ディズニー英語システム TOP > みんなの声 > 先輩ユーザーの声 > 教材を中心にイベントやABC Clubで英語にふれたことで、英語が得意になりました

ディズニー英語システム先輩ユーザーの声

本田さん1

芽生ちゃんは1歳の時からディズニー英語システム(DWE)を始めて11歳で卒業しました。
DWE卒業までの日々について、お母さまからのメッセージと芽生ちゃんからのコメントをご紹介します。

お母さまからのメッセージ

小さいころから英語に親しんでもらいたくて、毎日少しずつ家でできるDWEを1歳の誕生日に購入。
DVDを見続けているうちに、フロギーやズィッピーたちがだんだんかわいく思えてきて、2歳から参加したイベントでは、親子ともどもキャラクターに会えるのが楽しみでした。
優しく明るい先生方のおかげで、前の方でお友達と一緒に座れるようになっていきました。
3歳で初めてイングリッシュ・カーニバル(EC)"One World"を見てから大ファンになり、毎年新しいCAPの帽子をかぶって先生と写真を撮り、サインをもらうことを目標にがんばってきました。

本田さん2


家や車の中では、教材をかけ流し、歌ったり、まねっこEnglishをしたりしました。
Play Along!のおもちゃで遊び、WFクラブ・ショップで買った「JUMP! BOUNCE! DANCE!」のDVDを見てバウンサーでジャンプ!
楽しむことを第一に継続していました。

定期的にアウトプットするためにABC Clubにも入会しました。
英語、子供、WFクラブが大好きな先生に、いろいろな教材の楽しみ方を教えていただき、予習・復習をしているうちに自然とDWEレッスンが始められました。
シャイなので、テレフォン・イングリッシュ(TE)やCAPは時間がかかりましたが、親子ともモチベーションになっていました。
少し難しくなったライムも、気がつくと英文が読めるようになり、修了。

学校やほかの習いごとで英語に割ける時間が減りイエローに進めずにいましたが、一緒に卒業を目指すお友達と卒業式に出るために集中して進めました。
親子ともどもがんばった半年間、そしてマーク先生と写真を撮ってサインもいただけた卒業式は最高の思い出です。

DWEレッスンを中心に、CD、DVD、副教材、イベント、ABC Clubなどをじっくり使うことで、最初は点だったものが線につながり、少しずつ面に広がってきていることを実感しています。
小学校の英語も楽しそうに取り組んでいます。
いま卒業を目指しているみなさんへ、まずはご両親も一緒に楽しむことが大事だと伝えたいです。
卒業してからも英語を楽しみながら続けて、伝える・伝わる英語を目指して、語彙力・文法力・読む力・書く力・聞く力を育んでほしいです。

本田さん4


芽生ちゃんからのコメント

最初は録音したり、TEをすることにドキドキしていましたが、少しずつ慣れてできるようになりました。
ライムから難しくなり、忙しくて練習できないといやになるときもありましたが、わかることが増えてくると、またがんばることができました。

いまでは学校の英語の授業でスピーチをしたり、英語日記を書いたりしますが、なんとなくわかるのであまり悩まずにできます。
ABC Clubの先生やお友達のおかげで卒業までたどり着くことができました。

これからもTEのフリー・カンバセーションで練習したり、妹や弟に先生みたいに教えたりしたいです。
ホームステイをする機会があるので、話す力をもっとつけたいです。
将来は、外国の方にも説明できる薬剤師になりたいです。

本田さん3

最新の「先輩ユーザーの声」