0歳

公開日:2016年06月29日

女の子の赤ちゃんを持つママが知っておきたい、女の子の性格・行動&育てるときの心構え

女の子の赤ちゃんを持つママが知っておきたい、女の子の性格・行動&育てるときの心構え

昔からよく「女の子の赤ちゃんは育てやすい」と言われます。女の子の性格や発達には、どんな特徴があるのでしょうか。女の子の特徴と育て方のコツについて、詳しくみていきましょう。

 

女の子の方が丈夫ってほんと?

女の子の方が丈夫ってほんと?

女の子は育てやすいという理由によく挙げられるのが、「体が丈夫」ということです。男の子は風邪をひきやすかったり、熱を出しやすかったりするという意見もありますが、科学的な裏付けがなく、実際のところはまだはっきり分かっていません。ただ男女の発達を比べると、心身ともに女の子の方が成長が早いようです。

女の子は周囲の変化を敏感に感じ取り、相手の気持ちを考えながら行動するので、男の子と比べて小さいときから落ち着きがあるとよく言われます。これは裏返せば、「無茶な行動はしない」「言われたことを守る」ということに繋がります。活発に動き回る男の子に比べて女の子は大人しいので、ケガをする機会も男の子に比べて少ないのかもしれませんね。

 

女の子は会話やコミュニケーションが得意

女の子は会話やコミュニケーションが得意

周囲に敏感に反応する女の子は、言葉を話し始めるのが早く、おしゃべりも大好きです。赤ちゃんの頃から歌を聞かせたり、たくさん話しかけると、言葉を吸収するスピードがいっそう早くなりますよ。

また、コミュニケーション能力に優れているのも、特徴のひとつです。女の子がおままごと遊びを好むのも、その表れです。おままごとは、普段見聞きしたことを再現して遊ぶので、周囲の出来事をそれだけしっかり感じ取っているということになります。おままごと遊びを通して人との関わりを楽しんだり、語彙力や表現力が身に付くので、家庭でもぜひおままごと遊びを積極的に取り入れてみてください。

 

女の子を叱るときの注意点

女の子を叱るときの注意点

女の子を叱るときは「頭ごなしに叱らない」ということを大事にしましょう。

人の気持ちを敏感に察してしまう女の子は、言いたいことを言えずに我慢してしまうことがあります。例えば、活発な性格の男の子だと、ママに怒られても「本当はそうじゃない!」「僕の話をちゃんと聞いて!」と言えますが、女の子は怒られると自分の言いたいことを言わず、黙り込んでしまう傾向にあります。

自分の意見なんて誰も聞いてくれない、相手の都合に合わせればそれでいい、とマイナスな思考に傾いてしまわないように、意見を言うことの大切さも教えてあげましょう。

女の子を叱るときは、叱る前に「どうしてそんなことをしたの?」としっかり理由を聞いてあげましょう。自分の思いを十分に聞いてもらったうえで叱られると、意見を伝えることの大切さを学ぶことができます。また、ママと会話する中で、なぜ叱られたのかについて自ら気づけるようにもなりますよ。

 

赤ちゃんと一緒に英語を楽しんでいるユーザーがいっぱい!
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)