子供・幼児英語教材 ディズニーの英語システム Top > みんなの声 > ユーザー・インタビュー > イヤイヤ期にさしかかったときに、「いや!」ではなく「No, no, no!」と言いだしました!

「ディズニーの英語システム」のここが良いというポイントをお伺いしました!

イヤイヤ期にさしかかったときに、「いや!」ではなく「No, no, no!」と言いだしました!

小澤さんインタビュー・お子さまの年齢:4歳、2歳2018.02.13

(2017年)3月から「ディズニーの英語システム」を始めて半年以上経ちました。
イベントの参加は今日で2回目です。前回はフロギー&バニーショーに参加しました。

DWEを選んだきっかけは、上の子が幼稚園に行き始めてから下の子と過ごす時間が増えて、下の子が歌とダンスが好きで何かやるならばためになるものをと思ったことです。ディズニーが好きなこともあって、体験のDVDを見せたらハマってくれました。購入してみたら大喜びで、兄妹一緒に家でできるのもいいなと思いました。

わくわく英語体験は1度目は私だけでしたが、2度目は夫も参加しました。
夫は最初「ディズニー好きというだけでDWEを購入するのはどうなのか。」という疑問があったようです。子どもたちにどんな影響があるかというお話をアドバイザーさんから聞いて、夫の中でもこれから英語が大事になるという思いがあり、家で一緒にできるのならばと心が動いたようです。

普段は私が家事をしている間にDVDを見ていたり、リビングに置いてある教材を自分で手にとってさわっています。強制するわけではなく、「一緒にやろうか」、「今日は何番見ようか」などといった感じで1日の中で取り組んでいます。

子どもが2人でカードを見せあいっこして答えていたり、マイクを取りあって一緒に歌ったり踊ったりしているのを見ると、買ってよかったなと思います。

買ってすぐのころ(子どもが)イヤイヤ期にさしかかったときに、「いや!」ではなく「No, no, no!」と言いだしました!好きな単語を自分の中で見つけて、ミッキーが言うから(自分も)言うという感じで影響があって私も驚きました。
息子は歌が苦手だったのですが、CAPをとるために歌をがんばって、歌が好きになったようなのでこちらも影響があったようです。

将来は好きな職業に就いてもらいたいです。
例えばそれが日本ではなく外国だった場合、(大人になってから)勉強することはリスクを伴います。やっぱり、小さいうちから身につけておけば、好きな職業に就きやすいのでがんばってもらえたらと思います。

最新の「ユーザーインタビュー」