0歳 教育
  • 公開日:2020年8月4日

赤ちゃんが麦茶を飲んでいいのはいつから?飲ませ方と注意点

赤ちゃんが麦茶を飲んでいいのはいつから?飲ませ方と注意点

のどが渇いたからといって自分で飲み物を飲むことができない赤ちゃんだからこそ、水分補給には十分に気をつけたいところ。そんな赤ちゃんの飲み物としてポピュラーなのが「麦茶」ですが、無条件にいつでも与えていいというわけではありません。

そこでこの記事では、「いつから赤ちゃんは麦茶を飲んでいいの?」「大人用と赤ちゃん用の麦茶の違いは何?」といった基本から、自宅で赤ちゃん用の麦茶を作る場合のポイントや注意点、そして市販の麦茶の選び方などについて、詳しくご紹介していきます。

赤ちゃんはいつから麦茶を飲んでいいの?

赤ちゃんはいつから麦茶を飲んでいいの?
基本的に、離乳食を始める前の赤ちゃんは母乳とミルクだけで十分な水分をとることができると言われています。そのため離乳食を始める生後5~6ヶ月頃までの赤ちゃんには、必ずしも母乳とミルク以外の水分を与える必要性はありません。

また離乳食を始める前の赤ちゃんは、成長に必要なすべての栄養を母乳やミルクから摂取することになります。母乳やミルク以外の飲み物を過度に与えることは赤ちゃんの健全な成長を阻害する原因になりかねませんので注意が必要です。

ただし、与える必要性がないからといって「離乳食を始めるまで与えてはいけない」というわけではありません。一般的に、白湯や赤ちゃん用の麦茶は生後1ヶ月頃から飲むことができると言われています。また市販の赤ちゃん用麦茶もその多くが対象月齢を「生後1ヶ月頃~」としています。

離乳食を始める前の赤ちゃんに麦茶を与える場合は、あくまで補助的な水分の補給手段と考えるようにしましょう。離乳食が始まると栄養の摂取源が徐々に固形物に切り替わっていくことになりますので、それにあわせて食事とは別の形で水分補給を行う必要性が出てきます。
そのため、「離乳食を始める時期」が麦茶を飲み始める時期の一つの目安とも言えるかもしれません。

大人用と赤ちゃん用の麦茶の違いは?

大人用の通常の麦茶と赤ちゃん用の麦茶の最大の違いはその味にあります。赤ちゃん用の麦茶は通常の麦茶よりも薄めに作られており、苦みが抑えられて赤ちゃんにも飲みやすい味になっています。

もし赤ちゃんに通常の麦茶を与える際は、水で薄めて与えるとよいでしょう。麦茶1に対して水2~3の分量で薄めるのがオススメです。赤ちゃんに与える前にはママ・パパが味見をして苦さをチェックするようにしてください。

赤ちゃん用麦茶の作り方

ティーバッグタイプの作り方

家庭で麦茶を作る方法としてもっとも一般的なのがティーバッグではないでしょうか。もちろんティーバッグにも赤ちゃん用のものがあり、苦みを抑えたマイルドな味わいに調整されています。

水出しでも作れるティーバッグですが、沸騰させたお湯で煮出すのが基本となります。
仮に赤ちゃん用ではない通常の麦茶のティーバッグを使う場合は、普通に煮出して作ったあと、水で薄めて再度沸騰させるとよいでしょう。

なお、以下にご紹介するすべての作り方に共通するポイントとして、水道水で作る場合は一度沸騰させたお湯や水で作ることをオススメします。そうすることで殺菌とカルキ抜きを行うことができます。

粉末タイプの作り方

必要なときに必要な分だけサッと作れて便利なのが粉末タイプの麦茶です。赤ちゃん用麦茶の粉末製品であれば、製品の作り方どおりの分量のお湯や水で溶かすだけでOKです。

ペットボトル/紙パックタイプの作り方

赤ちゃん用の麦茶であればそのまま赤ちゃんに与えても構いません。
赤ちゃん用ではないペットボトルや紙パックの麦茶を与える場合は、水で薄めるようにしてください。

赤ちゃんへの麦茶の飲ませ方

赤ちゃんへの麦茶の飲ませ方

スプーンで飲ませる

最初に赤ちゃんに麦茶を飲ませる場合はスプーンがオススメ。離乳食のタイミングに合わせて赤ちゃん用のスプーンで1杯ずつ与えます。
量についてはまず少量から始めて、赤ちゃんが飲みたがるようであれば徐々に増やしていってもよいでしょう。ただし母乳やミルクによる栄養補給の妨げになるような量を与えることは厳禁です。また赤ちゃんが飲むのを嫌がる場合は無理に飲ませないようにしてください。

哺乳瓶で飲ませる

スプーンで麦茶を飲むことにも慣れ、一回で飲む量が増えてきたら、哺乳瓶で麦茶を与えてみるのも一つの方法です。ただしミルクと麦茶では液体の粘度(ねばりの度合い)が異なりますので注意してください。
ミルクよりもサラサラしている麦茶は哺乳瓶の「ちくび」から勢いよく流れ出てきますので、赤ちゃんがミルクと同じ感覚で吸ってしまうとむせてしまう可能性があります。最初のうちは注意深く見守ってあげるようにしましょう。

ストローマグで飲ませる

外出先での赤ちゃんの水分補給にも便利なストローマグですが、多くの製品は生後6~9ヶ月程度からの赤ちゃんを対象としていますので、使用する際はその製品の対象年齢を確認することを忘れずに。ストローで飲み物を飲む練習に麦茶を使うのも一つのアイデアです。
ストローマグで飲み物が飲めるようになると、赤ちゃんの水分補給がぐっと楽になりますよ。

コップで飲ませる

コップで飲み物が飲めるようになるには、離乳食にも慣れ、唇の上下を閉じて上手にものが食べられるようになることが必要です。赤ちゃんの様子をよく観察しながら、コップで麦茶を飲む練習を開始してみましょう。
最初は飲み口が広くて浅い、おちょこや盃などの小ぶりな容器で始めることがオススメです。

赤ちゃんに麦茶を飲ませるときの注意点

アレルギーに気をつける

鶏卵、牛乳、小麦は食物アレルギーの三大アレルゲンと呼ばれていますが、麦茶の原料は小麦ではなく大麦ですので、小麦アレルギーの赤ちゃんでも飲むことができます。しかし、「大麦アレルギー」というものも存在はしますので一定の注意が必要です。
初めて赤ちゃんに麦茶を与えるときは量を最小限にして、与える時間帯も平日の午前中にするなどして、万が一の病院診療に備えるようにしましょう。

量に気をつける

最初の章でも説明した通り、離乳食を始める前の赤ちゃんにとって、母乳やミルク以外による水分補給は必ずしも必要ではありません。麦茶を飲み過ぎて授乳や離乳食に影響を及ぼしてしまっては本末転倒ですので、麦茶を与える際はその量に十分注意するようにしてください。

温度に気をつける

麦茶を赤ちゃんに与える際の適温は母乳やミルクと同じ「人肌の温度」です。冷たい麦茶は赤ちゃんの消化器官や内臓に負担をかけてしまう可能性がありますので、たとえ真夏の暑い日でもキンキンに冷えた麦茶を与えるようなことは避けてください。

タイミングに気をつける

赤ちゃんにとって麦茶はあくまで補助的な水分補給源であることを忘れずに。汗をかいて眠ったあとの寝起きのタイミングは赤ちゃんに麦茶を与える適切なタイミングの一つと言えます。また授乳や離乳食の合間で「のどが渇いているかな?」と思われるタイミングなどに飲ませてあげるとよいでしょう。

赤ちゃん用麦茶の選び方

まずはなんと言っても「赤ちゃん用の麦茶」を選ぶことをオススメします。赤ちゃん用の麦茶は苦みを抑えた味わいに調整されていて、温度に注意しさえすればそのまま赤ちゃんに飲ませることができるので便利です。
また、安全性にも十分に気をつけたいところ。着色料や保存料、香料などの添加物が使用されていない麦茶を選ぶようにしましょう。

赤ちゃん用の飲料としてポピュラーな麦茶ですから、販売されている製品の種類も多岐にわたります。飲む量や飲み方のスタイルに合わせて適切な製品を選ぶようにしましょう。

オススメの赤ちゃん用麦茶

粉末タイプ:飲みたいぶんだけ 麦茶/和光堂

飲みたいぶんだけ 麦茶/和光堂
国産の六条大麦を使用した、カフェインを含まない赤ちゃんに優しい麦茶。便利な個別包装の粉末タイプなので、赤ちゃんが飲みたいときに飲みたい分だけ手軽に作れるのがオススメのポイントです。

ティーバッグタイプ:こども喜ぶ麦茶/はくばく

こども喜ぶ麦茶/はくばく
赤ちゃんも飲めるように苦みが抑えられた麦茶。国産大麦を使い、低温焙煎で大麦の甘みや旨みを引き出し、家族みんなで楽しめる麦茶です。

ペットボトルタイプ:ベビー麦茶/ピジョン

ベビー麦茶/ピジョン
厳選した国産二条大麦100%を使用した麦茶。赤ちゃんにも飲みやすい、苦みの少ないマイルドな麦茶です。すでに麦茶ができあがっているペットボトル飲料ですので、温度さえ調整すればそのまま赤ちゃんに与えられます。

紙パックタイプ:健康ミネラル麦茶 こどもむぎ茶 紙パック/伊藤園

健康ミネラル麦茶 こどもむぎ茶 紙パック/伊藤園
国産大麦100%。ミネラル分を含む海洋深層水を使用するなど原料にこだわった製品。無香料・無着色で赤ちゃんにも安心な紙パック麦茶です。

いかがでしたか?母乳やミルク以外で初めて飲む物が麦茶という赤ちゃんも多いのではないかと思います。そんな麦茶だからこそ、飲み方や注意点を事前に把握したうえで赤ちゃんに飲ませてあげたいものですね。ぜひこの記事を参考にして初めての麦茶にチャレンジしていただければ幸いです。

さて次の記事では、始めるタイミングが麦茶とも重なる「離乳食」について、世界の離乳食事情も踏まえつつ、そのポイントや注意点について詳しくご紹介していますので、ぜひご参考になさってください!

ディズニー英語システムが新しくなりました!
なぜ早いうちから英語を始めた方がいいの?

RANKING 人気記事RANKING 人気記事

Pickup ピックアップ記事

Category カテゴリーから探す

  • マタニティ
  • 0歳
  • 1歳
  • 2〜3歳
  • 4歳以上
  • 特集/ニュース

子供英語タイムズについて

写真

子供英語や幼児英語に関するトピックを中心に、お子様の教育に役立つ情報を提供するメディア、それが「子供英語タイムズ」です。お子様の年齢に合わせた育児情報、英語教育の特集記事やニュースなど、ワールド・ファミリーがこれまで蓄積してきたノウハウをベースに様々な情報をご紹介していきます。

ワールド・ファミリーの子供・幼児英語教材ディズニー英語システムは、英語を母国語としない日本の子供たちのために楽しく英語が学習できるよう考案された英語習得プログラムです。
ディズニー・キャラクターたちと一緒に英語を楽しく学べるから、お子様も大喜び!

親子で楽しめる!無料サンプルプレゼントさらに、お風呂でABCポスターももらえる! 親子で楽しめる!無料サンプルプレゼントさらに、お風呂でABCポスターももらえる!
わくわく無料体験

RANKING 人気記事RANKING 人気記事

タグから見つける

トップへ戻る