0歳

2017/01/18

英語で子供に毎日声かけ!すぐに使える英語表現7つ

0歳は耳から入る言葉をぐんぐん吸収する大切なとき。特に子供はママからの声かけに強く反応し、ママがかける言葉をしっかり聞いています。CDやDVDを使ってネイティブの発音と映像を子供にいっぱい見せたり聞かせたりしたら、子供に向かってそのシーンをママが再現してみましょう!英語学習の教材にもよく登場する英語のフレーズを7つ紹介しますので、ぜひ普段の生活の中での声かけにも利用してみてくださいね。

 

Wake up.

朝がきたら子供にかける言葉といえば、「目を覚まして」ですよね。英語では「Wake up.」と言います。

「目を覚まして。朝だよ。」と英語で伝えたいときは「Wake up. It’s morning.」と言います。

 

Wash your hands.

ごはんやおやつを食べるときは、まず手を洗いますね。そんなときは英語で「Wash your hands.」と声かけしてみてください。

「Wash your ○○.」という英語のフレーズを覚えておくと、「○○を洗ってね」とさまざまな表現ができます。例えば、「顔を洗ってね」は「Wash your face.」、お風呂では「体を洗ってね」の意味で「Wash your body.」と声かけをすることができます。

 

Brush your teeth.

「歯を磨いてね」をつい「Wash your teeth.」と言ってしまいたくなるかもしれませんが、
日本語で「洗う」と「磨く」を使い分けているように、英語でも「磨く」は「Brush」と表現します。

子供に「歯を磨いてね」と言いたいときは、「Brush your teeth.」だと覚えておきましょう!

 

Put on your clothes. 

子供に洋服を着てねと言うときは、「Put on your clothes.」というフレーズを使います。

同じように、靴下は「Put on your socks.」、靴は「Put on your shoes.」、帽子は「Put on your hat.」と身につけるものの名前を変えて応用することができます。

 

Let’s play!

おもちゃで遊びに誘うときは、子供に「Let’s play!」と英語で声かけしてみましょう。

「Let’s ○○!」という表現は、「一緒に○○しよう」と子供に誘いかけたいときに使います。例えば、「ダンスをしよう」と誘いたいときは「Let’s dance!」、「歌を歌おう」と言いたいときは「Let’s sing!」です。公園やお散歩にお出かけするときも「Let's go!」と声かけしてみてくださいね。

 

Come here.

「Come here.」は「こっちにおいで」と子供を呼びたいときに使います。手を振って「おいで」とジェスチャーで示しながら「Come here.」と声かけをすると、自然に英語の意味が吸収できます。

 

Can I have it?

「Can I have it?」は「それくれる?」という意味の英語のフレーズです。0歳~1歳くらいの子供は、物を人に渡したりもらったりするやりとりを楽しむことがあります。例えば、子供がおもちゃを持っているときにママが手を差し出しながら「Can I have it?」と声をかけてみてください。子供がママの手のひらの上におもちゃを乗せてくれたら「Thank you.」と伝えましょう。

普段の生活の中で積極的に子供に英語で声かけをすると、英語のフレーズが自然に吸収できます。ぜひ試してみてくださいね!

 

子供と一緒に英語を楽しみませんか?詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)