子供・幼児英語教材 ディズニーの英語システム Top > ユーザーコミュニティ > イベントを楽しむDWEキッズたち > パペット・ショーが楽しくて、帰りの道中も英語で話していました

イベントを楽しむDWEキッズたち

大阪府 サコちゃん(2歳)ママのイベントレポートです。

イベントが楽しかったのか、帰りの道中も英語を話していました01

最近プレ幼稚園の行事などでイベントに行けておらず、久々のイベントでした。

娘が楽しめるか心配でしたが、前日「明日パペット・ショー行く?」と聞くと、「Yeah!I'm going to the puppet show!やったー!」と喜んだので行くことに。



イベントが楽しかったのか、帰りの道中も英語を話していました02

道中はうれしそうにエルビスの人形に「Let's go sailing!」と言うので、今日は大丈夫かなと安心していましたが、、、

大好きな先生がイベントに来ると思っていたようで、その先生がいらっしゃらないことに気づいた娘は放心...(爆)
あいさつされても全拒否で、悪い予感しかしない(笑)

最近の娘は自分の思い通りにならないとあらゆるものに反抗してしまいます。
ダメなものはダメと今からきちんと教えたいと思い、ギャン泣きの娘を抱えて会場の外へ...
周りの皆さん、お騒がせしました(泣)

「パペットショー行くー、エルビスー!!」と泣く娘を一旦落ち着かせました。
「ルール守らなきゃいけないのわかっているでしょ?」と言うと、ちゃんとわかっている様子だったので「お約束守れるなら、見に行こう。」と声をかけると、「守れる!」と。

戻ると間もなく開場しました。
気を取り直し、迫力ある演技のブレント先生にビビりながらも真剣に見ていました。
途中からはブレント先生のコミカルさに惹かれたのか、クスクス笑ったり、小声でツッコミを入れたりしながら、楽しく参加できたようでした。

ジョン先生は毎回全ての子の名前を覚えているのかなと思うくらい自然に子供たちの名前を呼んでくださるので、娘は親しいお友達だと思っているのかな?
ジョン先生とイラーナ先生がぶつかる場面では、毎回「Oh, no. Are you OK?」と先生のことを心配していました。

3回目のパペット・ショーの参加でしたが、毎回ちょっとずつショーの内容が変わっている(ジョークが入っていたり)ため、前回とも前々回とも違うところで喜んでいました。
今回は、「Put one hand on your shoulder, and put your other hand on your other shoulder.」と言いながらブルブル(寒いリアクション)震えるイラーナ先生に爆笑していました。




イベントが楽しかったのか、帰りの道中も英語を話していました03

ショー前にアクシデントはあったものの、娘は楽しかったようです。先生にサインしてもらうのを待つ間、会場にあったホワイトボードを南極に見立てて、「This is Antarctica, エルビス!」と遊んでいました。



イベントが楽しかったのか、帰りの道中も英語を話していました04

娘はパペット・ショーに出演する先生にあげるためのクラフトを作って持ってきていました。あわてて私が代筆して、クラフトの裏に娘が言うことを手紙に書きました。

先生に手渡すと、その場で手紙を読んで、質問にも答えてくれました。

会場を出るときまで、ジョン先生は「バイバイ!」と声をかけてくださいました!
終わった後も、写真のジョンに声をかける娘(笑)
夫は長身のカッコいいブレント先生に話しかけられたことが嬉しかったらしく、こちらもお友達感覚に(先生すみません...汗)

帰りは会場近くのプールで水遊びをして大満足。イベントが楽しかったのか、水遊び中も帰りの道中も英語で話していました。
最近は家から少し遠くの会場のイベントに参加して、イベント後に他の行楽も楽しんでから帰るのが我が家の定番になりつつあります。
体力は使いますが、すごく満足度が上がるのでおすすめです!

はじめはどうなることかと思ったけど、今回もやっぱり行ってよかった!
来週も行こうかなあ♪、、なんちゃって。(いや本当に行くかも...笑)
ブレント先生、ジョン先生、イラーナ先生楽しいショーをありがとうございました。

最新の「イベントを楽しむDWEキッズたち」