ディズニー英語システム TOP > みんなの声 > 先輩ユーザーの声 > ディズニー英語システムは楽しいだけでなく、『英語が身につく』のを実感できた!

ディズニー英語システム先輩ユーザーの声

2021年度のオンライン卒業式イベントが開催されました。

尾村美歌さんは、お気に入りの会員サービスやご両親への感謝、将来の夢などを英語で語ってくれました。
ぜひ、ご覧ください!

さらに、ディズニー英語システム(DWE)を続けていて良かったと感じたこと、英語を生かしてやってみたいことなどについてインタビューしました!

ディズニー英語システムは勉強だと思ったことはない

ディズニー英語システムは勉強だと思ったことはない

DWEの教材は映像を見たりカードで遊んだりするのが楽しくて、勉強だと思ったことはまったくありませんでした。
とくに、"プレイ・アロング"の映像を見ながら付属のおもちゃで遊ぶことと、"レッツ・プレイ"の映像に合わせて紙皿でモンスターを作ったり、お父さんといっしょに動物のパペットやスライムを作ったりする工作が大好きでした。
進級課題を間違えて悔しい気持ちになったことはありますが、続けるのが大変だと感じたことはありません。

気さくで会話が楽しいネイティブの先生たちが大好き

気さくで会話が楽しいネイティブの先生たちが大好き

ワールド・ファミリー・クラブ(WFC)の会員サービスでは、ネイティブの先生と電話で話せる"テレフォン・イングリッシュ"や、先生達と直接会える"週末イベント"が大好きでした。WFCの先生たちはみんな気さくで会話が楽しいので大好きです。
イベントでは憧れの先生たちに会い、進級するともらえるCAPの帽子にサインしてもらうことがとても嬉しい瞬間でした。
こどもの日とクリスマスにもらえるプレゼントのDVDも、いつも楽しみにしていました。

小学校の英語の授業はとても簡単に感じる

小学校の英語の授業はとても簡単に感じる

妹といっしょにDWEを続けてきたので、二人で話すときには英語で会話することもあります。おうちで映像を見たり"トークアロング・カード"で遊んだりするときには、お母さんがいっしょだといつも楽しくできました。

DWEを続けてきたためか、小学校の英語の授業はとても簡単に感じます。今年、学校に英語しか話せない1年生が入学してきたときには、先生から通訳を頼まれました。毎朝その子の教室に行ってお世話をしたときに、英語が話せて良かったと思いました。
アメリカでの様子
アメリカに移住したときも英語に困ることはなく、現地の授業にすぐについていけて、友達もたくさんできました。

将来の夢

アメリカのピクサー社で働くのが将来の夢ですが、それまでに英語を生かしていろいろな国に行き、いろいろな人と会って話をしてみたいです。


【お母さまにインタビュー】

ディズニー英語システムを選んだ理由は?

ディズニー英語システムを選んだ理由は?

DWEをはじめたきっかけは、ママ友に薦められて取り寄せたDWEの無料サンプルでした。最初は無料サンプルで十分と思っていたのに、実際に使ってみたところ、当時6~7カ月だった娘に覚えた歌を歌ってあげるほど気に入ってしまいました。私には英会話教室に通ったのに話せるようにならなかった過去の経験があり、娘には自然に英語が身につく環境をつくりたいと思っていたので、無料サンプルを使って「これだ!」と確信しました。

歌に惹かれたという理由のほかにも、購入の決め手となった点が3つあります。
1つは大好きなディズニーで娘といっしょに英語を身につけられたら一石二鳥だと思ったこと。
2つ目は英会話教室に週1回6年間通った金額と同じくらいなので、6年以上続ければお得と判断したこと。
3つ目は子供が増えたらもっとお得と思ったことです。

卒業生のスピーチ動画にも憧れを抱きました。そして、娘が8カ月のときにDWEをスタートしました。

ディズニー英語システムをどのように生活に取り入れていましたか?

我が家は共働きで、娘は11カ月から(英語の時間はない)保育園に通っていましたが、朝晩は教材に少しでもふれるように心がけていました。防水プレーヤーを用意してお風呂の時間に映像を見たり、寝る前に読み聞かせ効果があるCDを流しながら絵本を広げたり。寝る前に読書をすることは今でも習慣になっています。

会員サービスを利用して良かった点は?

会員サービスを利用して良かった点は?

2歳半頃のイヤイヤ期には無理にやらせないように様子を見ていました。そして3歳頃に(映像のまねをしておもちゃで遊ぶ)"プレイ・アロング"の映像を見せたところ、"Hello!"の歌を歌ってくれたので、録音して学習をサポートしてくれる進級プログラム"CAP"(会員サービス)に応募しました。届いたごほうびのシールが嬉しかったようで、それからはシールと、進級するともらえるCAPの帽子がモチベーションになりました。

地元で開催される会員サービスの週末イベントには、ほとんど参加していました。家で聞いたり見たりしている歌や英語のフレーズが使われるので、子供は「知ってる!」「わかる!」という気持ちになると同時に、「先生もほかの子も知ってるんだ!仲間がいる!」と感じられることがモチベーションアップに繋がりました。DWEをやっている方とお友達になれる良い機会にもなりました。

こうしたアウトプットを通して、英語は外国人の先生と話ができるコミュニケーションツールだと子供が自然に気づき、「もっと英語を身につけて先生と話したい、伝えたい」という気持ちが芽生えていったように思います。

ディズニー英語システムの教材

ほかにも、DWEの内容が日常とつながるように意識していました。たとえば、実際に動物園と本物のサーカスに遊びに行き、そこで英語の歌や場面を思い出すことが、とても意味あるお出かけになりました。また、DWEを通して海外の文化を知り、誕生日にバルーンやバースデーハットを用意したりゲームで遊んだりしたことも良い思い出です。

教材とふれあいながら英語はどのように上達しましたか?

1歳のときには、英語の歌に合わせて"Clap"や"Turn around"をしていました。3歳頃に"Sister"の意味を「女の子」と答えていた娘が、4歳頃には「お姉ちゃん、妹」と自分自身で理解していく姿を見て、"言葉の意味を想像して照らし合わせながら身につけていく"母国語方式の効果を実感しました。

5歳になったときには、「6歳のお誕生日前に(一番難易度が高い)イエローCAPをもらう!」と自分から口にするようになり、親にやらされるものではなく、娘自身の目標になっていました。そして、それを達成した娘は本当に嬉しそうでした。

教材とふれあいながら英語はどのように上達しましたか?

娘は私には聞こえない音、発音の違い、発音の仕方(口の筋肉の使い方が英語は違うようです!)を、いとも簡単に身につけていきました。ネイティブの先生やアメリカ人に、「本当にネイティブみたいな発音だね」「日本なまり(Japanese accent)がないね」などと言われることもあります。いくら私がこれから努力しても娘のようにはなれないと思うと、本当にうらやましいです。

そして毎日の積み重ねが実を結ぶことを実感した娘は、バイオリンやピアノ、英語以外の勉強もコツコツと努力できるようになりました。

ディズニー英語システムの魅力のポイントは?

DWEの歌の歌詞は本に出てくる文章とほぼいっしょなので、歌を覚えるだけで本を読み、日常会話にも使えるようになります。さらに、歌と本と同じ話が映像にも出てくるので、子供自身が英語の意味を想像して理解していくことができました

他の教材とも比べてみましたが、他の教材はトピックと歌などがバラバラの内容になっていることもあり、楽しく英語にふれられるかもしれませんが、"くり返しインプットできる"と思えませんでした。

けれどもDWEは歌や本、映像、カードなどすべてが連動していて、いろいろな方向から言葉や表現を身につけられます。親が訳したり、解説したり、教えたりしなくても、くり返し教材にふれることで英語を身につけていく様子を娘の成長とともに実感しました。英語にふれるだけでなく"身につけさせたい"なら、DWEをオススメします。

私は英語が不得意な方ではありませんが、あえて教えたり、訂正したり、絵本を読み聞かせしたりしませんでした。英語での語りかけもあまりしませんでした。英会話教室に通っていたとき、私にはきれいな発音だと思えるクラスメートの英語が、ネイティブには伝わらないのを見てきたからです。

娘たちにはDWEを使った英語環境を準備して、いっしょに映像を見たりイベントに行ったりしただけでした。親に英語力がなくても、子供はDWE(英語)を楽しめます!

成長したお子さまへメッセージをお願いします。

成長したお子さまへメッセージをお願いします。

無料サンプルで見た、卒業生のスピーチに憧れてはじめたDWE。その場所に、あなたが今いるなんて、嬉しさと誇らしさで胸がいっぱいです。

このインタビューで「ママといっしょだから楽しかった」という回答を聞いたときには、とても嬉しかったです。こちらこそ楽しかったよ。ありがとう。(大変なこともあったけど。)
そして、「英語が話せるようになって良かった。アメリカにまた行きたい。世界中のいろいろな人と話をしてみたい」と目を輝かせて言うあなたを見て、DWEと出会って良かったと心から思ったよ。

DWE卒業おめでとう、これからも夢や目標に向かって、英語を活かして自分を信じて進んでいってね。ときには立ち止まって休憩もしながら。ずっとずっと応援しています。

最新の「先輩ユーザーの声」