0歳

2017/01/11

赤ちゃんと一緒に楽しくお風呂!泣いてしまったときの対処法は?

赤ちゃんと一緒に入るお風呂は、親子のスキンシップにもなり楽しい一時です。でも、赤ちゃんがお風呂をこわがって泣いてしまったり、湯冷めして風邪をひいてしまわないかと心配に思うこともありますよね。ここでは赤ちゃんのお風呂の入れ方の基本やコツ、お風呂で泣いてしまう赤ちゃんへの対処法などの情報をお届けします!

 

赤ちゃんのお風呂は下準備が大切!

赤ちゃんのお風呂は、下準備がとっても大切です。特に冬の浴室はほかの部屋よりも室温が低く、温度差で赤ちゃんが泣いてしまうこともあります。できればお風呂に入る前に浴室全体を温めておきましょう。浴室の温度は、お湯を張った浴槽のふたを10分ほど開けておいたり、シャワーでお湯を出しミスト効果で上昇させることができます。

また、お風呂に入る前には必ず、湯上り用のタオルと着替えを用意しておきます。お風呂からあがったらすぐに使えるよう脱衣スペースにセットしておくと、赤ちゃんを湯冷めさせずさっと服を着せることができますよ。

 

お風呂で泣いてしまう赤ちゃんへの接し方

裸で空気にさらされると不安になって泣いてしまう赤ちゃんもいます。そんなときは赤ちゃんの体にタオルをかけたり、肌と肌をくっつけるようにしてママが抱っこすると落ち着かせることができます。

浴槽のお湯やシャワーの温度は40℃が目安です。やけどなどの事故を防ぐためにも、赤ちゃんにお湯をかけるときは、必ず先にママの手でお湯の温度を確かめてから赤ちゃんにかけるようにしましょう。シャワーは最初に冷たい水が出ることもあるので、温度が一定になるまで赤ちゃんにかけないように注意してください。中には、シャワーの音にびっくりして泣きだす赤ちゃんもいます。シャワーが苦手な赤ちゃんには、水量を減らし音を小さくしたり、シャワーではなく洗面器でお湯をすくい、静かに体にお湯をかけるようにするとよいですよ。

赤ちゃんが泣きやまないときは、そのまま無理に体を洗い始めたり浴槽に浸かったりすると、お風呂ぎらいになってしまうことがあります。赤ちゃんが泣いているときはまず気持ちを落ち着かせることが大切。体全体を包み込むようにしっかり抱っこし、やさしく話しかけたり、おっぱいをあげると安心して泣き止んでくれますよ。

 

ママが体を洗うときはどうすればいいの?

赤ちゃんの体を洗ったら今度はママの番。でも、その間赤ちゃんをどうすればいいのか困ってしまいますね。そこでオススメなのが、バスチェアです。リクライニングタイプのバスチェアなら、生後2ヶ月から使用できるものもあります。ガラガラなどのおもちゃがついているものもあり、ママが体を洗っている間、すぐそばで赤ちゃんを遊ばせておくことができますよ。

バスチェア以外にも、お風呂で使えるおもちゃを複数用意しておくと、赤ちゃんを飽きさせずに待たせることができます。先輩ママの中には、水分補給もかねて紙パックのジュースを持たせたという人も。お風呂は毎日入るものですから、赤ちゃんがその時間を楽しめるように、あれこれ工夫してみるのもいいかもしれませんね!

 

赤ちゃんと一緒に英語を楽しんでいるユーザーがいっぱい!
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)