ディズニー英語システム TOP > みんなの声 > 先輩ユーザーの声 > CAPのシールや帽子がモチベーション・アップに役立ちました。

ディズニー英語システム先輩ユーザーの声

171102.jpg
虹くんは、0歳6ヵ月の時から「ディズニーの英語システム」(DWE)を始めて9歳で卒業しました。
DWE卒業までの日々について、お母さまからのメッセージをご紹介します。

DWEを始めたのは、息子が6ヵ月の赤ちゃんだったころです。
毎日シング・アロング(SA!)のCDをかけ流して過ごしていました。プレイ・アロング(PA!)のDVDを見ながら、おもちゃを使って遊ぶのも大好きでした。
トークアロング・カード(TAC)は、部屋中にばらまいてガジガジ噛みながら遊んでいました。教材の会員特別保証制度があるので、傷んでも大丈夫!と思い、自由に遊ばせました。

DWEを始めて10年目。いつの間にか上手にカードを通せるようになって、上手に本を読めるようになりました。
私は仕事をしていたので、熱心に教材で勉強するような関わりはもてなかったのですが、休日など時間のあるときは一緒に遊びました。
テレフォン・イングリッシュやCAPは、小さなころは難しかったですが、慣れてくると自分から積極的にチャレンジしていました。
ごほうびシールや帽子がもらえるとすごく喜び、そのおかげで10年間モチベーションを保てていたと思います。

インプットは十分できたかなと思い、週1回近くの英会話教室でアウトプットする機会をつくりました。
リスニングもリーディングもスムーズにでき、「先生にほめてもらった」と楽しそうに通っています。
始めたときは、こんなに長く続けられるとは思っていませんでした。最近は、妹に歌や単語を教えながら仲良く遊んでいます。
子どもが楽しみながら学べることが一番大事だと思います。
好きなディズニー・キャラクターと一緒に遊びながら英語が身につくすてきなDWEに出会えて本当によかったです。

最新の「先輩ユーザーの声」