ディズニー英語システム TOP > みんなの声 > 先輩ユーザーの声 > ご姉弟で卒業!DWEだけで英語と親しんできました

ディズニー英語システム先輩ユーザーの声

ご姉弟で卒業!DWEだけで英語と親しんできました

千葉県 蒔田 結さん(20歳)・颯くん(10歳)2019.07.05

ディズニー英語システム(DWE)卒業生の蒔田 結(ゆい)さんと颯(はやと)くんご姉弟に、DWEや英語イベントの思い出、好きなネィティブの先生などをマーク先生がインタビューしました。2人の将来の夢についても伺いました!
インタビューの動画をどうぞご覧ください。

マーク先生:こんにちは!
結さん:こんにちは!
マーク先生:お名前を教えてください。
結さん:私は結です。
マーク先生:あなたのお名前も教えてください。
颯くん:僕は颯です。
マーク先生:何歳ですか?
結さん:20歳です。
マーク先生:20歳?私と同い年ですね!あなたはいくつですか?
颯くん:僕は10歳です。
マーク先生:お誕生日はいつですか?
颯くん:11月10日です。
マーク先生:11月10日生まれ。颯のお誕生日はいつですか?
颯くん:僕は7月25日です。
マーク先生:そうですか。2人ともお誕生日おめでとう!

yui_hayato01.jpg


マーク先生:
結、英語を話すのがすごく上手だけれど、どうしてですか?
結さん:私は小学生のころから英語を勉強していたから・・・
マーク先生:どのようにして勉強したのですか?
結さん:私はDWEだけで英語を勉強しました。
マーク先生:DWEのどんなことが記憶に残っていますか?DWEの特別な思い出といえば?
結さん:私の1番の思い出は、小学生のときに「Birthday, Birthday」という歌を覚えて母に歌ったら、すごく褒められたことです。
マーク先生:いま歌えますか?
結さん:いまですか?
Birthday, birthday, oh, what fun. For you, for me, for everyone! Birthday, birthday, all come along. Join us and sing a little birthday song. Join us and sing a little birthday song.
マーク先生:美しい歌声!
結さん:ありがとうございます。

マーク先生:颯の好きな歌は何ですか?
颯くん:僕は「When I Grow Up」が好きです。
マーク先生:少し歌ってみてくれる?
颯くん:When I grow up, I want to be a cowboy. A cowboy's what I really want to be. I want to wear a hat and boots. I want to ride a horse and do the many other things that cowboys do, of course.
マーク先生:上手に歌えたね!颯は大きくなったら何になりたいですか?
颯くん:プロゲーマーです。
マーク先生:へえ、プロゲーマー。いいですね!

yui_hayato03.jpg


マーク先生:
結さん、あなたは何になりたいですか?
結さん:私は客室乗務員になりたいです。
マーク先生:どうしてですか?
結さん:私はいま英語を含め4つの外国語を学んでいるので、英語だけではなくそのほかの言語も話せる客室乗務員になりたいと思っています。
マーク先生:いま学習している他の言語って何ですか?
結さん:韓国語、インドネシア語、中国語、そして英語です。
マーク先生:すごい!それぞれの言葉で「ありがとう」と言ってみてくれませんか?
結さん:「Thank you.」、「감사합니다」、「Terima kasih.」、「謝謝」。
マーク先生:すごい!ところで、ワールド・ファミリー・クラブでの特別な思い出はありますか?

結さん:World Family...だったかな。ショーを見に行ったことがあって。
マーク先生:「One World」?
結さん:そう!「One World」です。
マーク先生:「One World」はわたしも大好きで、特別な思い入れがあります。『世界はひとつ!私たちはひとつの?』
結さん:家族!
マーク先生:そう!颯のワールド・ファミリー・クラブでの特別な思い出も教えてください。
颯くん:稲刈りに行きました。
マーク先生:キャンプ?
颯くん:はい。お米がすごく美味しくて、とても楽しかったです。いちばんの思い出です。
マーク先生:お姉さんの英語についてどう思いますか?
颯くん:すごく上手だと思います。
マーク先生:お姉さんみたいに英語を話せるようになりたいですか?
颯くん:はい。
マーク先生:颯の英語もすごく上手ですよ。
颯くん:ありがとう。
マーク先生:すばらしいよ。まだ10歳だよね?
颯くん:はい。
マーク先生:先生たちとの思い出はありますか?
結さん:マリアは私たちにとても親しく明るく接してくれます。マリアに会うといつもエネルギーをもらえて、笑顔になります。

yui_hayato02.jpg


結さん:
DWEの生徒に対して、何を願いますか?
マーク先生:そうですね、私は子供たちに幸せになって欲しい、そして最善を尽くして欲しい、と願っています。幸せになること、それは夢を見つけ、夢を追いかけていると叶うものだと思います。
結さん:ありがとうございました。
マーク先生:あなたは航空会社でぜひ働いてくださいね。あ、そうだ。お母さんと一緒に勉強した思い出、もしくはお母さんに伝えたいことはありますか?
結さん:私はお母さんにとても感謝しています。いまの時代、英語が話せる事は武器です。いま私が英語が話せるのはお母さんのおかげです。だからお母さんにありがとうといいたいです。

yui_hayato04.jpg

お母さまからも、卒業を迎えた結さんと颯くんに向けてメッセージをいただきました!

DWEは私も子供たちと一緒にとても楽しめましたし、イベントでは本当にいろんな先生方と出会うことができました。
子育ての中でDWEソングは子供に聞かせる童謡と同じ存在でした。DWEに囲まれて育った子供たちは、大きくなっても自分の心の中でいつもDWEソング流れているのだと思います。
将来息子や娘たちが結婚して子供ができたときに、DWEソングを歌ってくれたらと思います。

yui_hayato05.jpg

左からお姉さんの萌さん、マーク先生、颯くん、結さん、お母さま

最新の「先輩ユーザーの声」