4歳以上のお子さまの英語教材|子供・幼児英語教材 ディズニー英語システム(DWE)

ディズニー英語システム TOP> 教材紹介> 4歳以上のお子さまの英語

4歳以上のお子さまをお持ちのご両親へ

4歳以上のお子さまの特長

4歳以上のお子さまの特長

話し言葉が一段と発達

4歳以上になると、話し言葉が一段と発達し、文章を構成しながら話せるようになります。

行動の幅が広がり
蓄積した英語がアウトプットにつながります

カードやぬり絵などの様々なアクティビティを楽しむことを覚え、文字を読むことにも興味を持ちはじめます。日常的に映像や音楽を流して、いっしょに歌ったり質問に答えたりすることで、インプットの量が蓄積されて、身についた英語のアウトプットにつながっていきます。

4歳以上のお子さまがいるご家族の
ディズニー英語システム
活用シーン

寝る前の習慣づけで成果がでています!

寝る前の習慣づけ

毎日寝る前に20枚ずつ通すトークアロング・カード。look forとthinkの違いがわからなかったはずがいつの間にか理解していてびっくりしました。
夜寝る前にやるのを忘れていると息子の方から「カードやってないよ!」と教えてくれるのも嬉しい成長です。いつのまにかDWEは我が家にはなくてはならないものになっています。

姉妹でなかよくDWE♪

姉妹でなかよくDWE

妊娠中、お腹に向かって沢山お歌を歌ってくれた長女。今では自然と次女にDWEのBookを読み聞かせてくれたり、歌やおもちゃで遊んでくれています。 イベントの先生のまねごっこをして「It's OK!」「everyone say hello!」など自然と身に付いた言葉を使ったり。 4歳になり伝えたい気持ちが長女のアウトプットを促してくれるようになりました。

大好きなイベントで成長を実感!

大好きなイベントで成長を実感

幼稚園に入り、英語でも日本語でもより一層「伝えたい」欲が強くなり、特に大好きな先生と会えるイベントはそれが実感できる瞬間です。
「誕生日に何をもらった?」「何をした?」「ケーキを食べた?どんなケーキだった?」私が聞き取れたのはこれぐらい。娘の英語力が上がり、会話の様子を眺めているしかできなくなりましたが、先生と話している娘の笑顔が「またインプット頑張ろう!」と思う親の原動力です。

※お客さまから届いた声を直接お届けするため、なるべく原文のまま掲載しています。ご了承ください。

ワールド・ファミリー・クラブの
イベント&サポート

ワールド・ファミリー・クラブに入会すると英語のアウトプットのチャンスがいっぱい!

国内宿泊イベント

国内宿泊イベント

ネイティブの先生やお友達と楽しく英語で過ごす宿泊イベント!日本にいながら"All in English"の貴重な体験ができます。

テレフォン・イングリッシュ

テレフォン・イングリッシュ

ネイティブの先生と毎週電話でコミュニケーションできるチャンス!先生といっしょに英語で歌ったり、お話しながらコミュニケーションの楽しさを感じることができます。

無料交換保証制度

無料交換保証制度

お子さまが教材に落書きしてしまったり、破いてしまっても大丈夫。自然故障はもちろん、使っていただくうちに生じた不具合にも対応しています。
お子さまに思いっきり使っていただくための充実した保証制度をご用意しております。

※ワールド・ファミリー・クラブは、ディズニー英語システムを購入されたお客さまをサポートする会員制プログラムです。

今、この瞬間、
ディズニー英語システムを
楽しんでいる4歳以上のお友達



トークアロング・カードと赤ちゃん

乳児・幼児からの英語

なぜ早いうちから英語をはじめた方がよいのか、どんなポイントに気をつければよいのか?専門家の先生などのお話を交えて、乳児・幼児からの英語に関する情報をお届けします。

「乳児・幼児からの英語」を見る

ディズニー英語システム TOP> 教材紹介> 4歳以上のお子さまの英語

ディズニー英語システム 3つのNo.1

  • 効果があるNo.1

    先輩ママに選ばれて
    2年連続受賞!※1

  • 効果があるNo.1

    効果がある
    子ども英語教材No.1
    3年連続受賞!※2

  • 売上シェアNo.1

    幼児向け
    英会話セット教材
    売上シェアNo.1 ※3

  • ※1 一般社団法人 日本マザーズ協会主催 「マザーズセレクション大賞」
  • ※2 イード・アワード2015年~2017年
    子ども英語教材 幼児の部
    効果がある子ども英語教材部門
  • ※3 2019年度 幼児向け英会話セット教材市場
    参入事業者小売金額ベース
    (株)矢野経済研究所調べ 2020年7月現在
    ※本調査結果は、定性的な調査・分析手法による推計です。
トップへ戻る