ディズニー英語システム TOP > みんなの声 > 先輩ユーザーの声 > 【英検(R)準2級に合格】きょうだい3人で英語を話して遊ぶ姿を見ていると購入を決断して良かったと思います

ディズニー英語システム先輩ユーザーの声

【英検(R)準2級に合格】きょうだい3人で英語を話して遊ぶ姿を見ていると購入を決断して良かったと思います

ディズニー英語システム(DWE)の先輩ユーザー・紗南ちゃんは3歳からDWEをはじめました。
その後、8歳で英検®準2級に合格しました。
「英検®準2級」に合格するためには、高校中級程度の英語力が必要とされています。

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。


紗南ちゃんに英検を受験したときの感想や、お気に入りの教材などについて教えてもらいました!

DWEをやっていたからリスニングや英語面接は聞き取ることができた

英検は5級から受けはじめてこれまで合格してきたので、準2級も受かるんじゃないかと思い、受験しました。3級と準2級を受験したときは、単語帳と過去問を買って取り組みましたが、準2級は難しかったです。

筆記問題が難しかったのですが、DWEをやっていたことでリスニングは容易に理解することができ、スピーキングは緊張せずに面接官の英語も聞き取ることができました。

遊びながら英語のボキャブラリーや言い回しを習得した

遊びながら英語のボキャブラリーや言い回しを習得した

絵本やカードをタッチすると英語や歌が聞ける教材『ミッキー・マジックペン』が好きで、遊びながらボキャブラリーや言い回しをたくさん習得できました。今は小学生ですが、もっと小さい頃にはママといっしょに映像を見ながら歌ったり踊ったりしていたことも覚えています。

ネイティブの先生

週末イベントではネイティブの先生に会えるのが嬉しかったです。学習をサポートしてくれる進級プログラムの課題『オーディオCAP』では、歌を完璧にマスターするのが大変でしたが、幼稚園や学校の英語の時間に「英語が上手だね」と褒められたときは、DWEを使っていて良かったと思いました。

将来の夢はまだきちんと決まっていませんが、お医者さんになりたいと思います。


続いて、紗南ちゃんのお母さまにもインタビューさせていただきました。
DWEを購入したきっかけやネイティブの先生への思い、紗南ちゃんへのメッセージなどをお聞きしました。

娘の独り言が突然英語になってびっくり

自分の経験では、大人になってからネイティブのような英語を習得するのは難しいと実感していたので、子供には幼いころより英語にふれさせたいと思い、最適な教材を探していました。

実は1歳のときに他の教材を購入して使っていたのですが、物足りなさを感じていました。そこでDWEの資料を請求し、教材の説明をしてくれるアドバイザーさんに訪問(わくわく無料体験)してもらいました。

わくわく無料体験で子供が教材で楽しそうに遊び、また私もDWEのメソッドに共感して購入を検討している中、もともと言葉が出るのが遅かった娘の独り言が急に英語になり、びっくりさせられました。
そのような娘の様子を見て、DWEなら本当に自然に英語を習得できるのではないかと思い、購入を決めました。

妹・弟の英語の先生的な存在にまで成長した長女

妹・弟の英語の先生的な存在にまで成長した長女

3歳ではじめた頃は生活の一部になっており、DWE以外のキャラクターには目もくれず、教材に出てくるミッキーやオリジナルキャラクター、そして週末イベントや映像に登場するマーク先生をはじめとするネイティブの先生方が娘の友達でした。

成長するにつれ学校や他の習い事も忙しくなり、DWEに費やす時間が減ってきましたが、ネイティブの先生と電話で話せる『テレフォン・イングリッシュ』は、今も週に一回、欠かさず続けています。そこで先生と話したり歌を歌ったりすることは楽しいんだという気持ちをキープできるようにしています。
また、週末には大好きな『イングリッシュ・カーニバル』や『ディズニー・ファミリー・ダンス・パーティー』などの映像をかけたりして、生活の中に取り入れるように心がけています。

『テレフォン・イングリッシュ』を利用したとき、『イングリッシュ・カーニバル』に登場するメアリーベス先生と2週連続でお話しできたことがとても印象に残っています。親子共々大興奮して、先生に「先週もお話ししたんだよーっ」と伝えて笑い合いました。
そして妹、弟が大きくなるにつれ長女の紗南は英語の先生的な存在になり、映像の好きな場面を再現するなどして、妹たちと英語で遊ぶようになっています。

生まれて初めて描いた似顔絵はネイティブの先生

紗南より3歳年下の妹にはこんなエピソードがあります。生後3カ月頃からDWEをはじめてDWEとともに育った妹が、1歳の頃にお絵描きで初めて人の顔のようなものを描いたので、「これ誰?ママ?ちいちゃん(妹)?」と聞くと、素晴らしい発音の英語で「Mark!」と答えたのです。生まれて初めて描いた似顔絵が英語イベントによく登場するマーク先生とは...。大爆笑しました。

マーク先生が料理をする映像も大好きで、何度も見ているうちに以前は見慣れない種類だったスパイスが我が家にも増えていき、映像で覚えた「ワン・キャロット・クミン・サラダ」は我が家の定番メニューになりました。DWEをはじめて約10年。いっしょに子育てをしてくださった先生という感覚です。

末っ子の弟はまだ2歳なので、もうしばらく我が家のDWE生活は続きます。妹・弟が映像を見ていると紗南もつられていっしょに見るので、それもまた英語学習に役立っているのではないでしょうか。きょうだい3人で英語を話して遊ぶ姿を見ていると、本当にあのとき購入を決断して良かったなと思います。

"英語は楽しい"という思いをもち続けて欲しい

英検準2級の試験は、当時8歳で小学2年生の娘にとって単語も文章もとても難しく、日本語に訳しても理解できないものが大半でした。けれども、その中でリスニングだけは高得点を取ることができました。それは幼い頃から英語を聞き続けているので、理解できる能力が娘には備わっているのだと感じました。

ここまで順調に英検に合格できたのは、やはり今までDWEを続けてきたからだと思います。これから高校・大学受験や難しい英語の試験を受けるようになり、英語の勉強が嫌になることもあるかもしれません。けれども、DWEを通して得た"英語は楽しい" "コミュニケーションをとれると嬉しい"という思いをもち続け、乗り越えていって欲しいです。

最新の「先輩ユーザーの声」