ディズニー英語システム TOP > 乳児・幼児からの英語 > 英語教育に関するニュース > 子供にさせたい習い事、1位は「英会話」、2位は「プログラミング」

英語教育に関するニュース

子供にさせたい習い事、1位は「英会話」、2位は「プログラミング」

イー・ラーニング研究所のアンケートによると、親が子供にさせたい習い事の1位は「英会話」、2位は「プログラミング教室」でした。親が子供に英会話やプログラミングを習わせたい理由は、何なのでしょうか?

英会話とプログラミング教室が、子供にさせたい習い事のトップを独占

3位の「スポーツ系」と大差をつけ、60%の親が選択

イー・ラーニング研究所が、子供を持つ20~50代の男女179人を対象に行った「年末年始の子どもの習い事アンケート」(調査期間:2019年12月3日~2020年1月9日)によると、「2020年、新しい習い事をさせたいですか(させる予定はありますか)」との質問に対して、「はい」と答えた親は、105人(59%)に及びました。
習い事を始めることに対して、意欲的な親が多いことがうかがえます。

では、「はい」と答えた人が具体的にどんな習い事を考えているのかというと、子供にさせたい習い事(複数回答可)の1位は「英会話」で63人(60%)、2位が「プログラミング教室」で62人(59%)でした。3位はスポーツ系で24人(23%)と、1位・2位とは大きな差がついており、英会話とプログラミング教室が子供にさせたい習い事の上位を独占しています。

2020年の教育改革も、子供の習い事選びに影響を与えている

「なぜその習い事をさせたのですか(させる予定なのか)」という質問に対しては、「将来のためになると思ったから」が83人(79%)と最も多く、「2020年の教育改正に向けて」と答えた人が39人(37%)でした。

グローバル化がますます進む中、「子供の将来のために英語やプログラミングの知識が必要」と考える親は、とても多いようです。また2020年の教育改革によって、小学校が英語教育やプログラミング教育に力を入れるようになったことも、子供たちの習い事に与える影響は大きいと考えられます。

「自分が英語を話せないから、子供には英語を」と考える親も多い

英語の習い事を始めるきっかけ、1位は「将来困らないように」

子供の習い事を、英語だけに絞ったアンケートもあります。株式会社カラダノートは、運営メディアのユーザー772人を対象に、「子どもの英語習得に関する意識調査」(調査期間:2018年9月11日~2018年9月18日)を実施しました。

その中で、「子供に英語を習わせている」と答えた171人に対して「英語の習い事を始めるきっかけは何ですか?」と質問したところ、1位は「将来困らないように」の105人(61%)でした。これは前出の習い事全般に関するアンケートにあった、「将来のためになると思ったから」という回答に近いでしょう。

「自分が英語を話せないから、子供に英語を」と考える親も多い

「自分が英語を話せないから、子供に英語を」と考える親も多い

このアンケートで特徴的だったのは、2位に「自分が話せない・苦手」という回答があったことです。171人中69人と、40%の親がそう答えています。

現在子育て中の人の中には、日本の英語教育に馴染めずに、苦手意識をもったまま大人になった人も少なくありません。「自分が英語を話せないから、子供に同じ苦労をさせたくない」と考えるのは、子供の幸せを願う親心といえるでしょう。

続いて3位は「小学校で必修になった」(45人)、4位は「子供が興味をもった」(32人)という回答がありました。「子供が興味をもったという回答が少ない」と思った方も、いるのではないでしょうか?これは、子供が英語を始める年齢とも、関係しているかもしれません。

2人に1人が、0歳から英語を始めている

1歳未満から英語を習い始める人が50%

このアンケートでもうひとつ、注目すべき結果があります。「子供に英語を習わせている」と答えた171人のうち、「子供が何歳の時に英語を習い始めましたか?」という質問に対して、「1歳未満から」と答えた人が85人(50%)もいたことです。2人に1人が、子供が0歳の頃に英語を習い始めたと答えています。

0歳から英語を習い始める理由としては、「発音や耳を鍛えたいから」「いざ勉強したいと思ったときに音の違いがわからないと不便と思った」といった回答もあったようです。子供の脳の成長を冷静に見極め、そのために必要なことを適切な時期に与えたいと願う親の気持ちが、伝わってくるようです。

3歳までは通信教育・教材、4歳から英会話教室に通うケースが多い

では、子供たちはいったいどのような方法で、英語を学習しているのでしょうか?「子供が何歳の時に英語を習い始めましたか?」という質問に対しては、半数以上の人が「通信教育・教材」で英語に触れたと答え、4歳からは「英会話教室」で英語を学ぶ子供が半数以上とのことでした。

3歳までの乳幼児期に自宅学習を選択するのは、自然に英語に親しむ環境づくりの大切さなどを配慮してのことかもしれません。

まとめ

2人に1人の子供が0歳から英語を習っているという状況に、驚いた方もいらっしゃるかもしれません。何歳から、どんな形で習い始めるのが良いのかは、各ご家庭の生活スタイルによって様々ですが、社会のグローバル化や国の教育改革の影響などもあって、英会話やプログラミング教室に高い関心をもつ親は今後ますます増えることでしょう。

英語教育に関するニュース