ディズニー英語システム TOP > みんなの声 > 先輩ユーザーの声 > 「DWEを選んでくれてありがとう!」選んで正解だったその理由とは?

ディズニー英語システム先輩ユーザーの声

2022年に開催された卒業式イベントにて、英語スピーチを披露してくれた森原 優奈(もりはら ゆうな)さん。
ディズニー英語システム(DWE)で遊びながら英語が話せるようになった経緯や、英語が話せればできること、英語力を生かしてやってみたいことなどを英語で語ってくれました。
ぜひご覧ください!

お子さまプロフィール
【お名前】森原 優奈(もりはら ゆうな)さん
【ディズニー英語システム スタート】3歳
【卒業課題に合格】11歳
【お気に入りのディズニー英語システムの教材】ストレート・プレイ
【保有資格】
英検®準2級(13歳のとき)

週末イベントに参加する様子

【ディズニー英語システムを続けて良かったこと】
基礎的な英語表現を、日本語に訳すことなく英語のままインプットでき、英語のままアウトプットできるようになったことです。

【将来の夢】
海外で仕事がしたいです。世界中のいろいろな景色や美味しいもの、文化にふれながら世界中を旅してみたいです。

お気に入りのサービス

ネイティブの先生とふれあえる"週末イベント"(特にイングリッシュ・カーニバル)、"英語キャンプ"

お気に入りのサービスは週末イベントと英語キャンプ

ご両親へのメッセージ

英語が得意で、幸い成績も上位なのは、DWEを続けてきたからだと実感しています。途中で投げだしたくなったときもあったけれど、続けてきて良かったです。
今はまだ将来の具体的な目標はありませんが、英語を話せることは、これから見つかるであろう夢を実現するための1つのツールだと感じています。
DWEを選んでくれてありがとう。そして、卒業までサポートしてくれてありがとう。

DWEを選んでくれてありがとう

【お母さまに質問】ディズニー英語システムの魅力とは?

我が子に「英語が話せるようになってほしい」と思う親御さんは少なくないと思いますが、私も同じように考えていました。
それも、「英語圏の子供たちと同様に、自然に英語を覚えて話せるようになってほしい」と。
また、「子供が英語を話せるようになるには、勉強方法より環境づくりのほうが重要なのでは?」と常々考えていました。

そんな思いをもちながらスタートしたDWEですが、初めはそこまで期待しておらず、よくある「キャラクターを使った英語教材」の1つと考えていました。
しかし、教材で遊び続ける娘を見ているうちに、そうではないことに気づきました。

ディズニー英語システムの魅力とは?

DWEのメソッドは、

シンプルな英語のフレーズをくり返しインプット・アウトプットさせること。
英語のフレーズを文法から学ぶのでなく、シチュエーションに応じた表現方法として自然に理解できるようにすること。
③ そのフレーズをさまざまなシーンでアウトプットさせること。

に注力されています。
まさに、望んでいた「自然と英語が話せるようになる環境づくり」ができる教材だったのです。

DWEのメソッド

DWEをはじめて約半年後、"週末イベント"に初参加したときには、ネイティブの先生からの英語での問いかけに、娘はみずから英語で答えるようになっていました。

何度もインプットした英語のフレーズを自然とアウトプットしただけの回答でしたが、これが英語圏の子供たちが自然と英語を話せるようになる仕組みだと納得しました。
その仕組みをメソッドとしてつくりあげたDWEを選んで正解だったと実感しました。

毎日同じ教材をくり返し使っていると、普通は子供も飽きてしまいます。
でもDWEには、子供が好きなディズニーキャラクターやディズニー映画のワンシーンが使われているので、子供が教材からしばらく離れていたとしても、また戻りやすいというメリットもあります。

間違いなく、DWEはよくつくりこまれた教材です。
子供といっしょに教材を見て、英語のフレーズを口にだし、いっしょに歌い、いっしょにイベントに参加する。

子供といっしょに楽しむ気持ちがあれば、きっと子供の口から自然と英語があふれでてくるはずです。
卒業までDWEを楽しみつくしてください。

子供といっしょに楽しむDWE

※会員サービス(ワールド・ファミリー・クラブ)は、有料です。
※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

ディズニー英語システムの卒業式の特設ページはこちら

最新の「先輩ユーザーの声」