2~3歳

2017/11/17

子供の英語学習で覚えておきたい挨拶のフレーズ

子供の英語学習で覚えておきたい挨拶のフレーズ

毎日使える朝昼晩の挨拶や、季節のイベントで使う挨拶などをご紹介します!
家庭での挨拶に英語を使うようにすれば、子供にとって英語がより身近になるかもしれません。

子供の英語学習に!覚えておくと便利な挨拶のフレーズ

子供の英語学習に!覚えておくと便利な挨拶のフレーズ

〇毎日使える挨拶のフレーズ
“Good morning.”(おはよう。)
“Good afternoon.”(こんにちは。)
“Good evening.”(こんばんは。)
“Good night.”(おやすみなさい。)

毎日の挨拶のフレーズは、時間帯によって使い分けます。また、“Good morning, mom!”(おはよう、ママ!)というように、挨拶のフレーズの後に相手の名前を入れると、より親しみを込めた表現ができます。

このほか、時間帯に関係なくいつでも気軽に使える挨拶として、“Hi!”(ハイ!)、“Hello!”(やあ!)などの表現もあります。

〇別れぎわの挨拶のフレーズ
“Goodbye!” “Bye bye!”(さようなら!)
“See you.”(またね。)
“See you tomorrow.”(また明日ね。)
“Have fun.”(楽しんできてね。)
?“Have a good day.”(よい1日を。)

別れぎわに上手に挨拶を言えると、相手によい印象を残すことができます。“Goodbye!”や“See you.”のような基本的な別れの挨拶の他に、 “Have fun.”や“Have a good day.”のような相手への気遣いを感じさせる挨拶のフレーズも覚えておくと、より表現の幅が広がりますよ。

〇季節のイベントで使う挨拶のフレーズ
“Happy New Year!”(明けましておめでとうございます!)
“Happy Valentine’s Day!”(バレンタインデイおめでとう!)
“Happy Thanksgiving Day!”(感謝祭おめでとう!)
“Happy Halloween!”(ハロウィンおめでとう!)
“Merry Christmas!”(クリスマスおめでとう!)

クリスマスやバレンタインに加えて、最近では日本でもハロウィンや感謝祭のイベントが浸透しています。英語にはこうした季節のイベントごとに使う挨拶のフレーズがあるので、ぜひ覚えておきましょう。

挨拶は会話のきっかけ作りになる

挨拶は会話のきっかけ作りになる

英語に限らず、子供の会話力をのばすには、自ら積極的にコミュニケーションを取る力を身につけることも必要です。

挨拶は人とのコミュニケーションのきっかけ作りに役立ちます。英語学習で挨拶を言う練習をしっかり積んでおくことは、挨拶をすることへの恥ずかしさなどの抵抗感を克服するよい機会になります。会話のきっかけ作りをスムーズに行えることは、コミュニケーション能力を高める上で非常に重要ですが、挨拶の練習はそのための助けになるのです。


子供英語の無料体験

英語の挨拶の学び方としては、市販されている教材を活用して挨拶の練習をすることも方法のひとつです。
例えば、「ディズニーの英語システム」(DWE)は、DVDや絵本を使って、ディズニーのキャラクターたちと一緒に楽しく英語の挨拶のフレーズを身につけることができる英語教材です。

DVDや絵本の英語の音源には、ネイティブの発音を使用しており、教材で楽しく英語に触れながら、本格的な英語の発音を身につけることができます。実際の教材を試すことができる無料サンプルも配布していますので、ぜひお気軽にご利用ください!

子供と一緒に英語を楽しみませんか?
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)