子供・幼児英語教材 ディズニーの英語システム Top > ユーザーコミュニティ > イベントを楽しむDWEキッズたち > ご機嫌ななめも直っちゃう!ネイティブの先生たちの素敵な対応

イベントを楽しむDWEキッズたち

大阪府 サコちゃん(2歳)ママのイベントレポートです。

フロギーバニー1

ワールド・ファミリーのイベントが大好きな娘。
イベントのチケットが届くと、いつ行くのか気が気じゃないみたいで、マイ・ブックを持ち毎日のようにアピールをしてきます。
前日の夜に「明日はフロギー&バニーに会いに行くよ」とチケットを見せたら、娘はバニーのパペットを高速アップダウンして喜びを表現(笑)
当日は会場へ一番乗り!
フロギーとバニーが描かれたタイムスケジュールの看板に大興奮。


続々お友達が集まってくると、声がかけたくて仕方がない娘。果敢に何人かのお友達に"Hello!"と声をかけていました。
中には積極的な娘に引いちゃう子も。I'm sorry....

そんなこんなでいよいよ、会場がオープンし、入場です。
今回のショーはコの字型に着席でしたが、すごく見やすくて良いなと思いました。
また今回のショーは、フロギー&バニーとの距離がすごく近くて、ふれ合える機会がたくさんあるので、フロギー&バニーが大好きな娘は緊張の面持ちでした(笑)
いつもよりも娘の笑顔がたくさん見られた気がします。

小さな子にもわかりやすいストーリーで、先生やフロギー&バニーの演技がとてもコミカルで、大人が観ても楽しいショーでした。




フロギーバニー3

次の日が娘の誕生日だったため、そのことを先生に伝えると、ジャクソン先生もアミラ先生も、周りのママさんもclapしてくださいました(感動)
にも関わらず、サインタイムの直前に自分でこけて、マイ・ブックで顔を打ち、"No! No!"な娘。せっかくのサインタイム完全ボイコット状態。。。(汗)

そんなややこしい娘に英語で、「OK。ふふふ、no birthdayなのね(笑)」と声をかけてくださったアミラ先生と、笑顔でbirthday songを歌ってくださったジャクソン先生(時間ないのでめっちゃ高速で歌ってくださいました)、なだめてくださったスタッフのお姉さん。
みなさんのおかげで、会場を出るときはご機嫌で先生方にbyebyeすることができました。



フロギーバニー2

帰りは笑顔で写真撮れました。
さっきのボイコットを微塵も感じさせない爽やかな笑顔とポーズ付き(笑)

すごく楽しかったようで、家に帰るとred bucketを自分で隠して、"Froggy's red bucket!"と言いながら、パペットといっしょに探す遊びをしていました。
今回もとても楽しいショーでした。
ジャクソン先生、アミラ先生ありがとうございました。

最新の「イベントを楽しむDWEキッズたち」