歳頃は英語で歌を歌ったり、アルファベットを使った簡単なゲームを楽しんだりすることもでき、英語に触れることを楽しいと思うようになります。楽しい、面白い、という気持ちから学習意欲も高まり、英語習得のスピードが早いという特徴があります。

5)外国の文化に馴染める
子供が小さなうちから英語を学ぶことで、外国の文化に対して抵抗感なく触れることができます。また、外国の人に対しても先入観や偏見を持つことなくコミュニケーションをとれるようになるので、早いうちからの英語学習はメリットといえるでしょう。

6)英語学習に使える時間が多い
子供は成長するにつれて、学校や部活など、勉強以外にもすることがたくさん増えていきます。そうなると、自然と自由に使える時間は限られてしまいます。そのため、時間を多く使える小さなうちから英語を学ぶことで、より英語を身につけることができるのです。
例えば、第二言語として英語が普及しているフィリピンでは、2~3歳頃から英語教育をしていても、英語がしっかり話せるようになるのは10~11歳頃といわれています。早めの英語教育が肝心です。

幼児英語教育にまつわるQ&A

幼児英語教育にまつわるQ&A

Q.日本語と英語が混ざるって本当?
A.幼児期から英語を学ぶと、話し言葉に日本語と英語が混ざることがあります。2つの言語を同時に吸収すると混乱してしまうのでは?と不安になるかもしれませんが、子供の成長に伴い、脳の中で言語が棲み分けられるようです。

Q.日本人の価値観はきちんと備わるの?
A.日本と外国では文化が違い、価値観も異なります。生活習慣を例にとってみても、日本では玄関で靴を脱ぎますが、外国では部屋の中でも靴を履いて過ごしますね。
幼児期から英語を学習し外国の文化に親しむと、「日本の文化や風習に馴染まなかったり、価値観がぶれたりするのでは…?」と思うかもしれません。しかし、子供の価値観は、家庭での親子のコミュニケーションが最も強く影響を与えます。家庭学習をメインとする英語教育なら、親子で一緒に学ぶスタイルであるため、日本人としての価値観を大切にしながら英語教育を進めていくことができます。

Q.どんな教材が向いているの?
A.英語を身につけたいなら、ネイティブの発音を勉強できる英語教材がよいでしょう。英語の発音には、日本人が苦手とする発音も多くあるので、発音の違いを理解し正しく発音するためにも、このような教材がおすすめになります。

Q.英語は何歳から始めるのがベスト?
A.英語は、できるだけ早いうちから学ばせると良いです。特に3歳頃までの時期は脳の発達が盛んなので、ネイティブの発音を聞き取りやすく、覚えやすいという特徴をもっています。大人になると英語独特の発音の聞き取りが難しくなり、ネイティブに近い発音をすることが難しくなる場合が多いので、発音の学習能力が高い小さなうちから英語を学ばせておきましょう。

参考:英語学習を始める時期で発音に大きく差がつきます。
(後編)発達脳科学が解き明かす、英語ネイティブ脳のつくられ方(後編)発達脳科学が解き明かす、英語ネイティブ脳のつくられ方
(後編)発達脳科学が解き明かす、英語ネイティブ脳のつくられ方

英語は家庭でのサポートが大切!

英語は家庭でのサポートが大切!

外国では母国語以外に英語を話せる人が多く、中には数か国語を話せる人もいます。そういった国では、日常的に様々な言語が飛び交い、普段の生活の中で外国語に触れる機会に恵まれています。

しかし、日本は海外の国々と違い、普段、日本語以外の言語でコミュニケーションする場面に遭遇することはほとんどありません。英語教育の必要性が高まっているのに、日常生活の中で英語でコミュニケーションするチャンスが少ないという環境なのです。

日本で英語を学ぶためには、家庭でたくさんの英語を耳にする環境を作ることが必要です。早くから子供の英語力を育てるためにも、英語教材や市販のDVDなどを使って家庭でも英語にたくさん触れられるように、工夫してみてくださいね!

ワールド・ファミリーには、幼児期からの英語教育をサポートする教材がいっぱい!
「ディズニーの英語システム」が選ばれる理由とは?
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)