ディズニー英語システム TOP > みんなの声 > ディズニー英語システムがある生活 > DWEを通して新しい発見や親子で英語に取り組める生活がとても楽しい

ディズニー英語システムがある生活

家族で新しい発見や学びがある生活がとても楽しい

生まれてくる子供には、世界中どこへでも行きたいところへ行ける力を身につけることができたら素敵だな、と夫婦で考えていました。そのためにも、幼い頃から楽しく英語に自然と親しむ環境を作ってあげたいと思うようになりました。
夫婦揃ってディズニーが大好きなこともあり、ディズニー英語システム(DWE)であれば家族で長く楽しめること間違いない!という確信から我が家は迷わずDWEを購入しました。

音を楽しむだけだったけど、リアクションやリピートができるように

普段はミッキー・マジックペンで楽しむカードゲームや、音を聞きながら英単語を覚えられる絵本"Fun With Words"でいっしょに遊んでいます。

また、"トークアロング・カード"を床いっぱいに広げてカードを読み取り機に通してあげたり、音声が流れる音に反応してリピートしながら楽しんでいます。
段々と成長するにつれてリアクションが増えたり、キャラクターに反応したり、リピートすることもあったり、教材のマジックペンやカードの使い方も上手になってきました。

音を楽しむだけだったけどリアクションやリピートができるように

娘は映像のまねをしておもちゃで遊ぶ教材"プレイ・アロング"や、DWEのオリジナル・ソングで英語を楽しむ教材"シング・アロング"が大好きで、映像に流れるおもちゃと同じものを持って見ながらまねをしていました。
徐々に、映像がなくてもCDを流しているといっしょに口ずさんだり、まねをしたり、妹におもちゃを渡したり、歌に合わせて忙しそうに動き回るようになりました。

20分程度ある保育園の送迎中は、車内で必ず映像をつけていっしょに歌っています。自宅にいる時間は、"プレイ・アロング"や"シング・アロング"、"ストーリー&ソング"のCDをランダムに流し、その日の気分に合わせてかけ流ししています。

教材の連動なのかアウトプットも増えた

0歳の頃は歌にあわせて体を揺らしたりすることはありましたが、1歳になって映像と歌が連動していることに気づくことが増えました。
同じ単語や絵がいろいろな教材で登場するので、今では歌を流しているだけで、「このおもちゃを使う!」と自ら探して持ってきたり、特に好きな"Clap Your Hands!"や"Eyes and Ears"、"Open Your Hands and Close Them"などの手遊びやまねをするのが楽しい歌など、しっかり体のパーツや動作も覚えて表現できたり、セリフやちょっとした効果音なども一生懸命言葉にしようとしている姿がたくさん見られるようになりました。

教材の連動なのかアウトプットも増えた

これまでは、マジックペンでタッチをしたりペンを持っているだけで楽しかったのが、世界が広がっている様子で、絵本やポスター、カードも楽しめるようになってきています。

また、ネイティブの先生や全国のお友達と英語で楽しめるオンライン・イベントでは、一方通行の受け身な姿が多かったのですが、先生方のバイバイにリアクションやあいさつもできるようになり、先生の投げキッスにも反応をするので見ていて楽しいです。

DWEの素晴らしいところ

共働きをしているのでなかなか時間が取れない日もありますが、子供にただ映像を見せておくだけではなく、少し離れた場所にいたとしてもいっしょに歌ったり踊ったりするようにしています。
徒歩での移動中には"We're Hiking Through the Woods"の歌に出てくる"Left, right, left, right."というフレーズを歌いながらいっしょに行進したり、ベッドに入り暗くしたら「Good night〜.」と歌ってみたり、ピクニックの後にみんなで後片付けをする歌の"Clean-Up Time"を歌いながら、いっしょにお片付けをしています。

ちょっとした時間に家族のペースでいつでも英語の世界に入っていけることは、おうち英語の良いところだと思います。
かけ流しを始めればそれだけで生の英語にふれられて、たとえその場に曲が流れなくても、両親が口ずさめば子供たちの体が動き出してアウトプットが引き出せるのは、歌や音楽で構成されているDWEならではの素晴らしいところだと思います。

また、親子でいっしょに楽しめる歌があること、月に2回は家族みんなでオンライン・イベントを楽しむ時間、今日はこんなアウトプットがあったよー!と夫婦で共有する楽しさ、車内でのDWEタイム、週末イベントの参加計画など、DWEを通して家族で新しい発見や学びがある生活がとっても楽しいです。

私がオススメしたい教材はこれ!会員サービスも!

私がオススメしたい教材はたくさんあります。

"プレイ・アロング"はとにかくいっしょに遊び、英語にふれ合うきっかけ作りになったと思います。
下の子が生まれてから、"プレイ・アロング"のおもちゃといっしょに下の子に近づいていく姿や、おもちゃを下の子に渡す姿はなんだかグッとくるものがありました。
かけ流しをしているときにふいに口ずさむのは、"プレイ・アロング"の曲がとても多い印象です。娘の中にしっかりインプットされているのだと思います。

私がオススメしたい教材はこれ!会員サービスも!

"シング・アロング"に収録されている"Clap Your Hands!"は本当にお気に入りで、歌詞の中にある"Turn around!"や"Put your hands up!"なども歌がなくてもいつのまにか理解してやってくれるようになりました。
また、眠っている鳥を起こさないように、と言っている子守歌の"Hush! Hush!"が楽しすぎて、鼻に指をいれてまねをしていた頃もありました。(笑)

"トークアロング・カード"はとにかく子供たちが楽しそうです。プレイメイト・エアー(読み取り機)を使わない日や、カードをばらまくだけの日もありますが、大好きなおもちゃとなっています。

私がオススメしたい教材はこれ!会員サービスも!

"ワールド・ファミリー・クラブ(会員サービス)"でオススメなのは、ネイティブの先生や全国のお友達と英語で楽しめるオンライン・イベントです。
まだ幼いので本人自身わからない部分も多いかとは思いますが、月に2回、コロナ禍でイベントに行けない時期の救世主だと思います。
自宅にいながらネイティブの先生方とコミュニケーションがとれること、それを自然な環境として家族の週末の時間に組み込めたことで、先生方との繋がりが途絶えずに過ごせていると感じています。

またネイティブの先生が歌う動画を24時間いつでも楽しめるレッスン"e-Pocket"や、オンライン・イベントで先生の歌う姿を見たり娘もまねをして歌って踊ったりする時間が、家族でいっしょに楽しむ時間になっています。

あと、アウトプットや発語がなかなかない時期でも、『レポートCAP』のおかげで、楽しく課題を提出するきっかけになっています。過去のレポートを振り返る楽しみも感じています。

最新の「ディズニー英語システムがある生活」