ディズニー英語システム TOP > みんなの声 > ディズニー英語システムがある生活 > 今まで提出した課題をふりかえると、1ヵ月ごとの娘の成長に改めて気づきます

ディズニー英語システムがある生活

202003_01.jpg

娘が9ヵ月のころに、ディズニー英語システムを始めました。

最初は『プレイ・アロング』か時々『シング・アロング』の映像を見せることしかできなくて、こんなやり方でいいのかな?と心配もありました。
しかし映像シーンでは、親子でふれあって遊んでいるものが多く、一緒に映像を見ながらまねをして、楽しく遊ぶことができるようになりました。くり返し見る中で、"Hello" "Bye-bye" "Turn" など、まねしてできるようになったものもたくさんあります。その様子をみると、ちゃんと学習できているんだなあと感じます!

202003_02.jpg

親子で"Up, Down"の曲を楽しんでいます!

娘がハイハイなどで動けるくらい大きくなると、連携している「絵本」「カード」「おもちゃ」に興味を持ち、自分から出してきてたくさん遊んでくれるようになりました。
DVDも自分でかけて見るようになり、映像のまねをして動くことも増え、それがとってもかわいくて成長を感じさせてくれます。
カード類は舐めたり折れたりしてボロボロになってしましたが、会員保証がついているので、思いっきり遊ばせてあげることができました!

202003_04.jpg

自分でカップを上手につめるようになりました

なかなかDFS(教材やサービスの使い方、進め方などのオリエンテーション)に行けず、同じ教材ばかり使っていてモチベーションが下がってしまう時もありましたが、英語イベントがあったり、学習をサポートしてくれる『CAP』のシステムを使い、定期的に課題に応募することで、自分の中でモチベーションが保つことができました!
CAPの応募をする中で、バタバタの生活の中でも1ヵ月ごとの娘の成長を振り返ることができ、娘のできることが増えてることに改めて気づけることが嬉しいです!

1歳をすぎてからは映像のほとんどの動きをまねできるようになりました。
タッチペンやカード、パズル、シールなどに興味をもち、毎日「これをやりたい!」と持ってきてくれるので、おうち遊びも充実して遊んでくれているように感じます。

202003_03.jpg

マジックペンで絵本にタッチして遊ぶ結音ちゃん

お出かけのときなどは、ネイティブの先生がお歌をうたってくれる動画がたくさん見れる『e-Pocket』で、好きな先生、お気に入りの曲を見るのが大好きです。
イベントに行きだしてからは、クリア先生が歌う"Clap Your Hands!"、ジャスティン先生がイベントの衣装で歌う"The ABC Song"の曲が好きで、娘がご機嫌ななめになってしまった時などに助かっています。
発語はまだまだこれからですが、英語を話すようになるのが楽しみです!

最新の「ディズニー英語システムがある生活」