1歳

2017/07/14

外出先で赤ちゃんに英語を聞かせると効果絶大⁈ レジャーで使える英語のフレーズ5つ

外出先で赤ちゃんに英語を聞かせると効果絶大⁈ レジャーで使える英語のフレーズ5つ

赤ちゃんにとってレジャーは特別な体験です。レジャーは、初めて触れる物事から刺激を受けて新しい知識を得る貴重な機会です。日常とは異なる新鮮な体験は赤ちゃんの記憶にも印象深く残るでしょう。

このような機会は、たくさんの英語を赤ちゃんに触れさせるチャンスです。今回は、動物園や水族館などに出かける前にできる英語学習の工夫と、外出先で赤ちゃんに声をかけるときに使える英語のフレーズをご紹介します!

 

外出の前の準備で英語のインプットがスムーズに!

外出の前の準備で英語のインプットがスムーズに!

動物園や水族館には、生き物との出会いがたくさんあります。外出の予定を決めたら、事前にお家で生き物の写真やイラストが載った絵本の読み聞かせをしましょう。このとき生き物の名前を英語で赤ちゃんに聞かせておき、動物園や水族館で実際の生き物を見たときも同じ英語を聞かせれば、赤ちゃんの中で知識と体験が結びつき、英語が記憶に残りやすくなります。

ミニサイズの絵本があるなら、外出先に持参するのもオススメです。絵本と実際の生き物とを見比べながら英語を聞かせると、インプットしたときの記憶がよみがえりやすくなります。

 

レジャーで使える英語のフレーズ5つ

レジャーで使える英語のフレーズ5つ

赤ちゃんがレジャーを楽しんでいるときに、英語のフレーズで声をかけると英語を使う自然なタイミングを実際に体験することができます。動物園や水族館で使える英語のフレーズを5つご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください!

〇There is a lion at the zoo.(この動物園にはライオンが1匹いるよ。)
ライオンが複数いるときは「There are some lions at the zoo.」と言います。

〇What a big bear! (なんて大きな熊なんだろうね!)
「bear」を「giraffe」(キリン)や「whale」(くじら)、「dolphin」(イルカ)など、さまざまな動物の名前に入れ換えて使ってみましょう。

〇Wow! There are so many fish! (たくさんの魚がいるね!)
水族館でたくさんの魚が泳ぐ様子を目にしたとき、感動を込めて赤ちゃんに英語で声をかけてみてください。

〇Don't be scared.(怖がらないで。)
大きな生き物や初めて目にする生き物に出会ったとき、赤ちゃんがびっくりして怖がることもあるかもしれません。そんなときは、やさしく英語で「Don't be scared.」と声をかけてみましょう。この英語のフレーズに加えて、「It’s OK.」(大丈夫だよ。)と話しかけるのもよいでしょう。

〇Let's take a picture.(写真を撮りましょう。)
赤ちゃんのお気に入りの動物や、家族の記念写真を撮るときに「Let's take a picture.」と赤ちゃんに声をかけると、英語のフレーズの意味を理解しやすくなります。
また、撮った写真を見ながら思い出を振り返ったときにも英語のフレーズを思い出しやすくなりますよ。

赤ちゃんと一緒に英語を楽しんでいるユーザーがいっぱい!
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)