0歳

2016/12/20

日本は母乳先進国だった?!外国人が驚く日本のママの授乳事情

外国では、外出先で赤ちゃんに母乳をあげるとトラブルになってしまうこともあります。一体なぜそのようなことが起こってしまうのでしょうか?

外国と日本の社会を比較してみると、日本が母乳育児の先進国であることが見えてきましたよ。

 

外国人のママは外出先で授乳ができない?!

 

近年アメリカで、レストランや図書館、病院、公園などの公共の場での授乳が大きな社会問題になっています。外出先で赤ちゃんに授乳をしようとしたママが、店員に出ていくように言われたり、周囲の人から心ない言葉を投げかけられたりする出来事が起こり、授乳をめぐって社会的な議論が巻き起こっているのです。

アメリカには人前での授乳を問題視する風潮があり、母乳育児を原始的な行動と捉えたり、授乳している姿がセクシャルな印象を与え周囲の人が不愉快な思いをするという考えを持つ人もいます。

そもそもアメリカでは、母乳よりもミルクの方が栄養価も高く赤ちゃんの体にいいと信じられ、ミルクで育児をする人が多数派でした。しかし、近年、WHO(世界保健機関)が発育効果や免疫効果のある母乳育児を推進する指針を発表したことから、医療機関でも母乳育児へのサポートが積極的に行われるようになりました。これにより、赤ちゃんに母乳を与えたいと思うママたちが増加したという背景があります。そのためアメリカのほとんどの州では、母乳で赤ちゃんを育てたいと思うママのために公共の場での授乳を認める法律を定め、法的に守るという措置をとっています。

ただし、アメリカ全土の約半数の州では公共の場所や職場での授乳を認めていますが、逆に半数の州では公共の場での授乳を一部制限しているのが現状です。例えばジョージア州の法律では、「母親と赤ちゃんが一緒にいてよい場所では、母親は赤ちゃんに授乳する権利がある」としており、授乳してはならない場所も存在しているのです。

参考:
「Mama & Baby Lactation Service「レストランで授乳していい?悪い? (母乳育児と法律)」
「海外の⺟乳育児アメリカの取り組み」

 

外国人が驚く日本のママの授乳事情

 

アメリカでは人前での授乳が問題になることがありますが、日本ではそのようなトラブルはほとんどありません。外国人のママの方が日本人のママよりも母乳育児を選択する人の割合が多いかというと、そういうわけでもなく、むしろ日本人のママの方が母乳派が多いくらいです。外国人からしてみれば、一体どうして日本では授乳に関するトラブルが起きないのか、不思議に思うかもしれませんね。

日本では、昔から人前や外出先で母乳を与えることがごく普通のこととして行われており、公共の場での授乳が社会的に受け入れられています。

また、多くの産院では母乳育児に関する指導を積極的に行っています。初乳にはビタミンAやビタミンE、ナトリウム、亜鉛、セレンなどが豊富で、免疫を高める「免疫グロブリン」や「ラクトフェリン」、「オリゴ糖」などの成分も含まれています。母乳で感染症などのリスクから赤ちゃんを守ることができるとして、母乳の重要性は広く社会に浸透しており、平成27年度の厚生労働省の調査では約9割のママが母乳育児を選択しています。

ほとんどのママが母乳育児を選択する日本では、授乳のための環境整備にも意識が向けられ、外出先で授乳の場所に困らないように役場や駅、図書館、デパートなどには授乳室が備えられています。また、授乳の際のグッズもさまざまなものが開発され、肌を露出せずに授乳できる授乳服や授乳ケープなどのアイテムもたくさん流通しています。

授乳室や授乳のためのアイテムが充実している日本は、外国人から見ると「先進的で素晴らしい!」と感じるかもしれませんね。

 

幼児期からの英語教育で、子供の可能性を広げましょう!
詳しくは コチラをご覧ください。

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)