ディズニー英語システム TOP > みんなの声 > 先輩ユーザーの声 > 【英検(R)準2級に合格】いろいろな体験をさせてくれた両親に感謝!

ディズニー英語システム先輩ユーザーの声

【英検(R)準2級に合格】いろいろな体験をさせてくれた両親に感謝!

裕二郎さんとおばあさま

ディズニー英語システム(DWE)の先輩ユーザー・裕二郎さんは胎教からDWEを始めました。
その後、14歳で英検®(※1)の準2級に合格しました。
「英検準2級」に合格するためには、高校中級程度の英語力が必要とされています。

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。


裕二郎さんに英検を受験したきっかけやDWEの思い出などを聞いてみました!

リスニング問題は簡単に聞き取れた

中学生のときに、高校受験に有利だと聞いたので興味本位で受けてみました。
受験前は対策本の単語練習の部分しかやりませんでしたが、実際の試験もそれほど難しいと感じなかったのはDWEのおかげかもしれません。
なかでもリスニング問題を簡単に聞き取ることができたのは、小さな頃からいつも家の中でDWEのCDが流れていたので、いつの間にか英語が身についていたのだと思います。
学校でも、いつも周りのみんなより早く習得できました。

海外旅行で同世代の友達ができた

イベント
小さな頃はワールド・ファミリー・クラブのイベントにもたくさん参加しました。
特に『イングリッシュ・カーニバル』がお気に入りで、ネイティブの先生に遊んでもらったことも覚えています。
また、母が講師を務めていたワールド・ファミリー・クラブの英会話教室『ABCクラブ』に毎週参加して、ハロウィーンやクリスマスを楽しんだことも良い思い出です。

海外旅行
家族でアジア、アフリカ、北米を旅行したときには、英語で話しかけられても全然怖いと思わず、相手が話す英語も自然に理解できました。
同年代の友達ができたこともありました。

いろいろな体験をさせてくれた両親に感謝

最近まで自転車競技で世界を目指して頑張っていましたが、今はミュージシャンを目指しています。
英語の音楽も楽しめるし、音楽を通して世界中の人々を感動させられるような存在になりたいと思っています。
音楽に興味をもったのも、小さい頃からピアノを習わせてくれて、DWEをはじめとする英語の曲や色々な音楽に触れさせてもらったからです。
いろいろな国に連れて行ってくれたこと、いろいろな体験をさせてもらったこと、全てに感謝しています。
お父さん、お母さん、ありがとう!


続いて、裕二郎さんのお母様にもインタビューさせていただきました。
早期英語教育に対する考えやDWEに関する思い出などをお聞きしました。

さまざまな会社を比較してDWEを購入

イベント
長男が生まれたときに「英語を習わせたい」と思い、良質の英語教材を探していました。さまざまな会社の教材サンプルを取り寄せて比較した結果、DWEの理念と音楽の良さに惹かれて購入を決めました。
裕二郎は次男なので、お腹にいたときからこの教材に触れていました。
我が家はとてもゆるく、のんびりとDWEに取り組んできたので、学習をサポートしてくれる進級プログラム『CAP』にもほとんど力を入れず、息子たちの自由にやらせていました。
耳からのインプットの継続と、楽しい体験を重ねることをモットーに、CDと映像のかけ流しと、できる範囲でワールド・ファミリー・クラブの週末イベントに参加することを続けていました。

使うほどの素晴らしさを実感

ハロウィン
そんな風に続けているうちに、使えば使うほど内容の素晴らしさを実感するようになり、自分でもワールド・ファミリー・クラブの英会話教室『ABCクラブ』を開講するにいたりました。
レッスンには、裕二郎も長男も毎週休むことなく参加してくれました。
我が子たち、そしてたくさんのお子さまたちと共に、毎週英語を使って楽しい時間を過ごしてこれたことは、何よりも嬉しい思い出です。

早くからDWEに触れさせて良かった

幼少期から学問としての英語教育をする必要はないと思っています。けれども、他言語に対する興味、関心を育てることや、柔軟な考え方、そして耳を育てるといった観点からは、やはり早いうちからDWEに触れさせてあげることができて、とても良かったと実感しています。
息子たちが学校で英語を学ぶようになってからも、なんの抵抗もなく、またなんの苦労もなく、得意科目として学んでいる様子を見ると、DWEを早くから使っていて良かったなぁとあらためて感じています。

英語ができることで世界が広がる

英検準2級の結果をみたところ、裕二郎の筆記テストの総合点数は2級も楽勝で合格するレベルでした。
本当に、これと言って努力していた印象がないので、あらためてDWEの凄さを実感しました。
本人にもっと挑戦したいという欲が出れば、さらに上を目指して受けてみて欲しいと思っています。
英語ができることで、息子たちの世界は広がっています。自分の夢に向かって、自分の力を信じて、これからも一歩一歩前進して行って欲しいと願っています。

最新の「先輩ユーザーの声」