ディズニー英語システム TOP > みんなの声 > ディズニー英語システムがある生活 > お勉強じゃない今のうちに、生活の中に遊びながら英語を取り入れてあげたい

ディズニー英語システムがある生活

お勉強じゃない今のうちに、生活の中に遊びながら英語を取り入れてあげたい

産院でいただいた出産時のお祝い特典などのいろいろなチラシの中に、ディズニー英語システム(DWE)の『無料サンプル』の紹介チラシも入っていたことが、DWEをはじめようと思ったきっかけでした。その後、試しに無料サンプルを申し込んだところ、私が歌にハマりすべて覚えてしまい、毎日口ずさんでいました。すると息子は、私が歌うとニコニコしてくれるようになったんです。ちょうど生後2〜3カ月くらいだったと思います。それを見ていた主人が「君が楽しんでやっているから続くんじゃない?」と言ってくれたこともあり、DWEを購入することにしました。
早期英語教育について多少は意識していますが、特別心がけていることはなく、お勉強だと感じない赤ちゃんの頃から取り組むことで、英語が遊びの1つとして習慣づけできたら良いなくらいに思っています。

普段は映像を見ながら1人で遊んだり、おもちゃでいっしょに遊んだりしている

DWEを使いはじめてすぐ、教材に登場するミッキーや、映像のまねをしておもちゃで遊ぶ教材『プレイ・アロング』に出てくるキャラクターのフロギーとバニーを見ると、ニコニコしてくれました。さらに好きなキャラクターのヒューイ、デューイ、ルーイが登場する絵本や、単語のカードで楽しむ教材『トークアロング・カード』などは自らキャラクターを指でさし、見てほしいのか私のところへ持ってくるようになりました。普段はミッキーメイトで『プレイ・アロング』やカーズやトイ・ストーリーなどのディズニーキャラクターたちがたくさん登場する映像『ストレート・プレイ』のかけ流しをしています。

特に映像は、朝と夕飯前に必ずかけることを毎日のルーティンにしています。それを見ながら1人で遊んでくれることもあれば、『プレイ・アロング』の映像を見ながら付属のボールや動物のおもちゃを使ったり、絵本のお話を読んでくれるミッキーのライト・ライト・ペンを使ったりしていっしょに遊ぶこともあります。また、オリジナルソングで英語を楽しむ『シング・アロング』も合わせてかけ流しをしています。ディズニーキャラクターや可愛いイラストが絵辞書になったポスターは、プラスチック製段ボールに貼って気になる絵をいつでも見られるようにしています。

普段は映像を見ながら1人で遊んだり、おもちゃでいっしょに遊んだりしている

ネイティブの先生の動画は車での移動の際に大活躍!

私とお風呂のときは『プレイ・アロング』に収録されている"I Like to Take a Bath"と"Baby's in the Bathtub"を必ず歌い、買い物やお散歩のときは"I'm Walking!"を歌ったりして楽しんでいます。
ぐずったときはネイティブの先生が歌う動画を楽しめるレッスン『e-Pocket』を使用しています。車での移動の際に大活躍です。

どの教材も連動性があってとても良いなと思う

DWEの教材は全部素晴らしいのですが、特にオススメしたいのが『ストレート・プレイ』と絵本と『シング・アロング』(+『トークアロング・カード』)です。この教材のつながりは本当によくできていて、大人の私が見ても「あ!これさっき見た!」となり、連動性があってとても良いなと思います。息子も指をさして私に教えてくれます!言葉でのアウトプットはまだまだ先ですが、反応を見てるとちゃんとわかっているんだなと感じさせてくれます。
毎日うれしそうに遊んでいる姿を見るとDWEをやって良かったと思います。

最新の「ディズニー英語システムがある生活」