0歳

公開日:2018年08月22日

子供の英語学習は何歳から?ベストな時期に始めたい学習のポイント

子供の英語学習は何歳から?ベストな時期に始めたい学習のポイント

「子供の英語学習は早いうちから始めた方がいい!」という意見はよく耳にしますよね。今回は、子供が英語学習を始めるベストなタイミングについて、詳しく見ていきたいと思います。また、早いうちから英語学習を始めることで得られるメリットや英語学習のポイント、オススメの学習教材についての情報もお届けするので、参考にしてみてください。

参考:子供の英語学習をサポートするヒントをチェック!
日常生活の中で英語を取り入れるコツと、「英語でつまずかせないための5か条」
日常生活の中で英語を取り入れるコツと、「英語でつまずかせないための5か条」

身近な題材を英語で表現して親子のふれあいを増やしましょう!

<目次>
英語学習は何歳から始めたらいいの?
5歳までには英語体験の機会を作ることが大切
幼児期にオススメしたい4つの学習ポイント
幼児期の英語学習に役立つ教材はこれ!
親子で一緒に英語を楽しもう

英語学習は何歳から始めたらいいの?

英語学習は何歳から始めたらいいの?

それではさっそく、英語学習は何歳から始めるべきなのか、ベストなタイミングについて見ていきましょう!早いうちから英語学習を始めるメリットについても、詳しくお教えします。

ベストなタイミング

英語学習を始めるベストなタイミングは、0歳から5歳の幼児期と言われています。「まだ言葉も認識していない時期から英語を教えるなんて…」と思われるかもしれません。しかし、幼児期の子供を対象にした学習教材は意外と多くありますよ。
また、乳幼児期や子供がお腹の中にいる頃から英語学習を始めたという意見も多数あり、早いうちから英語に触れる機会を作っている方もたくさんいらっしゃるのだとか。もちろん、大きくなってから英語の学習を始めても遅くはありませんが、できるだけ0歳のうちから、英語を身近に感じられる環境を整えてみてはいかがでしょうか。

早いうちから英語学習を始めるとこんなに良いことがある!

英語に慣れさせることができる

英語に触れる時間が長ければ長いほど、英語を習得しやすくなります。少しずつでも0歳から英語学習を取り入れていけば、英語に触れる時間をより長く伸ばすことができるので、早く英語に慣れることができるのです。

一般に、日本人が英語を習得するのには約2,000時間の学習が必要だと言われています。例えば、1日3時間英語の学習に時間を当てると約667日で2,000時間に達しますが、就学後に一日3時間もの英語学習時間を確保するのは現実的ではありません。

そこで、乳幼児期にたくさん英語に触れておくことで、必要な学習時間を早目に確保しておきましょう。できるだけ早いうちに、少しずつ英語に慣れさせていくと、子供が成長してからの英語学習がよりスムーズになるでしょう。

音をスムーズに覚えられる

0歳の頃は、英語を言葉として認識していません。そのため英語を音として捉えることができ、単語や英文が頭に入っていきやすいという最大の魅力があります。生まれてまだ1年経っていない子供の脳は、どこの国の言葉でも、1つの音として認識して学んでいきます。赤ちゃんは日々の生活の中で、その音が意味を持つ言葉であると徐々に理解していくのです。音から徐々に言語として理解していくことで、複数の言葉を同時に習得していくことが大人と比較して容易になります。これは、米ワシントン大学の研究でも明らかになっています。
大人の英語学習にも、聞き流して音を覚えるという方法がありますが、これと同じように0歳のうちから英語を聞いていれば、英語を音として捉えやすいというメリットとの相乗効果で、より早く英語を身につけることができるのです。

発音をしっかりと聞き取れるようになる

0歳の子供は、日本語の発音をまだしっかりと認識していないため、日本語独特の癖がついていません。そのため、英語の独特な発音も、スラスラと頭に入っていきます。英語は日本語の学習と同じように、「聞き取れるようになる→話せるようになる」という方法で身につけることができるわけです。
まずは、耳で聞いて音を覚えること。早いうちから英語を聞かせておくと、より効果的に発音を覚えることができるでしょう。
例えば、「ン」という音が2つ入っている「ペンギン」という単語を思い浮かべてみてください。私たち日本人ならどちらも同じ「ン」という音として聞こえますが、ネイティブの方たちはそれぞれ違う音に聞こえています。最初の「ン」は“ng”、次は“n”として聞こえているのです。まずはこのような音の違いを認識できるように学習していけば、自然とネイティブの発音を身につけていくことができます。

参照:幼児期ならまだ大丈夫!英語教育の専門家が考える「子どもが英会話を始める最適な時期」とは

5歳までには英語体験の機会を作ることが大切

5歳までには英語体験の機会を作ることが大切

5歳までの時期は、「英語を聞いてそのままの音を繰り返し発音する」という能力に長けていると言われています。その理由とは、一体どんなものなのでしょうか?こちらで解説していきます。

5歳までは聞く力が高い

だいたい5歳くらいまでは、聞いた言葉の原音に近い発音をすることができます。そのため、なるべく5歳までには英語学習を始めるのをオススメします。この時期に日本語だけを聞かせていると、耳が日本語に慣れて、英語の微妙な発音が聞き取れなくなってしまうようです。
大人になってから英語の勉強をする際にネックになるのが、この微妙な発音の聞き取りです。特に苦戦するのが、「L」と「R」の発音の違いではないでしょうか。この小さな違いも、より幼い頃から英語に触れていれば、きちんと識別することができるようになるのです。
0歳から5歳の時期だと、初めのうちは「聞いた音を繰り返す」という遊びのような学習方法になりますが、それだけでも英語の基礎を育てていくことができます。聞くことは最も基本的な学習方法です。
例えば、耳で捉えた音を視覚的に表現したり再確認したりする学習方法をとることで、さらに良い効果を生み出すことができます。

また、この時期に英語に触れている子とそうでない子とでは、英語の読み書きを行う能力に、大きな差がつく可能性があります。「聞く力」と「読み書きの力」の関係性を調べた研究結果では、英語の読み書きを難しいと感じる子供たちのほとんどが、発音の識別に対して苦手意識を持っていたことが明らかにされています。
つまり、英語学習を幼児期から初めておくということは、成長してから行う読み書きの英語学習にも、大きく役立つということです。今のうちに、積極的に英語に触れる機会を作ってあげましょう!

参照:音声に対する敏感さと英語学習総合能力との関係

幼児期にオススメしたい4つの学習ポイント

幼児期にオススメしたい4つの学習ポイント

幼児期の英語学習は、これからご紹介する4つのポイントに気をつけることでより効果的に行うことができますよ。それぞれのポイントを詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.一緒に楽しく学ぶ

幼児期の子供は学校に通っていないため、英語学習の場は主に自宅になります。親子で一緒に楽しく学べる環境を作ってあげましょう!
「英語=勉強するもの」ではなく、「英語=楽しむもの」という考えを取り入れることで、子供も親も楽しんで英語を学ぶことができます。親も子供と一緒に英語教材で遊びましょう。英語の絵本や英語のアニメを楽しんだりして子供が英語に親しめる環境を作ってみてください。

2.親も積極的に英語を話す

自宅で一緒に英語学習を行う際は、親も積極的に英語を話すようにしましょう。英語の発音が上手くできないという心配もあると思いますが、幼児期に学ぶ英語は難しいものではないので、ママやパパも一緒に覚えていくことができます。
また、得意・苦手に関わらず、英語を一緒に話すという姿勢も大切です。読み聞かせや一緒に歌を歌う際は、大きな声を出してみてください。そうすることで、まずは声に出すことが大切ということを子供に教えることができるでしょう。
読み聞かせは、子供と一緒に行う学習法に適しています。読み聞かせをする際は、自信を持ってしっかりと声を出すことがポイント。子供と一緒に楽しみながら、積極的に英語を話してみましょう!

3.学習を継続する

英語だけでなく、何事も続けることで一生モノのスキルに磨き上げることができます。そのため、毎日少しずつでも英語学習を続けることが重要なポイントです。幼児期の子供は、英語の音をスムーズに吸収していきますが、その分忘れるのも早いので、できるだけ毎日学習することが大切なのです。
学生の試験直前のように、短期間のうちに詰め込むのではなく、1日10~20分程度でもいいので、毎日続けるようにしましょう。このように継続して学習を続けることで、だんだんと英語が身についていきます。

4.動きを取り入れて脳を活性化させる

英語を覚える際は、「聞き流し」を何度も繰り返す方法も効果がありますが、他にも「体を使って学習する」という方法があります。一緒に動きを真似できるような、英語のアニメを見せるのも効果的です。
ママ・パパも子供と一緒に英語のリズムに合わせて体を動かせば、子供と触れ合う良いきっかけにもなります。
英語の歌に合わせて踊ったりして、英語のDVDに出てくるキャラクターや人物の動きを真似てみましょう。体を動かしながら、知っている英語を言葉に出すのもオススメです!

幼児期の英語学習に役立つ教材はこれ!

子供英語の無料体験
子供英語の無料体験
幼児期の英語学習は、「音を覚えることから始めることが大切」ですので、教材を選ぶときも、良質な音源を選びましょう。
例えば、「ディズニーの英語システム」(DWE)という、ディズニーのキャラクターや、可愛らしい動物たちのキャラクターを取り入れた教材があります。このDWEで人気のある、2つのセットをご紹介していきます。

プレイ・アロング・セット

プレイ・アロング・セットは、体感型の英語教材です。DVDや絵本、そしてたくさんのおもちゃが入っています。0歳から活用できる教材で、DVDの映像には体を使ったさまざまな遊びが取り入れられています。そのため親子のコミュニケーションにも最適ですし、子供の運動能力を発達させることも可能です。
また、セットに入っているぬいぐるみなどのおもちゃは、DVDの映像の中に登場するので、子供が映像を真似して遊ぶことができます。映像とおもちゃを活用して、英語学習に遊びを取り入れることで、「英語=楽しいもの」と感じてもらうことができるでしょう。

シング・アロング・セット

この英語教材は歌をテーマに英語学習ができます。シング・アロング・セットのCD・DVDには英語の歌が131曲も収録されています。
0歳のうちから、CDをかけ流して、英語の音に慣れさせてあげることができます。音楽に合わせて日常会話のフレーズが流れてくるので、自然とたくさんの英語を頭にインプットすることができるでしょう。また、英語には日本語と異なる独特なイントネーションがあるので、聞いていくうちに、そのイントネーションも一緒に覚えることができます。
イラストや映像に興味を持つようになったら、セットの絵本やDVDでの学習も取り入れることが可能です。絵本の朗読CDもあるので、発音に自信がないママやパパも、一緒に楽しく学ぶことができるでしょう。上手く発音できるようになったら、自信を持って子供に絵本の読み聞かせを行うこともできますね!イラストもわかりやすく描かれているので、子供も理解しやすい絵本となっています。
DVDは、映像と音とのつながりをはっきりと理解できるような内容になっているので、アニメ番組を見る感覚で、子供も楽しむことができるでしょう。

親子で一緒に英語を楽しもう

ここまで、英語を始める具体的な年齢や、いつまでに英語を学ぶ機会を作ってあげたらいいのか、幼児期に行う英語学習のポイントや、その英語学習に役立つオススメの教材についてご紹介しました。英語学習は、なるべく早い時期に始めることをオススメします。できるなら、0歳の頃から始めるようにしましょう!そうすることで、英語を聞き取る能力を大きく伸ばしていくことができます。
また、5歳までの幼児期に英語を学んでおけば、読む力や書く力にも良い影響を与えるので、将来行う英語学習をスムーズにこなせるようになります。子供が小さいうちに、親子で一緒に学べる教材を使って、楽しく英語を学習してみてください。先程ご紹介した、「ディズニーの英語システム」(DWE)なら、子供と一緒に楽しく英語を学ぶ環境作りにピッタリですよ。楽しんで学習することで、子供は自然と英語を覚えられるようになるでしょう!

  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)