0歳 英語
  • 更新日:2019年5月27日
  • 公開日:2017年1月20日

外国の子供の名前の不思議!ミドルネームって何?正式名に愛称が使われる?!

外国の子供の名前の不思議!ミドルネームって何?正式名に愛称が使われる?!

赤ちゃんが生まれて最初にするのが名づけです。日本では子供の名前を決めるときに、吉凶の占いに基づき名字と名前の画数のバランスにこだわったり、漢字の意味を意識したりする慣習があります。
では、日本と異なる文化や風習がある外国では、子供の名前をどのようにして決めるのでしょうか?子供の名前にまつわる外国ならではの風習や文化についてご紹介します!

外国にはミドルネームがある!

外国にはミドルネームがある!

日本人の名前は「姓」+「名」で成り立っていますが、アメリカやイギリスなどの欧米の国々では「名」を先にして、「ファーストネーム(名)」+「ミドルネーム(名)」+「ラストネーム(姓)」で成り立っていることが多いです。このように2つの名を持つ人の多くは、普段「名」として呼ばれるのはファーストネームまたはミドルネームのどちらかとなります。

ミドルネームは省略されることも多く、頭文字だけで表したり、ファーストネーム+ラストネームだけを使ったりすることもあります。
ただし、パスポートの申請や正式な書類へのサインには、ミドルネームを省略せずに記入します。姓名が同じ人を区別するのにも、ミドルネームは役立っています。

また、ファーストネームとミドルネームの両方を呼び名として使っている場合もあります。生まれたときに親がどのように呼ぶか決めていることが多いようです。ただ、ファーストネームで呼ぶのが一般的な国で、ミドルネームが呼び名の場合は、事前に保育園や幼稚園などにミドルネームで呼んでほしいと伝えることもあります。

ミドルネームはどんな風につけるの?

ミドルネームには色々なつけ方があります。

家系を表すミドルネーム

父母や祖父母、親類のファーストネームやミドルネームを子供のミドルネームとしてつけることがあります。例えば、長男は父親、長女は母親の名前をミドルネームとしてつけるような場合です。
また、結婚によって女性が夫の姓を名乗る国では、旧姓を子供のミドルネームにつけることもあります。
ミドルネームのつけ方が伝統的に決められていることが多いスペインやチリのような国では、子供が生まれる前でも、子供の性別が分かった時点でミドルネームが既に決定していることもあります。ときには、子供を授かる前から「将来子供ができたら、このミドルネームをつける」と決まっている場合もあるのです。

洗礼名を表すミドルネーム

洗礼名(キリスト教徒が洗礼を受けるときにつけられる名前)がミドルネームになっている場合もあります。洗礼名は聖人や天使の名前が由来になっている場合が多いようです。

尊敬している人物などを表すミドルネーム

歴史上の偉人などの、尊敬する人物もミドルネームの由来として人気です。
例えば、『ジェーン・エア』を書いた文学者ブロンテ姉妹にちなんで“Bronte”とつけたりします。
また、偉人だけでなく、恩師や友人の名前にちなむ場合もあるようです。

苗字が2つある国も!

スペインや南米では、子供にパパとママ両方の苗字をつける習慣があります。
この場合、フルネームは「ファーストネーム(名)」+「ミドルネーム(名)」+「ラストネーム(父親の姓)」+「ラストネーム(母親の姓)」となります。
ミドルネームはつけない場合が多いようですが、名と姓が一つずつの日本人からすると「名前を書くのが大変そうだな…」と思ってしまいますよね。

このように名も姓も2つずつある人が他の国に移住した場合、書類の名前を書く場所が小さすぎることも。ですから、日本のように一つずつの名と姓が一般的な国に移住したときは、重要な書類以外、ファーストネームと片方の苗字だけを記入しているようです。

ファーストネームには正式名と短縮名がある!

ファーストネームには正式名と短縮名がある!
日本では「ケンタロウ」を「ケン」「ケンちゃん」、「ミサキ」を「ミサ」「ミーちゃん」と呼ぶなど、名前の響きを変えて愛称で呼ぶことがありますね。アメリカやイギリスでも同様に“David”(デビッド)を“Davey”(デイビー)“Dave”(デイブ)と呼ぶなど、ファーストネームを短くして呼ぶ風習があります。

中には、日本人から見るとわかりづらい短縮の仕方をする名前もあります。
例えば、“William”(ウィリアム)は“Bill”(ビル)や“Billy”(ビリー)に、“Robert”(ロバート)は“Bob”(ボブ)“Bobby”(ボビー)に、“Elizabeth”(エリザベス)は“Beth”(ベス)“Betty”(ベティー)“Liz”(リズ)“Lisa”(リサ)に変化します。
正式名と響きが全く異なる呼び方の短縮名があるなんて、驚いてしまいますね!
短縮名は、子供が生まれたときに両親や家族が決めることがほとんどです。小さな頃から家庭で呼ばれることで定着し、その後子供が大きくなって自分の名前を名乗るときも、正式名ではなく短縮名を使うことがよくあります。
アメリカやイギリスでは短縮名を日本の愛称のように「呼び名」として扱うだけでなく、ファーストネームの代わりに手紙やメール、書類などにサインするときにも使います。短縮名が正式名と同じくらい重要なものとして扱われるというのは、日本の文化にはないことなので、知識として知っておくとよいかもしれません。

なお、名前のつけ方以外にも、海外には日本と違った風習が多くあります。次の記事では、国ごとに異なる太陽など、ものの色の表現方法を紹介しています。こちらの記事もぜひご覧ください。

ディズニー英語システムが新しくなりました!
なぜ早いうちから英語を始めた方がいいの?

RANKING 人気記事RANKING 人気記事

Pickup ピックアップ記事

Category カテゴリーから探す

  • マタニティ
  • 0歳
  • 1歳
  • 2〜3歳
  • 4歳以上
  • 特集/ニュース

子供英語タイムズについて

写真

子供英語や幼児英語に関するトピックを中心に、お子様の教育に役立つ情報を提供するメディア、それが「子供英語タイムズ」です。お子様の年齢に合わせた育児情報、英語教育の特集記事やニュースなど、ワールド・ファミリーがこれまで蓄積してきたノウハウをベースに様々な情報をご紹介していきます。

ワールド・ファミリーの子供・幼児英語教材ディズニー英語システムは、英語を母国語としない日本の子供たちのために楽しく英語が学習できるよう考案された英語習得プログラムです。
ディズニー・キャラクターたちと一緒に英語を楽しく学べるから、お子様も大喜び!

親子で楽しめる!無料サンプルプレゼントさらに、お風呂でABCポスターももらえる! 親子で楽しめる!無料サンプルプレゼントさらに、お風呂でABCポスターももらえる!
わくわく無料体験

RANKING 人気記事RANKING 人気記事

タグから見つける

トップへ戻る