ディズニー英語システム TOP > みんなの声 > 先輩ユーザーの声 > 小学生が海外に向けて日本の魅力を英語で発信!北海道で生まれ育ち、英語がペラペラになった理由とは?

ディズニー英語システム先輩ユーザーの声

7歳のときに海外向け動画配信チャンネル「My Little Japan」をスタートし、日本の魅力を世界に向けて英語で発信している小学生、勝木紗彩(さあや)ちゃん。
弟の佑守(ゆうま)くんといっしょに、日本の行事や習慣、食文化などを紹介する英語力の高さが注目を集め、同年、テレビ番組でも紹介されました。

英語ペラペラの紗彩ちゃんですが、ご両親は英語が苦手。ごく普通の日本人家庭で育った紗彩ちゃんは、実は0歳からディズニー英語システム(DWE)で遊びながら成長しました。
ご家庭での英語習得法について、紗彩ちゃんとお母さまにお聞きしました!

Q.ディズニー英語システムで好きな教材は何ですか?

紗彩ちゃん:絵本にタッチすると英語の音が出る『ミッキー・マジックペン』が一番好きです。絵本と『ミッキー・マジックペン』を使って、質問モードのクイズをしたりDWEの曲を歌ったりする以外にも、自分の発音も録音できるので楽しんでいます。
Q.ディズニー英語システムで好きな教材は何ですか?

撮影時の年齢 1歳9カ月

Q.どの会員サービスが好きですか?

紗彩ちゃん:週末イベントが一番好きです。『CAP・キッズ』という週末イベントで初めて英語のスピーチをしたときには、紗彩が緊張していたらスティービー先生がチューしてくれてうれしかったです。
Q.どの会員サービスが好きですか?

撮影時の年齢 3歳8カ月

ネイティブの先生たちは、DWEのレッスンや課題を進めるといつも褒めてくれるので、いっぱい頑張ることができました。


Q.姉弟の会話は英語と日本語、どちらで話すことが多いですか?

紗彩ちゃん:英語! 弟と2人で遊ぶときには英語で話しています。弟がレッスンや課題でわからないところがあれば教えています。

Q.ディズニー英語システムを続けていて良かったと感じたエピソードはありますか?

紗彩ちゃん:英語でおしゃべりしていると、いろんな外国人に話しかけられたり、知らない人からも褒められたりするのでうれしいです。

Q.海外向けに動画配信チャンネルをはじめたきっかけは何ですか?

紗彩ちゃん:数年前は紗彩が住んでいる北海道にたくさんの外国人が観光に来ていたのに、最近は新型コロナウイルス感染症が広がったことも理由で来られなくなってしまいました。だから、日本のことや札幌の有名な観光地を紹介する動画を作ろうと思ってはじめました。

パパやママが動画撮影のために遊びに連れて行ってくれたり、撮影用のお菓子をたくさん買ってくれたり、ラッキーがいっぱいあります(笑)。動画チャンネルが有名になったら世界中の人とお友達になれるかもしれないので、これからも頑張りたいと思います!

Q.将来の夢、またはこれから英語を使ってやってみたいことはありますか?

紗彩ちゃん:将来は赤ちゃんを看るドクター(小児科医)になりたいです。それと、ピアノが好きなので、病院でピアノコンサートをやって病院にいる人たちみんなを笑顔にしたいです。

あとは、外国人観光客がまた札幌に来られるようになったら英語で観光案内をしたいです。ほかにも、紗彩より小さい子向けに英語レッスン動画や教室を作りたいです!

Q.将来の夢、またはこれから英語を使ってやってみたいことはありますか?

撮影時の年齢 7歳7カ月

紗彩ちゃんはおうちでこんな使い方をしていました!

紗彩ちゃんはおうちでこんな使い方をしていました!

お母さま:弟もDWEで育ったので、日常会話が自然と英語になり、おうちがアウトプットの場になっています。

お母さまにもズバリ聞いてみました!
Q.ディズニー英語システムを購入したきっかけは何ですか?

お母さま:主人は英語が苦手で仕事で苦労したため、我が子には同じ苦労をさせたくないと思い、英語教育に関する情報を調べていました。DWEと他社教材を比較して、ネイティブの先生とふれあえる『週末イベント』『テレフォン・イングリッシュ』など、アウトプットの機会が多いことが一番の決め手となりました。
Q.ディズニー英語システムを購入したきっかけは何ですか?

撮影時の年齢 0歳10カ月

それと、私は初めての育児で0歳の娘との遊び方がわからず悩んでいた時期に、DWEのサンプル動画を見て遊び方を想像することができました。「早くいっしょにDWEで遊びたい!」と感じられたのも購入した理由のひとつです。
「早くいっしょにDWEで遊びたい!」と感じられたのも購入した理由

撮影時の年齢 0歳6カ月

Q.ディズニー英語システムに取り組んできた中で、お母さまが心がけていたことはありますか?

お母さま:とにかくいっしょに遊ぶことです。家事などで手が離せないときも、声をかけることで遊びに参加していました。幼少期はDWEを中心に過ごし、子供の成長とともに英語版のアニメや映画なども見るようになり、「楽しいことや遊ぶこと=DWEや英語コンテンツ」という認識になるように英語環境を整えていました。

また、子供たちの「Hello!」の一言でも本当に凄い!と感動していたので、その気持ちを常に伝えていました。褒められることで自然とモチベーションが上がり、自信をもって前向きに取り組めたようです。
Q.ディズニー英語システムに取り組んできた中で、お母さまが心がけていたことはありますか?

撮影時の年齢 1歳1カ月

それと、教材を無料で修理・交換してくれるワールド・ファミリー・クラブ会員のための『会員特別保証制度』があったので、絵本をやぶってしまうことがあっても、楽しく遊びたいという子供たちの気持ちを優先して自由に遊ばせてあげることができました。

Q.ネイティブの先生とのふれあいで思い出に残っていることはありますか?

お母さま:英語でスピーチができる『CAP・キッズ』というイベントで、娘が初めてスピーチした内容が、「オンラインで仲良くしている広島のDWE友達に会いたい」という願いでした。
Q.ネイティブの先生とのふれあいで思い出に残っていることはありますか?

撮影時の年齢 5歳8カ月

ネイティブの先生から「広島にすぐ行けるよね?」と聞かれ、私がとっさに「イエス!」と答えた結果、半年後に本当にお友達と初対面することができました。

Q.教材にふれながら、英語はどのように上達しましたか?

お母さま:生後10カ月頃に映像を見ながら、手を振ったりリズムをとったりする動作をまねるようになりました。1歳2カ月で初めて「apple」「up」「down」という英単語を口にし、1歳6カ月で英語の歌を口ずさんでいました。1歳10カ月頃にはその場の状況に合わせた英語のフレーズが出るようになり、2歳6カ月頃に長い文章を話せるようになっていました。そして、2歳10カ月で(おそらくDVDの丸暗記ですが)絵本が読めるようになりました。

その後は日本語と同様、みるみる語彙力が上がり、気づけば自分の気持ちを英語で伝えることができるまでに成長していました。毎日DWEで遊んでいただけなのに、いつの間にかバイリンガルになっていることに驚きました!

Q.自宅でできるDWEだから良かった点はありますか?

お母さま:時間制限がないので、ある意味24時間365日、休みなく英語環境が作れることです。その子に合ったペースで、好きな教材で自由に遊ぶことができるので、無理なく楽しく進めることができました。弟との日常会話が自然と英語になり、自宅でアウトプットできていることも良かった点です。
Q.自宅でできるDWEだから良かった点はありますか?

撮影時の年齢 6歳3カ月

経済的にも、英会話教室などの月謝×姉弟分を10年以上続けた場合を考えるとゾッとしますが、DWEなら兄弟が何人いても金額は同じなので、長期的に考えるととてもお得ですね。

Q.ディズニー英語システムをはじめて約8年が経ったお子さまの成長について、今のお気持ちをお聞かせください。

早期英語教育だからこそ今の娘の結果があると感じています。DWEの『母国語方式』(※)で、娘は言葉を覚える前から英語にふれていました。

※ディズニー英語システムの「母国語方式」は、日本人が日本語を自然と覚えることができるように、ディズニー英語システムで子供が自然に英語の意味や文法を理解し、楽しく遊びながら英語を習得できる方法です。

Q.ディズニー英語システムをはじめて約8年が経ったお子さまの成長について、今のお気持ちをお聞かせください。

撮影時の年齢 4歳10カ月

その結果、娘の中では2つの言語が同時に母国語となって成長しています。もっと大きくなってから英語をはじめていたら、「英語は母国語ではなく学ぶもの」になってしまい、英語習得が大変になっていたのかもしれません。

今まで英検®などを受けたことはありませんでしたが、今後、本人の意思で「受けたい」と希望したときには挑戦してみようと思っています。


※会員サービス(ワールド・ファミリー・クラブ)は、有料です。
※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

最新の「先輩ユーザーの声」